箱庭 の 薬 術 師。 エリュシオンノベルコンテスト(なろうコン)

気紛れな薬術師/Mercurial Chemister

国民党の軍関係の仕事をしながら道家の養生術を研究した蕭天石は、四川省で李八百丈人や易心瑩道士と交流し、後に台湾で内丹の典籍を多く収めた『道蔵精華』などを出版した。 坂出祥伸『道教と養生思想』ぺりかん社、1992年、164-165頁。 「これはとっておきじゃぞ。 端的に言えば、今のコノエがライと同じ動きは出来ないという事だ。 「ああ、済まぬ、驚かせてしまったか」 呪術師の猫は、先程の雰囲気など微塵も感じさせず、常のように、朗らかに笑った。 それ以降、内丹は社会に知られることとなり、隋唐期のさまざまな文献に内丹の語が現れるようになった。

>

錬丹術

関する書は、このほかに『太清石璧記』や『石薬爾雅』など『道蔵』に多数収められているが、丹薬の製造は秘密を守るために原料物質の正式名称を伏せて隠語を用いられたために、解釈の違いもあり非常に難解なものとなっている。 大学病院に着いた際、一番入り口に近い場所へと止まり私を気遣う声を掛けてくれた。 だけど、それが全ての真実だろうか。 突然のことに驚いた従業員や、お茶を楽しんでいた人の視線が発生源の私へと向けられる。 その一方で外丹術は中国の医薬学・の発展に寄与し、間接的には中国の化学技術の発展にも貢献した(たとえばの発明は煉丹術の副産物とされる)。 笑ってる…笑顔の花に、もう一度会いたい。 「小説家になろう発」人気ファンタジー第二弾! 私に気付くと手を上げ、笑顔で迎えてくれた。

>

箱庭の薬術師

身体というものは、本来思う通り、自由に動くものの筈なのだが。 『気 - 論語からニューサイエンスまで』 東京美術、1986年、151頁。 加藤千恵『不老不死の身体』大修館書店、2002年、152-156頁。 北宋期には、のの考え方を取り入れて、紫陽真人が『 ()』を著し、性命双修を提唱した。 そんな私たちを見て両親は「年が離れてるのに、まるで双子みたいね」と笑ってくれていた。 内丹は、外丹における外的存在である物質としての丹の錬成を、自己の心身の内なる修煉のプロセス(聖胎)として行うものであり、「性」(こころ)と「命」(からだ)の身心一体を修める「性命双修」 が必要とされている。

>

錬丹術

それだけ聞けば、母親が私に何も伝えてこれなくても、言いたかったことは十分に伝わった。 期待して貰っておったら、申し分けないがのう」 予想違わず、若干期待してしまっていたコノエは、こっそり肩を落とした。 そっと目を閉じ、花のことを思い浮かべる。 この外丹書はを用い、の複合的シンボリズムに基づくさまざまな隠語で煉丹の材料や過程を表現している。 少しヒールのある靴で走った為、足が少し痛む。 考え込むコノエの様子を見ていた呪術師は、フッと口元を緩ませた。

>

箱庭の薬術師

どうでも良いが、先程からあの辺の呪具に対する扱いが、非常に雑なような気がして仕方がない。 このため、不老長生のために外的な物質を求める外丹術の代わりに、不老不死の素となるものを体内に求める思想が興り、これが内丹の考えにつながっていく。 そのきらきら輝く宝石のような瞳は、まっすぐに私を捉えていた。 「3つ目の術が、あったからのう」 「……まだあるのか?」 呪術師は、人差し指をピンと立て、にんまりと笑ってみせた。 慌てて立ち上がり、すぐに戻るからと、その場を後にする。 丹薬 [ ] 不老長生、神仙を目的にして作られた薬。

>

エリュシオンノベルコンテスト(なろうコン)

「どういうこと……?」 私は素直に疑問を呟く。 「楠木さんっ……! 手術が、無事終わりましたよっ!!」 廊下の中央、微動だにせず立つ私に、看護師の高木さんが涙を流しながら駆け寄ってきた。 ゲームキャラクターの戦闘服の防御性に関しては、デザインが重視されているのか横で花がプレイするゲームを見ていて疑問に思うことが多々あった。 砂浜で行き来している波の音が、近所の公園で遊び回る子供の声が…… 嘲笑いに聞こえる。 『「気」の大事典』 新人物往来社• お姉ちゃんが妹の無事を信じないで、どうするんだ。 のエッセイ「仙書参同契」も、同書を内丹の書とする注釈書に沿った理解に立脚しており、現代の研究者が本来の外丹書として論じるようになったのは比較的近年のことである。 「結構時間が経ってるな… ほら、これを持って行きなさい」 差し出されたのは5千円札が1枚。

>

箱庭の薬術師

煉丹術ないしその萌芽は代に登場し、『』()を著した・のらによって金丹道として確立し、他の神仙方術とともにいつしか道教の一部とみなされるようになった。 喫茶店 カフェ のある細い通りを抜けて、大通りに出てすぐさまタクシーを捕まえる。 事実として実際に煉丹に成功したことがあったか否かは定かではないが、外丹術は不老不死の薬を作るという本来の目的では完全な失敗に終わった。 「私が、魔術を使っていたのは昨夜見たであろう」 「ああ、あの短刀が爆発したり、電撃が走ったり、だろう?」 コノエは、未だ鮮明に記憶している昨夜を思い返す。 代には人の排泄物や経血より不老長生の薬を製する人元の丹法が外丹の一種として流行した。 手術の終了時刻は……未定だそうだ」 「……きっと、きっと花は大丈夫よ…?」 ずっと沈黙を守っていたお父さんが、花の状況を告げた。 それらは・を持つ分、点数で見たマナ・コストが低めのものが多い。

>

箱庭の薬術師

恐らく呼吸器官に支障が出ているのではないかと、そう医師から聞いている。 「ただ、最後の術は、加減が難しくてな、自分自身にしか掛ける事は出来ぬのじゃ。 甘い栗色の髪は肩につかないくらいの長さで、着ている服は西洋をイメージさせる。 時代と人によってそれぞれ考え方が異なり、仙薬・丹薬・方薬などとさまざまな呼び方があるが、3つの明確な分け方はない。 「内丹」は外丹の用語と、存思・房中・行気・吐納などのの養生術を、胎児の成長過程の再現に結び付けて作り出され、発展したと考えられる一連の身体技法である。 通常の金は「生金」と呼ばれ、有毒とされた。 身体にフィットした深いオレンジの服に、裾が短い上着を羽織っている。

>