ジーメン 75。 Gメン75 267 香港カラテ カンフー 何宗道 ヤン・シー 揚斯 ディック・ウェイ 力石考 高品格

Gメン75 202 出演者 丹波哲郎 若林豪 伊吹剛 宮内洋 千葉裕 川津祐介

、(香港)、2014年7月15日閲覧。 南歸燕• 風間刑事(演:藤川清彦) 331話「新Gメンvsニセ白バイ軍団」にて登場。 M24A(vlをプラス)• 島谷刑事:• 話数 サブタイトル 脚本 監督 人気投票順位 3 警官殺し! 性格は高圧的で警視庁のメンツ、世論を気にする官僚タイプ。 津坂真一刑事(演:) Gメン初代メンバーの一人。 その腕で、の麻薬組織を2つほど潰している。 作編曲 : 菊池俊輔• 中屋警部補:伊吹剛• 草野刑事:• どうですか?って言ったら、監督が、おぉ大ちゃんそれ行こうってなって」ということを、原田はDVDBOXの特典映像の中と、DVDコレクションのインタビューでも語っていることから、この演出によほど自信があったものと思われる。

>

Gメン75 202 出演者 丹波哲郎 若林豪 伊吹剛 宮内洋 千葉裕 川津祐介

フィルム撮影ではなくビデオ撮影であった。 (その時の撮影現場が、いかに凄まじい雰囲気に包まれてかが窺える) しかし吹雪刑事は、ナイフには慣れていないため、上手く使えない。 暴走族への田口刑事の追跡は見ごたえあり。 なお、本作の新番組予告編ではレギュラー出演者が下記のキャッチフレーズと共に紹介されていた。 『永遠的再見 心影 甄秀儀』 : 、、1976年発売(S-MCLP-10211) - 『誰能知道我的情』北京語版• 「面影(歌詞3番)」(第175 - 204話)• 無線機などを自ら解説するシーンもあり存在感をアピールしていたが、単独主演エピソードが存在しない数少ないGメンでもある。 小田切警視:夏木陽介• 小鳥唱出了黎明 ( Bird Singing At Dawn)• 「ウィング」(第234、236 - 248話)• 高久進 小西通雄 26位 17 死刑実験室 池田雄一 11位 20 背番号3長嶋対Gメン 1位 32 死んだはずの女 小西通雄 6位 126 南シナ海の殺し屋 高久進 西島大 鷹森立一 10位 127 マカオの殺し屋 9位 179 警察署長室ジャック 高久進 小松範任 28位 218 梟の森 みな殺しの夜 鷹森立一 21位 222 大暴走! 」と紹介を促された倉田が「彼は香港の殺し屋です」と役柄のまま紹介し、スエが苦笑いするという場面があった。

>

Gメン

「Gメン'75のテーマ」(第1 - 306話. しかし 5人全員は倒せない、本編のように逃亡を図るのが正しいと思う。 --後で判るが、彼らは杏子を殺すつもりで攻撃していた。 249話 「コペンハーゲン女子留学生殺人事件」 行方不明になっている姉を探す、田口刑事と津川警部補。 取締官、、連邦税務調査官などもGovernment Manであるが、あまりG-manないしG-menとは呼称されない。 ============================= そう。 第292話 香港の女カラテ対Gメン• (右の画像) 一緒にいたカラテの達人の島谷刑事でさえ、その視線には気付かなかったのである。

>

倉田Gメン75・草野刑事・倉田保昭

(最下段の中央の画像) 彼らは、目覚めたばかりの吹雪刑事を攻撃する。 M1(vlメロ)• ナレーター:芥川隆行• 78「 土曜日の幼稚園ジャック 」。 その為に、エリート集団であるGメンに、エリートではない警察官から転属するという、これまでにない設定となり、最初の頃は血気にはやる、やや無鉄砲な 若手刑事として、描かれることが多かった。 出典 [ ]• 吹雪杏子はパッと立ち上がるや否や、元刑事の本多の利き腕を、合気道でねじ上げている。 「アゲイン」(第355話)• ヤン・シーのクラスこそいないが、格闘レベルは高い) 香港ギャングは用意周到だった。 」 と 思うだろう。 M74(悲しみ)• 3)香港ギャングが待つ館にて カラテ軍団が指定した館にも、吹雪刑事は娘を追って侵入する。

>

[初回生産限定] G MEN’75 DVD

緊張感が高まる場面。 2 女は 杏子を見つめて、挑発するように誘っている。 その指揮官となる。 の使い手で、肉弾戦においてはメンバー中最強。 南雲警視らは苦戦しながらも、日本領事館を警護し香港ギャングと対決する。

>

Gメン75 267 香港カラテ カンフー 何宗道 ヤン・シー 揚斯 ディック・ウェイ 力石考 高品格

沈着冷静な津坂とは対照的な性格付けが見られたのはNo. 生死を賭けた修羅場で、杏子の顔つきも、死に物狂いの形相になっている。 賀川陽子刑事(演:) 307話「新・Gメンの罠はヌード金髪死体」にて初登場。 なお、Gメンを遅れネットしていたが1983年に発行した『福島テレビ20年史』における当番組の写真は、横光が丹波や夏木らGメン一同と共に横に並んでいる写真が使用されている。 田口明夫刑事(演:) 205話「新Gメン対ニセ白バイ警官」にて交通機動隊(白バイ)隊員として初登場。 出演作品 : 205~330話 計126作品 (注:出演シーンの有無は不詳) 主役作品 : 21話 (2人主役等を含む) 81年度は主役が減ったのが残念だが、79・80年度ならば、出演期間の主役率は、18. 2』製作までにさらなるマスターテープが発掘され、第2回と思われていたものが実は第3回であったなど、修正がなされた。 鬼沢平吉警部:小林稔侍• ナレーター:• 24 50 山田 - 仮題「温泉街午前0時の殺人」 次回特報<特報文字なし> 76. 助っ人となるはずの張雲竜だが、Part1では吹雪杏子が香港カラテに苦闘 している頃、酒ばかり飲んでいる。

>

[初回生産限定] G MEN’75 DVD

草野刑事や、島谷刑事ほどの武闘派ではないが、格闘はかなり強かった。 そして全くとらえどころがない。 「麻薬密輸」 や 「警官犯罪」 「日本人孤児」 などの 歴史問題 ・ 社会問題が 複雑にからみ合い、香港を舞台にシリーズ最大 3部作の幕があがる。 その際、今西警視正の要望により、Gメンを去って城西署の次席として働くことを決意する。 長野県黒谷警察署の巡査部長である兄(演:)を持ち、兄同様懇意にしていた元警視庁刑事部捜査第一課長で今は黒谷町で保護司(作品中では「保護士殺害事件捜査本部」と誤字を認めることができる)を務める植谷(演:)に、捜査第一課長時代の元部下であった立花との見合いを勧められる。 1977年 劇場未公開• 第293話 香港の女カラテ対GメンPART2• 第202話 Gメン対香港カラテ軍団PART2• 3ヵ月前の 東京で麻薬密輸事件があり、吹雪刑事たちは出動し逮捕した。 なお、「面影」のテレビサイズのマスターテープが見つからないため、2004年発売のCDアルバム『Gメン'75 テーマ・ヒストリー』に収録されているテレビサイズは第1話の映像フィルムのから録音したものである。

>