井ノ口 養魚 場。 有限会社 さがみ水産|淡水魚・観賞魚販売

パイセンたちの井ノ口銀鱗和錦、凄すぎる。

ここに境目があるという話しは分かった上で書いてる。 そして井ノ口銀鱗和錦生みの親。 井ノ口銀鱗和錦。 いつの時も現場は相当な状況の中、 作業員一人一人が頑張っておられる。 その中で一刻も早くという復旧作業。 そしてここまでの道程の苦労は相当なもの。 その貴重なアドと、凄すぎる魚たちの姿。

>

井ノ口養魚場、5日目で停電解消。

本社全景. 楽しく真剣にやらないと申し訳ない。 パイセンなんてもんじゃないだろ。 ゆえに同期の桜、集合写真風。 早期復旧という想いは当然ありながらも、 作業員一人一人の安全確保も大きな優先事項。 美しく強いのよ、井ノ口銀鱗和錦。 電気を扱うのは相当な危険を伴うもの。 も、まだまだイケる。

>

井ノ口養魚場、5日目で停電解消。

いつも感謝でございます。 参加中。 いつもありがとうございます。 ちなみにこの飼育環境を薦めて頂いたお方。 またマスク着用のご協力をお願い致します。 小売販売は行っておりません。 写真ブレブレだけれどイイ感じ。

>

養魚場にかける思い

そして同時に引き続き、全域の早期電力復旧を祈る。 だってさ。 井ノ口銀鱗和錦。 そんな状況に販売者として危機感を持っていました。 台風一過後の猛暑、気温も気圧も乱高下の中、 へーちゃらでぎゅんぎゅんでバクバク爆食なやつら。 2020年11月6日• 今日の井ノ口銀鱗和錦食わせ込みは、お休み。 それでも井ノ口産の場合、出してくれる魚も相当。

>

養魚場にかける思い

作ってる方々の持つ魚、 それは門外不出クラスなのは当たり前の話しで。 がっつりと食ってもらう。 千葉県眠れぬ熱帯夜からは解放されたか。 なを営業所・関連会社でも小売販売はおこなっておりません。 ちなみにお二人の魚とうちの魚。 墨師匠の井ノ口銀鱗和錦。 。

>

第二回全日本金魚選手権 案内

現在も、餌よこせとバシャバシャしてるけど。 続きは、また追々。 第二回全日本金魚選手権 案内 日程 令和2年11月8日 日 会場 井ノ口養魚場 出品受付時間8:30~10:00 開始10:15~ 審査時間10:30~12:00 予定) 一般見学時間12:00~13:45 時間前に来られましても会場へは入れませんのでご注意下さい) 閉会式13:45~ 入場の際は検温、手の消毒を行います。 独りでは実現し得なかったことではありますが、母体であるさがみ水産の後押しもあり始めることとなりました。 やっぱスゲー。 駐車場内での事故等は一切責任はとりませんのでご了承願います。

>

井ノ口養魚場、5日目で停電解消。

ひとまずは復旧までの間に甚大な被害出なくて安堵。 ようやく写真撮る気になる。 これを指針に格闘中、楽しく真剣に格闘中。 本社は、卸専門です。 まずはこの空間がとても楽しい空間になっていますので、一度足を運んでみていただきたいですね。 さて、台風通過後5日目の朝。 凄すぎる。

>