聖女 様 いいえ 通り。 モフモフに目がないチート女子が大暴走。『聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです!』は爽快だけど欲望丸出しの冒険譚

まんが王国 『聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです! ~絶対無敵の聖女はモフモフと旅をする~』 飯田とい,犬魔人,ファルまろ 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

いつまでもスリスリしてしまう・・・・・・。 普通に考えて魔物使いを選ぶはずがありません。 冒険者としても名を馳せている彼女が嘘をつくとは思えないが、あまりに内容が常識外れなのだ。 「カナタ・アルデザイアくん、だったね」 「はい。 キミから報告を受けて、冒険者に調査させているが……。

>

モフモフに目がないチート女子が大暴走。『聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです!』は爽快だけど欲望丸出しの冒険譚

「それからドラゴンも回収せねばならん。 教会大聖堂にこのことが知られれば、破門くらいはされるかも知れない。 「ずるは駄目です。 薬草の群生地駄目にしちゃいましたもんね……」 「えっ?」 「他にお金を稼げる仕事を探さないとね。 「待った待った! 合格! 合格だよ! 今手続きをしているところなんだ!」 両手で待ったをかけたギルド長は、そのまま受付へと案内する。 「あなたは見えました? カナタ様はどんな職業を選んだのかしら」 「分かりません。

>

モフモフに目がないチート女子が大暴走。『聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです!』は爽快だけど欲望丸出しの冒険譚|ニフティニュース

「次、青薔薇組ヨランダ・フェリベールさん」 「はい!」 「あなたの適性職業は、魔物使いと薬師ですね」 「ま、また魔物使い……」 「いえ、本当に気にしない方が良いですよ。 「どんな子とお友達になれるかな。 野生の生き物に関わろうとする以上、どんな行動をとったとしても人間側の都合であることに違いはなく。 なぜなら、絶対になりたい職業があったから。 「い、今からでも変更しましょう! 神へ真摯に祈りを捧げれば、もしかしたら職業を変えてくださるかも……!」 「神父様、落ち着いて」 両手を組んで悲壮に祈りを捧げようとする神父の肩に、カナタは手を置く。 ストレスの多い日々を送っている方、日常にモフモフ成分が足りないと感じている方はとくに必見! ニコニコ漫画「異世界コミック」にて連載中の 『聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです! ~絶対無敵の聖女はモフモフと旅をする~』(原作:犬魔人先生、作画:飯田とい先生)では、空前のモフモフ至上主義な異世界冒険譚が展開されています。 適性条件があまりに緩いので、紛れ込んで来てしまうのです。

>

聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです ~絶対無敵の聖女はモフモフと旅をする~

……しかも前世が悲惨だったぶん、 転生後には幸運や強靭な体など与えられるというオマケ付きで! ところが残念なことに、転生後のカナタはモフりたい欲が強すぎたせいか動物たちから嫌われまくってしまいます。 w そして、記念に番外編を更新しましたので、読んでもらえたらうれしいです。 学園内に建設された第三体育館には、中等部を卒業したばかりの少女たちが待機していた。 えへっ」 「えへっ、ではなく!! 分かっていますか!? 魔物使いは魔物を使役することが出来る職業です。 動物が大好きなのに、なぜか動物に怖がられる少女、カナタ。

>

聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです ~絶対無敵の聖女はモフモフと旅をする~

「……これだけあれば、きっとこの中にあるはず」 カナタははやる気持ちを抑えて、啓示された職を見定めていく。 魔物どうしの争いということで、兵隊たちは 我々人間が出る幕ではないと彼女を諭すのですが……。 皆それだけ、カナタの適性職業が気になるのだ。 「ありがとうございます、先生。 ぜひ、書店様で見かけたら手に取ってやってください。 表紙の写真も大歓迎です! 配布店舗 有隣堂 (一部店舗を除く) 特典4 電子書籍版書き下ろしSS 『メロンソーダにのせたチェリーにミントを添えて』 レゼダ&イリスとニジェル&カミーユの甘ーいお話です。

>

聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです ~絶対無敵の聖女はモフモフと旅をする~

外では儀式を終えた生徒を待つ教師陣が、女生徒に祝福の言葉を贈っていた。 「(聖女? 賢者? いいえ、違います。 はい」 カナタが立ち上がると、自ずと周囲の視線が集まる。 「 わたあく」タグに告知や、ツイッター書き下ろしSSなどありますので見てやってください。 特典1 ポストカード 配布店舗 アニメイト (一部店舗を除く) 特典2 コースター 配布店舗 書泉 (一部店舗を除く) 特典3 書店様向け書き下ろしSS 『イリスのソージュ包み 妖精を添えて』 本編で明かされていない裏設定のお話です。 「魔物使いと占い師が啓示されましたね。 けど、きっと聖女ですわ」 「いいえ、賢者よ」 「もしかしたら、伝説の勇者かも」 「ああ、じれったいですわ。

>

聖女さま? いいえ、通りすがりの魔物使いです ~絶対無敵の聖女はモフモフと旅をする~

早く神父様が発表して下さらないかしら」 カナタの選んだ職業が気になる生徒たちは、早く答えを知りたがった。 「な、何を考えているんですかぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」 神父の絶叫が会場に響き渡った。 また、このタグ、ファンアートや読了報告など、楽しく自由に使っていただければうれしいです。 15歳になったとき、カナタは(本人が)最強の魔物使いになっていた。 なんでしょうか、神父様?」 冷や汗をかく神父とは対照的に、カナタはとても上機嫌だ。 今日もなんてお美しい……」 「やっぱり、カナタ様の適性職は聖女かしら?」 「賢者かも知れないわ。

>