みれ ロア 騒動。 Vtuberの歴史を大きいとこだけピックするとこんな感じ【Vtuber】

みれロアに踊らされた(されてる)バカども|匿名|note

街全体が破壊されてしまうぞ!!!」 「さらに本気を出してやるッ!超力招来……。 それが今回の本題、「郡道美玲&夢月ロア」の『みれロア』です。 映画は監督含めスタッフが作るものであり、観客はそれを見る権利、批評する権利はあっても作品を改変する権利はありません。 やっぱチー牛のは異常やわ……。 我こそ被ったリーダー 金銭の呪縛を解き放つVader! 就活に頭悩ます 我ら大多数 道筋を探す 「夢に生きるは修羅の身 地獄」と 備蓄がピーチクと騒ぐ そんなもんクソ食らえ だろ? (やたら設定を連呼してますが実際に仲が良いグループの方が多いと思います、というか職場で普通以上の感情なら普通に仲良くしません?)。 アイドルマスターのブラウザゲーム『シャニマス』こと『アイドルマスターシャイニングカラーズ』の実況配信を収益化ONの状態で同事務所のライバー『天音かなた』が配信。

>

【悲報】夢月ロアさん、方言被りに激怒して大阪府民を虐殺してしまうwwwww【みれロアを返して】

ですが、悲しいことに言ってしまう人もいるんですよね。 ええい、ままよ!」 「零式共産忍法奥義ッ!伐斬羅蝶ッ!!!」 「血液を蝶型の金属物質に精製変化させー爆破を引き起こす広範囲殺戮忍法!!!いくら貴様らとて無事では済まんぞ!!!」 「あの数はとてもじゃないが防ぎ切れない……。 コンテンツを提供した以上、選択肢は「続編を出す」か「終わらせる」の2つしかありません。 Vチューバーのゴシップ系の大御所?の『鳴神裁』氏の動画が一番ちかしい内情を写して要るようにも見えますが、一度他人のフィルターが入って要るので真偽の程はわかりません(それを言うとどれもこれも疑わしいのだが)。 友情、愛情、悲壮、恐怖、嫉妬、憤怒。 久遠おめえ…まじか…。 そんな中で本物かもしれない二人の関係は、眩しく映った人たちも本当に多いと思います。

>

【Vtuber】夢月ロアが心境告白した雑談配信について

。 」 これに対し堰を切ったように夢月ロアも配信で「先生は好きだけどロアが関わって悪く言われて先生に嫌われるのが怖くなってしまった」という意図の発言をしました。 醜態を晒すより、早く死んだ方がいいと思いますよ(笑)……零式共産忍法、渦貝ッ!」 「がはッ…… なンで……」 の共産忍法が炸裂!でうがいをしようが内蔵をズタズタに破壊された事による吐血は止められない! 「すげぇ……。 同期のよしみで今引けば不問に付すでよ?」 「ロアさん……時間あるかな。 でも、それで直接「関わるな!」だの「イメージ悪い!」なんて言いに行きません(ツイートで零すことはあるかもしれませんけど)。 そんな中で、普段から郡道の配信を見ていないような人たちが言葉尻だけを捉えて批判している様を見ていると、やっていることはテレビの偏向報道やツイッターでの言葉狩りと同じような気がして、一種の革新性を持ったYouTubeのメリットを損なっているような気になります。 逆に聞きたい。

>

みれロアに踊らされた(されてる)バカども|匿名|note

もしかしたらこの時、畳み掛けずに返信まっていたらちょっとは違う未来になっていたかもしれません。 。 大学4年生で手芸サークルに所属している。 LIVEのアイドル部のリスナーを批判した神楽めあと下ネタゴリゴリの犬山たまきが出演することにアイドル部のリスナーが多くの批判を向けたことに対してばあちゃるが返信したことで炎上状態になったわけですが、ぼくとしては「運営批判はまだしも、共演者批判は度が過ぎる」として、おおむねばあちゃるの意見に同意でした。 :上記の点については、双方のファンの一部が当事者間の事柄でありながらまるで自分のことのようにヒートアップして批判合戦を行ったために騒ぎが拡大した節がありました。

>

みれロア問題から見るライバーの不確実性|わたぼう|note

では……」 「私が門番となって立ちはだかりましょう」 「そんな、エリー・コニファーちゃんがだったなんて……」 「エリーちゃんようやく正体を表したね~?同じ箱だから大目に見てあげようと思ったけど、左翼活動家さんねぇ~。 思い出して下さい……」 「う……」 「せんせぇ……」 「そんなの……関係ないでよッ!!!」 「雷で消し飛ぶでよッ!!!」 「このままではッ!!!」 絶体絶命のエリー・コニファー!!!(かわいい) しかしそこに割って入った人物を見てロアは攻撃を止めた!!! 「ロア……さん。 見た目的なものもあって、ライバーをアニメキャラクターと同一視している旨も見かけたりしますが、それはイマジネーションが著しく欠けていると言わざるを得ません。 同時に、最近のVtuber界隈における炎上と言える出来事の大半がこれに起因しているとぼくは思います。 2次元コンテンツとして生きるということ 最後に、みれロアに対して「コラボしないの?」「またコラボしてほしい!」と長きにわたって言うファンがいたこと。 でも……」 「ロアちゃん、色々あったけど……。 我々は藝術の力によって分かり合う事が出来る筈です。

>

Vチューバーの夢月ロアさん、後輩に嫌がらせをして引退に追い込んでしまう

需要や実際の金銭的なメリットは、要望コラボ>やりたいコラボでしょうが、配信としての面白さややりやすさは要望コラボ<やりたいコラボになるのではないでしょうか。 夢月ロアはかわいいマスコットタイプ。 その後、もっとコアな情報を鳴神裁氏が動画にアップした事で運営側の対応も急速に早まったことも可能性としては高いと思われる。 生きた百合にオタクたちは熱狂しました。 これまでの衣装は、オッドアイとヘアアクセサリーが特徴的で洋服自体は「黒」の印象が強かったですよね。

>