はんこ 議連。 竹本IT相、はんこ議連会長を「辞めても構わない」

【朗報】ひろゆき、はんこ議連会長代行を論破: なんJ HERO

できるのかな?」と意欲を見せた。 地方分権改革• その理由は「電子化することで業務が遅くなる」「印鑑を押すことで責任感が芽生える」などが挙げられるが、本音は、「今までこれでうまくやってきたのだから、わざわざ変えることはない」という現状維持の姿勢によるものだ。 はんこ議連の要望が「はんこ文化」を守るためであるならば、今は亡きナンシー関女史の消しゴム版画に多くの人が感銘を受けたように、別の形ではんこ文化を盛り上げる方法はないものだろうか。 当ブログのメインコンテンツは「アーリーリタイア」です。 当初、電子メールは相手が「見たか」「見なかったか」送信者は把握することができませんでした。 659• その後竹本は2020年6月26日の会見で、5月中に会長を辞任したことを報道陣に報告した。

>

はんこ出社、「しょせんは民・民の話」──物議を醸したIT担当相の発言全文

— 時事ドットコム(時事通信ニュース) jijicom 自民党の「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」(はんこ議連)が、はんこ制度の継続を訴える動きを強めている。 二階氏は「しっかり反抗しろ」と議連メンバーらを激励した。 5年ほど前から、日本ではIoT、AI、RPAといった言葉が一種のブームとなった。 こうしたツールを活用すれば、通勤しなくても、会社にいるのと同様の経理作業が可能だ。 以上は経理財務部門の話だが、これは他部門でも同様で、多くの企業が経営の重点項目にデジタル・トランスフォーメーション(DX)を取り上げるようになった。 今月19日に内閣府・法務省・経済産業省が連名で「押印」に関する法解釈を「」という形で発表しており、それによると「契約に当たり、押印をしなくても、契約の効力に影響は生じない」としている。 また、ブラックラインなどの経理の自動化システムを導入することで、生産性は3倍上がるという調査結果もある。

>

脱はんこ「反対」へ共闘 自民印章議連と山梨知事:時事ドットコム

竹本大臣 どういう場面で支障になっているかというと、要するに民・民の取引で支障になっているケースが多い。 メルカリの吉川徳明政策企画マネージャーは「どうすれば相手企業が方針転換を意思決定し社内プロセスを転換できるか、そこをサポートするのが私たち新しい業界の人間の役割だと思う」と述べた。 念願の初入閣を果たした竹本直一・IT担当相は、行政手続きのデジタル化を含めた日本のIT分野を進める立場。 しかし認印についていえば、みんな100均で買ってきたものを使っている。 新型コロナウイルス対策として広がったリモートワークの推進をはんこが阻んでいるとの声が出ていることについて「いわれないバッシング」と反論している。

>

竹本IT相、はんこ議連会長を「辞めても構わない」

つまり社内の多くの人が財務経理のデジタル化の必要性を感じていたのに、担当部署はなかなか踏み切れなかったというのだ。 Dは単なるツールにすぎない。 一方、ひろゆき氏は、はんこ議連について「政治家は顔を出すだけでリスクを背負うことになると思う。 2019年夏から全ての行政機関の敷地では喫煙が禁止されるが、国会議事堂は行政機関ではないから彼らは喫煙し続けるのだろうか。 そのため、コロナ禍をきっかけとして、導入に踏み切る企業が増えている。 会社を設立するには印鑑が必要なのだが、こんなの本当にいるのかと考えるのが当たり前。

>

【朗報】ひろゆき、はんこ議連会長代行を論破: なんJ HERO

これまでも各地で議員の方々に陳情を行なって参りましたがその中で「ハンコ屋さんの業界では政治連盟、議員連盟はないの?」などと聞かれることが多く見受けられました。 とはいえ、その道のりはそう簡単ではないだろう。 工夫はいろいろできる」と反論。 竹本大臣は、「大臣としてデジタル化推進を第一に進めてきたが、変な誤解をされてはいけないと思ったため辞めた」とコメントしていて、後任は城内実元外務副大臣が務めている。 印鑑を押したpdf・・・・www 1 デジタルガバメント計画における印鑑不要の施策について、印章業界関係者を集めた説明会の実施 2 デジタルガバメント計画の「法人設立における印鑑届出の義務の廃止」の再考 3 「民民手続きにおけるオンライン化の推進」の白紙撤回 4 上記が実施されなかった際に、 印章業界が被る被害に対する国の売上補償 オンライン化して印鑑が任意になったら金をくれ! また、口座からの不正な引き出しなどが相次いでいることを踏まえ、「はんこは本人確認などのための極めて有効な手段で、廃止は現時点ではありえない」と強調しています。

>

はんこ議連会長がIT担当相?竹本直一のIT担当相就任理由ははんこ議連?

そして、世の中には、今までやってきたスタイルでやりたいという人もいる。 当ブログへようこそ! 転職経験がなく、長年勤めた会社を辞める決断は、人生の岐路と思われます。 難しいところですね。 みんなの反応 デジタル利権があっても良いからハンコ文化は無くそう。 「既読」は回覧板で言う押印と同じような機能と言えます。 しかしながら、6月にデジタルファースト法が閣議決定され来年の通常国会で法案提出という事態となり、こちら側の要求に対してなかなか色好い返事を得る事ができません。

>

脱はんこ「反対」へ共闘 自民印章議連と山梨知事:時事ドットコム

役所のそばには必ずはんこ屋があったし。 政府は新型コロナウイルス対策で在宅勤務を促進。 「無くせとは言えない。 その会長の座に就くのはなんとなんと! 現職の情報通信技術 IT 政策担当大臣・でした。 比較材料として持ってくる材料としてはあまり適切ではないと思いますが、 お隣の台湾では若干38歳の方が日本のIT担当相に相当するポジションについていて、 自らの手で「政策の合意形成プラットフォーム」や「省庁横断の官僚ネットワーク」 を構築したことが話題になっています。 それは確かにサインでも拇印でもいいが、紙に手書きで、そこに実印が押してあるものとそうでないものだったら、どちらが意思の担保ができるのか。 自治体が例えば「これにははんこが必要だ」とか、というようなことを言っているケースが結構当然多いと思いますし、あるいは学生などで補助金などの申請をするときに「申し込みには印鑑が必要だ」と言われたケースもあるという風に聞いております。

>

(2020年6月26日)

意外と多い印象です。 長年貢献してきた業界の人々に多大な被害が生じている」と指摘しています。 なぜやるのかが不思議なくらいだ」と批判。 DXを生かすも殺すも経営者の覚悟次第 世界デジタル競争力ランキングからもそれは明らかで、日本はOECD加盟国37カ国中18位と低迷している。 一方、ひろゆき氏は、はんこ議連について「政治家は顔を出すだけでリスクを背負うことになると思う。

>