石徹 白 集落 に ある 水車 の 役割 は。 9/28 岐阜県 石徹白の小水力発電と 郡上八幡の水を活かした暮らしをめぐる旅 3日間

石徹白(いとしろ)地区地域づくり協議会:東海農政局

伊藤 勉(東 京)、「レ ッ ス ン」• 地域の象徴でもある白山中居神社にて撮影 平野さんが所属する「地域再生機構」は、小水力発電や木質バイオマスの導入支援事業を中心に、農協や地域づくり協議会など、地元団体と連携しながら活動を行っています。 6次産業化の推進 石徹白の名産であるトウモロコシで市場出荷しにくいハネ品を活用した特産品を開発し、一次加工品を飲食店に販売するとともに、パンやシフォンケーキなどの二次加工品を製造販売している。 吉野 弘一(茨 城)、「想 い」• 体験学習も可能なメガソーラー 2014年に発電を開始した雄国太陽光発電所(福島県喜多方市)は、「ご当地電力」の代表格である会津電力株式会社(同市、佐藤彌右衛門社長)の第I期事業計画のうち「雄国ソーラーパーク事業」の成果です。 住民の変化を目にして平野氏も本気になる。 現在のエネルギーシステムでは、発電した電気をいったん売電して、電力そのものは電力会社から購入しなければいけません。 一方、「ソーラーシェアリングという方法があるよ」と教えてくれた方がありました。 (19年) - 上石徹白村、中石徹白村、下石徹白村が合併し、石徹白村となる。

>

いとしろカレッジ

稲倉 哲郎 農園サユールイトシロ• 現在稼働しているものの規模はマイクロ水力発電機の中でも出力の小さなものですが、マイクロ水力発電の導入が地域の活性化の呼び水となっており、今では地域のシンボル的な存在になっています。 (撮影: 秋山まどか). 石田 信子(大 阪)、「工場の一隅」• 水力発電は入口に過ぎないのかなと。 農業を化石燃料から解放 次世代ソーラーシェアリングをめざす ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)といえば千葉というほどに、全国で最も導入件数が多い都道府県が千葉県です。 遠隔監視システムが陰の影響を早期発見し、改善 私たちはくらし(エネルギー、お金、食など)の地産地消・産消連携にこだわり、2013 年、エネルギー自立の地域づくりを呼びかけ、市民共同発電所づくり をスタートしました。 参加者は現在約200 人。 石徹白村はかつて領であり明治以降も岐阜県側との交流が盛んということもあるが、町村合併促進法が成立直後から白鳥町から越県合併の提案は行われていたという。

>

石徹白の大杉

日下部康夫(埼 玉)、「見 沼 風 景」• 大場 文雄(山 形)、「な ご り 雪」• 施設のホーム長の方からは、「楽しみが増えたね」と施設の皆で話していることや、出費を切り詰めながら生活する子どもたちからも「見ず知らずの方が応援してくれてありがたい」と感謝の声が上がっているとお話を伺っており、市民が市内の施設と連携して、共に助け合う事業となっています。 それが普通に言えるってすごいことだなと。 大嶋 尚美(岐 阜)、「ミュージシャン」• 参加者はいつでも募集中です。 浅井美智子(埼 玉)、「学び舎 回想」• 感謝するという気持ちが当たり前にある。 期限を延長した寄付金・建設協力金も、同月に目標額(920 万円)を達成できたことから、翌2 月には借入れを全額返済しています。 河崎 宏典(石 川)、「蘇州の古民家」• 形が悪く出荷できないものをパウダー状に加工し、パンやケーキ用として販売している。

>

地域おこしを支える「水への信仰」の記憶 │60号 水の守人:機関誌『水の文化』│ミツカン 水の文化センター

融資を受けた分は北陸電力への売電益で返済を行っていき、余った分を村の振興に活用する計画だといいます。 そして2007年の夏、平野さんたちは「地域再生機構」の理事長である駒宮さんと出会ったことで、のちに水力発電事業の事業主体となる「」と縁がつながり、その後の半年間で3機の小水力発電機を実験的に設置。 青葉 信一(埼 玉)、「冬は必ず春となる」• 武田 恵子(大 阪)、「追 憶」• 同年9月、福井県は石徹白村については、とりあえず独立村として残ることを認め、2年後に和泉村への編入を行うことを通達する。 山口 武行(埼 玉)、「月 と 酒 蔵」• 岡本 啓子(大 阪)、「サーキット」• 奈良 涼子(群 馬)、「お誕生会の後で」• 竹野 雅生(広 島)、「尾 道 水 道」• 自然エネルギー 小水力発電)• しかし20年ほど前から「石徹白一白山道清掃ボランティア」というイベントを通じて、住人と白山登山のファンの人たちが一緒に管理するという形に切り替えたそうです。 原 国黄(長 野)、「白 馬 山 麓」• 田中 敏夫(愛 知)、「雨上りの路地」• 黒田和加奈(石 川)、「昂 ま り」• 寺岡 清子(大 阪)、「ピアノは還暦に」• 石徹白は豪雪地帯ですが、水車は雪が降っても停止することなく、常に稼働を続けています。

>

石徹白の大杉

11年に石徹白への移住を決めたのだ。 公文 典子(愛 知)、「リフレッシュ」• 金泉 陽子(神奈川)、「移りゆく刻」• 山崎 善久(奈 良)、「藪 椿」• 石徹白の食材を使った料理やスイーツを提供する農村カフェをオープン(月3回の営業と団体ランチの受入)させ、地産地消を推進するとともに女性の能力が活かされている。 坂井 信子(石 川)、「セーリングの仲間達」• 戸田 増久(愛 知)、「知多の初夏」• 再生可能エネルギー発電事業に特化する合同会社と、再生可能エネルギー事業の推進に向けた普及啓発・情報発信を行うNPOと、この両輪で持って地域の再生可能エネルギー活用を盛り上げていきます。 この発電所の特徴は 2つあります。 実用機の導入としては、2008年11月に200ワットのらせん型水車1号機が設置されました。 松林 重宗(長 崎)、「地獄霧中(雲仙)」• 戸田 哲雄(神奈川)、「異常の太陽」• 集落を縁どる石徹白川には澄みきった水が流れ、取り囲む山々も急峻ではない。 村元 道男(北海道)、「北 運 河」• その他 [ ]• 北澤 廣城(茨 城)、「託 夢」• 霊峰白山の参拝ルートに当たることからかつて山岳信仰の拠点として栄え、江戸期には白山中居神社を中心に参拝者の宿泊や道案内を行う御師の家が立ち並び、数千人の参拝客でにぎわっていたそうです。

>

いとしろカレッジ

この3村は穴馬郷として密接な関係にあったが、の山岳地帯のため相互の交通路は極めて悪く、冬場の積雪とによって遮断されることが多かった。 井上 徹(石 川)、「今日も2人で」• 安岡さとみ(東 京)、「佇 む」• 羊は、ヤギのようにパネルの上に乗ったり柵を飛び越えたりもせず、おとなしいです。 水車型の小水力発電 カフェの営業(くくりカフェ) 暮らし体験プログラム(薬草採り体験) 取組分野 【小水力発電】【6次産業化】【コミュニティの維持発展】【都市と農山漁村の交流】【女性若者の力】【高齢者の活用】【定住促進】 取組名称 小水力発電と農産物を活用した地域づくり 取組概要等 概要 岐阜県郡上市石徹白地区は、隣の集落から約12キロメートル離れた標高700メートルに位置する。 「誰かに任せては道を守っていこうという思いが薄れる」との声が挙がり、25年ほど前に石徹白白山道清掃登山ボランティアを組織。 使われていなかった減圧乾燥機を復活させ、とうもろこし粉や乾燥フルーツなどを製造する。 各務 菊夫(長 野)、「キ ッ チ ン」• 近くのスーパーまで車で30分という、利便性という意味では決して良くない地域です。

>