シマノ ツイン パワー 2020。 20ツインパワー 4000MHG 改造&インプレ(1)ファーストインプレッション&15ツインパワー3000HGMとの各自重比較!

シマノ「20ツインパワー」インプレ!その性能は実釣で初めて分かる

何というか、今回のツインパワーはステラSWとツインパワーSWの立ち位置が無印にも同じようにやってきた、っていう印象です。 フロロ(号-m)3-110、4-90、5-65• 何よりXDとは全く違うコンセプト。 スプールの糸巻き量が違う程度で、ギア比・ベアリング数・ハンドル長・ドラグ力は同じです。 利用料も安い 上記の物をすべて揃えるとポイント倍率は 6. 全体的な見た目 ざっとこんな感じ。 個人的にラインローラーは普通の2BB仕様でメンテナンス性・パーツ交換が楽にできる構造の方がありがたい。

>

シマノ 20ツインパワーをインプレ!タフな剛性感と軽快な巻き心地が両立。使用感を解説!

気になる方は他社製の2BB仕様のラインローラーの交換するのがおすすめで、実際にライトゲームやトラウトで使用している19ヴァンキッシュはラインローラーをカスタムして使用している。 楽天カードをまだ持っていない方は是非、作ることをオススメします。 2月中は無さそうなので、待ちきれずツインパワーXDを出してきた 不肖ゆたりなが所有しているツインパワーXD4000XG。 飛距離:ステラなどと比較しても全く劣る感じはなし• ステラ、ヴァンキッシュはコスト度返しでマグネシウム合金を、17ツインパワーXDと20ツインパワーにはアルミ合金が使用されています。 164• 重量感:軽いリールではなく、平均的• ゴールドの差し色は昔から変わりませんね。 剛性は比較にならないくらい20ツインパワーが上です。

>

2020年新製品!『NEW 20ツインパワー』ついにモデルテェンジ!こんなに進化してた!

ここには粘度が高いグリスが使用されており、正直言って回転性能はそこまで高くないと感じている。 溜まったポイントでルアーなどが買えたりするので、個人的にはかなり便利なサービスだと思います。 なお、カラーが濃紺?(黒?)とシルバーが基調だったのが、今回はゴールドとガンメタで構成されています。 歴史だけを見ればステラよりも古くからラインナップされているツインパワー。 20ツインパワーは4000MHGになります。

>

2020 ツインパワー TWINPOWER

17ツインパワーXDはシマノの現行ラインナップです。 ドラグ性能:シマノらしいドラグの効き方、質感のあるドラグ音は良好• 20ツインパワーはラインクリップが新形状になっています。 そこで2番手の存在は?となるわけですが、コアソリッドシリーズの2番手であるツインパワーが2020年についにモデルチェンジ! 外観は旧モデル(15ツインパワー)のシルバー基調からガンメタ?基調の色味に変更となっており、見た目はのっぺりとした印象からシャープな雰囲気へと進化しています。 ストッパーベアリング部、ラインローラー部に採用され、特にストッパーベアリング部は防水規格IPX8相当を実現しています。 【巻き心地】 5点 これは5点。

>

20ツインパワーを購入したので15ツインパワーと比べてみました。

音質はキンッと高い金属音がします。 気になっていたローターの重さ比較。 形状がシャープになり、キャップのビスとシマノロゴがなくなってスタイリッシュに。 (細かな違いはあるかもですが) 今回20ツインパワーにも搭載される新型HAGANEギアは、従来のものよりも強度が約2倍ということで、糸巻き量をカバーできればこれまでの番手よりも1番手下のボディーを選択することができそうです。 またラインローラーのグリスアップ、ハンドルノブベアリングやメインシャフトへのオイル注入はまたにした方がいいとのことでした。 6ftロッドのシーバス用に4000MHGを購入しました(リールは大きめ好きで,実釣でも満足はしています). 一点伺いたいのですが,私がPE0. (私はヴァンキッシュ使ってますけど正直この番手欲しい) さらに定価もかなり下がっています(15ツインパワーよりは上がってますけど) こちらもツインパワーXDの「C3000XG」と比べますが、 ・ツインパワーXD C3000XG ・・・ 48,500円 ・20ツインパワー C3000XG ・・・ 44,000円 何と 「4500円」も定価が下がっています。

>

シマノのオーバーホールキャンペーン2020は無し?待てずにツインパワーXDを出した件

リトリーブでアタリを取る釣りでも十分集中してリールを巻けるし、安っぽさも無くてしっとり感がある。 17ツインパワーXDにマグナムライトローターが採用されていますので、20ツインパワーにも採用される可能性が予想され、もしマグナムライトローターが付けば17ツインパワーXD同様にクイックレスポンスシリーズに属することになります。 シルバーボディに一部分だけ金色アクセントのどちらかというとシンプルなデザイン。 その点20ツインパワーの巻き心地は軽快さがあり、 しっとりしたシマノらしい質感を確保しつつも軽い巻き感が特徴的だ。 動画では結果的に全員が正解したけれど、これはグリスが馴染んでいない20ツインパワーと、馴染んでいる18ステラを比べているという部分も大きくて両方が同じ馴染み具合であれば正解率は一気に下がると思います。 こちらの方が万人受けしそうな印象はある。 僕のような素人が想像できるような不具合はあらかじめ想定されているだろうし、あまり気にしていません。

>