フラッシュ ブースト。 衝撃のフラッシング!シマノの「フラッシュブースト」エギから目が離せない

FLASH BOOST&狂鱗 ルアーの“リアル”が本物を超越!?これはソルトゲームの革命だ

こうした地道な作業を積み重ねて生まれたのが、本物を超えるリアル"狂鱗"なのである。 7 フローティング ヒラメミノー135S 135 29 73. カラーバリエーションには、シマノ独自の人気カラー・狂鱗ホログラムや強鱗ワログラムを採用。 鈴木さんのメインローテルアーとして活躍。 やる気のあるイカを効率良く釣ることができそうです 日中 日によりますが、日中はイカの活性が低くなることが多いです。 クリンチフラッシュブーストを使ってみた さてクリンチフラッシュブーストの内部構造がわかったところで実際に使ってみます。

>

【釣れるミノー】シマノ シャローアサシン 99F フラッシュブーストのインプレと使い方

フラッシュブーストが売り切れ続出な理由は独特の内部構造にあります。 曇りでもフラッシュブーストがキラキラとしているのがはっきり分かります。 単体でゴリゴリ使うというよりは、いつものエギローテに厚みを持たせてくれるアイテムという認識が良いでしょう。 *強鱗とは:狂鱗の鱗の大きさを強調し、アピール力を強めたホログラム。 エギの内部にフラッシングプレートが内蔵されていて、エギが動くとキラキラとプレートが動きフラッシング効果でイカにアピールしてくれます。

>

遂にエギにも“フラッシュブースト”が搭載!奇跡のマッチングはイカの反応を激変させた!!『セフィアクリンチ フラッシュブースト(シマノ)』

他のアングラーも、4人おりましたが、当たりがある感じではありませんでした。 フラッシュブーストも良いですが全体的にかなり使いやすく初心者から上級者まで楽しく使えるミノーです。 あとちょっとの差でシーバスがバイトしてこない時もこない時もそのちょっとの差を埋めるためにローテーションすると良いでしょう。 一年ちょっと前に、これを買いました。 それは、「ラトルエギと組み合わせたらなかなか凶悪じゃね??」ってこと。 ではクリンチフラッシュブースト使っていきましょう。 鈴木さんが、その時点でまだ名称も決まっていなかった狂鱗ホロを貼ったオシアペンシル別注平政をキャストすると、突然大型のヒラマサが奪い合うように姿を現した。

>

【釣れるミノー】シマノ シャローアサシン 99F フラッシュブーストのインプレと使い方

基本大物狙いのルアーではないので数釣るイメージで表層のフッコあたりを刈っていくイメージで使用するとより効果があります。 アクションは動画を参照にしてもらうと良いですが、ヌメッとした感じのウォブリングで引き抵抗は少なく使用感のストレスもありません。 まあ、ルアーゲームにおいてアピール力とスレやすさは表裏一体なので仕方ないことなんですけどね。 狙うスポットが深いようなら、シンキングタイプの129Sを選択するのもいいでしょう。 私も初めて見た時はパッとみてライトかなんかで光らせてんのか?と思うほどキラキラしていたので不思議に思っていましたが内部はこうなっていたのですね~ エギのボディが少しでも揺れただけでキラキラ光るのでアクション時はもちろんフォール時にもキラキラと光り常にイカに対しアピールしてくれます。 どうしてもフラッシュブースト機能でアピール力が上がっているので無理にゴリゴリ巻くとあっという間にすれて食わなくなります。

>

熱砂 ヒラメミノー フラッシュブースト誕生❗

1段シャクリ、2段シャクリ、スラックジャークで底付近を探り、ダートを底近辺から、徐々に上の層にエギを動かしていきます。 しかし、もしも止めておくだけで自動的に動くルアーがあったら、誘いのパターンは確実に増えるはず。 しかし抱く事は無く二投目、三投目と近場にキャストしフリーフォールで誘います。 幅狭でスクエアなイメージが伝わってきますね。 シマノ社の「セフィアクリンチ」シリーズなわけですから、キレキレのダートに安定したフォール姿勢という基本性能もバッチリ備わっています。 このルアーがバス釣りでも使えるのか試してみたいですね。 カラーのローテーションも効果的ですが私はエギのシルエットやダート系、フォール系などを織り混ぜてエギローテーションを行う事がさらなる釣果を上げるコツだと思っています。

>

遂にエギにも“フラッシュブースト”が搭載!奇跡のマッチングはイカの反応を激変させた!!『セフィアクリンチ フラッシュブースト(シマノ)』

布張りボディー• ただ、自重も増えており135Sは29gと、ヘビーシンキングミノーの域に近づいた感はありますけどね。 (34、ジャッカル、ティクトなどなど) 主な釣り場:福岡県近郊の漁港やふ頭、離島 学生時代に超メジャースポットである山口県上関・周防大島エリアでアジングでのアジ爆釣を経験し、アジングにドハマり!その後、アジの回遊を待ちながら楽しめて、食味も最高なアオリイカ釣り(エギング)にもハマり、様々なフィールドで釣りを楽しんできました。 エクスセンスシリーズですから、シーバスゲームをメインに使えるように仕上げられていますよ。 新しい釣り場というのはどこにイカが居るかわかりません。 フラッシュブーストに目が行きがちだが・・・ どうしてもフラッシュブーストに目が行ってしまいますが、使用感がよい完成されたミノーだと思います。 この3カラーが「強鱗」を採用しているカラーとなりますのでお間違えなく。 生命感にあふれる色彩や輝きはもちろん、重なり合う鱗の立体感にまで踏み込んだ新時代のリアルだ。

>