明和 興業。 明和工業株式会社

電線くずリサイクル事業|明和興業株式会社

(平成16年) - ・向けフィレットフェアリングの製造を開始。 の特装自動車事業を継承した東急車輛特装株式会社((平成22年)設立)を譲受したもの。 - 明和自動車工業はその後、さらに社名変更を経て(昭和45年)、ダイハツに吸収合併された。 ただし、ポンプ潤滑油であるため新明和本体が採用する水封式等のオイルフリータイプには使用できない。 対潜哨戒飛行艇 (PX-S)• 特装車事業部 -• (昭和56年)6月 - US-1のエンジンを換装したが制式採用される。 生産協力• - 明和興業が自社開発したの事実上の後身。

>

明和興業株式会社

新明和パークテックへの改称で消滅。 (昭和51年)6月 - US-1が制式採用される。 機体は後のUS-1と同型である。 東邦車輛サービスは前述の新明和オートエンジニアリングの指定サービス工場ともなっている。 - 翼胴フェアリングの製造を担当。

>

電線くずリサイクル事業|明和興業株式会社

4月1日 - 導入。 2014年(平成26年)4月に富士重工業の塵芥収集車事業と共に譲受した大和商工及びフジ特車を再編し、新明和オートセールス株式会社が設立された。 タワー式駐車設備(エレパーク、高層エレパーク、ロータリパーク)、地下方式駐車設備(クロスパーク、トランスパーク)、多段方式駐車設備(Zパーク) 2012年(平成24年)4月2日に東京エンジニアリングシステムズ株式会社(東急車輛製造の立体駐車場事業を継承した新東急パーキング株式会社)を取得した。 (平成26年) - 東京エンジニアリングシステムズに東京パーキングシステムズを吸収合併 、また塵芥車関連子会社の大和商工及びフジ特車を統合した新会社「新明和オートセールス(株)」を新明和オートエンジニアリング傘下に設立しかつ業務を再編。 東京支社 関東物流センター 神奈川県川崎市川崎区扇町19-2 JFEスチール東日本製鉄所内 TEL:• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

>

明和工業株式会社

2016年(平成28年)にバキュームカーの真空ポンプ用臭気対策機能つき潤滑油として「デオマジックVC1オイル」を発売。 からにかけて 『』のブランドで小型オートバイ(および2輪エンジン)を、明和興業時代には『』も開発、製造した。 薄膜・表面改質事業(イオンプラズマ処理装置、大面積電子ビーム加工装置、高周波マグネトロン装置、イオンインプラント装置等) 流体事業部 [ ]• 東急車輛製造傘下時代は東急車輛製造の仙台・広島・福岡の各サービス営業所でも部品販売の取り扱いがあった。 取得時現在では新明和のラインナップには統合されていない。 農業残渣(もみ殻など)に困る農家の方々の事業環境を守り、その事業を促進できるよう、有機ごみを炭にする炭化装置を開発しました。 実験飛行艇• 小野工場 - 兵庫県小野市• (平成27年) - 「2014年度 ボーイング・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

>

明和工業株式会社

イワフジ工業株式会社 [ ]• また、自治体の汚泥処理に貢献するため、恒常的に発生する下水汚泥を利活用するメタン発酵用撹拌貯留槽を開発しました。 の無い東京都小笠原村の・で急病人が発生した場合等、同機が派遣され経由での病院へ搬送していた。 キャビン、、等を取り入れ、運用能力が増している。 大阪にアフターサービス(修理・部品販売)を行う東邦車輛サービス株式会社(旧・東急車輛サービス)がある。 この理念をもとに、明和工業では数々の製品を開発・普及してきました。 前は傘下の航空機製造会社「」であった。 当時はシェアが高かったにも関わらず、後発のに追われ、販売店からの売掛金回収が不徹底だったなど、不採算を理由として(昭和38年)に事業撤退。

>

電線くずリサイクル事業|明和興業株式会社

用翼胴フェアリングの生産開始。 本社 愛知県みよし市三好町金田1-5 TEL:• 林業機械(プロセッサ、フォワーダ、スイングヤーダ等)• - 新明和工業が製造していた2輪レーシングマシン。 またメーカーサイト等では社紋の色が白地に青に変更されているが特装車に貼り付けられるステッカーは赤地に白のままである。 関西支社 大阪府岸和田市八阪町1-2-23 TEL:• この写真はかつて東急車輛製造で製造された鉄道車両のものだが、このプレートの同じロゴのTOKYUの部分にTESC・TPSCと表記している。 (平成15年) - US-2の初飛行に成功。 また、2013年(平成25年)1月1日に富士重工業の塵芥収集車事業を譲受した。

>

明和工業株式会社

TESCもTPSCもIR情報等で記載されている事業内容は同一であったが、主に開発・製造はTESCが、販売・アフターサービスはTPSCが行っていた。 和歌山県の金剛峯寺参道入り口に新明和工業の物故者慰霊碑が建立されているが、ロケットの形をしており高野山の観光名所化している。 かつてはの整備も担当していた。 アキツ号も明和自動車工業への吸収分割を経て、(昭和32年)に生産終了。 (平成17年) - US-1Aの最終20号機を納入。 バン・ウイング(アルミバントラック、ウイングバン、ウイングトレーラ、バントレーラ等)• 作業車・特殊車両 (空港用医療車、 ヤードキャリア等) トレーラーや特殊車両の一部を除いて新明和本体の特装車事業との重複が多いが、東邦車輛には塵芥車はない。

>