ランナーズ ハイ 歌詞。 遠藤正明 ランナーズハイ 歌詞&動画視聴

covata.comen ランニングハイ 歌詞

歌手: 作詞: 作曲: 曲がりくねった道程 雨に負けず 風にも負けず 今日もひたすら走って行く 歌を道連れにして 息を切らし疲れ 倒れたなら 大空見上げ 笑ってみよう 探し求めるモノ どこにあるのか? AKB48 新曲「ランナーズハイ」 歌手:小栗有以・後藤楽々・高倉萌香・松岡はな・山本彩加(AKB48) 作詞:秋元康 作曲:田垣内孝治 アルバム:フルアルバム 収録:8thアルバム「サムネイル」 発売日:2017年1月25日 ランナーズハイ(AKB48)の歌詞 意味なんかはないけれど 突然 走りたくなるように 目の前の誰かを好きになってしまうことってあるよね きっかけが何だったのかなんて思い出せないくらい いつの間にか私は 全力で疾走中 友達はみんな 「またか」とあきれて その先の展開を勝手に予想するギャラリー 恋は見てるより する方が楽しい ハラハラドキドキ 肩で息をして 何もしないより 汗かいた方がいい やがてよくなる ランナーズハイ 昔の偉い誰かが言ってた 勝ち負けじゃないんだよ 参加することに意義があるって 大切なことだよね もしかして涙 出ちゃう日だって来るかもしれないけど 今しかできないことを経験できるんだ 陽だまりの中で甘えていないで 今のうちチャレンジをしなくちゃもったいないでしょう 恋は見た目より ハードなスポーツ 練習したって上達はしない 努力したとこで 報われないかもね… それでもハマる ランナーズハイ 沿道に並んで手を振るだけじゃなく さあみんな 走れ! 恋は見てるより する方が楽しい ハラハラドキドキ 肩で息をして 何もしないより 汗かいた方がいい やがてよくなる ランナーズハイ 本気で生きること 試すのもいいさ 参加してみよう AKB48の歌詞情報. Escape エスケープ from フロム the ザ sinking シンキング! そんな険しい道のりに、時には 仲間割れを起こすことも。 噛みしめ合った喜びも 奮える声で不安嘆いた日も 強く胸に刻んでいく ポジティブなことも ネガティブなことも同じ比率で胸に刻む。 今でこそ、笑顔で数千人の前で演奏する彼らですが、 今になるまでの道のりでの苦労は計り知れないものだったはず。 まだ見ぬ明日を探し求め旅立った 行き止まりばかりの滑走路なかなか飛べずにいたんだ 心が落ち込んで逃げだしそうな日もあった それでも肩寄せ空を見る " まだ見ぬ明日"それは全てが上手くいくワケではありません。 この荷物の重さ 知らないくせして」 向こう側にいる内面とドッヂボール 威嚇して 逃げ回り 受け止めて 弾き返す 「もう疲れた誰か助けてよ!。 だからこそ、次へ進む 糧に、 パワーになる。 」 乙「分かってる 仕方ないだろう他に打つ手立て無くて」 甲「威勢がいいわりにちっとも前に進めてないぜっ」 乙「黙ってろ! ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない あなたの親戚の人が何ンて言ってるか 知ってるわ たちの悪い女とは手を切れ まともな女はほかにいる 歌い続けたキリギリスには どんな定めか子供でも知ってる 愛か歌か 未来か歌か 恩か歌か なぜ両方じゃダメなの ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない 堅気 かたぎ に納まった友が何ンて言ってるか 知ってるわ みじめな行き倒れになって来ても 面倒みるような義理はない 今限りしか咲かない切り花 根をおろさない無駄な徒花 あだばな 恋か歌か 暮らしか歌か 人か歌か なぜ両方じゃダメなの ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない 愛か歌か 未来か歌か 恩か歌か 総てか歌か 恋か歌か 暮らしか歌か 人か歌か なぜ両方じゃダメなの ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない 心は常に折れてる 副木 そえぎ をあてて生きてゆく 継木 つぎき を継いで生きてゆく ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない Powered by この曲を購入する. 散々息を切らして駆け抜けて 汗を流して手を取り合ってきた どこまでも高く飛べ 決して" ただ駆け抜けてきただけ"の今ではない。

>

中島みゆき ランナーズ・ハイ 歌詞

Escape エスケープ from フロム the ザ sinking シンキング! 意味なんかはないけれど 突然 走りたくなるように 目の前の誰かを好きになってしまうことってあるよね きっかけが何だったのかなんて思い出せないくらい いつの間にか私は 全力で疾走中 友達はみんな 「またか」とあきれて その先の展開を勝手に予想するギャラリー 恋は見てるより する方が楽しい ハラハラドキドキ 肩で息をして 何もしないより 汗かいた方がいい やがてよくなる ランナーズハイ 昔の偉い誰かが言ってた 勝ち負けじゃないんだよ 参加することに意義があるって 大切なことだよね もしかして涙 出ちゃう日だって来るかもしれないけど 今しかできないことを経験できるんだ 陽だまりの中で甘えていないで 今のうちチャレンジをしなくちゃもったいないでしょう 恋は見た目より ハードなスポーツ 練習したって上達はしない 努力したとこで 報われないかもね… それでもハマる ランナーズハイ 沿道に並んで手を振るだけじゃなく さあみんな 走れ! 試聴する KKBOXを起動 ランナーズハイ 作詞:竹中雄大 作曲:竹中雄大・沖聡次郎 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒 未だ見ぬ明日を探し求め旅立った 行き止まりばかりの滑走路なかなか飛べずにいたんだ 心が落ち込んで逃げ出しそうな日もあった それでも肩寄せ空を見る 散々息を切らして駆け抜けて 汗を流して手を取り合ってきた どこまでも高く飛べ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒 新しい街は想像以上に険しくて ぶつかる想いが壁になって空回って超えられないな 素直になれないまま意地張る自分が 嫌いだそんな時もあったんだ 噛み締めあった喜びも 震える声で不安嘆いた日も 強く胸に刻んでいく 笑った後悔はないと 歓声を歌に乗せて 閉ざした感情を揺らしたいよ 手を伸ばして誓い合った瞬間を忘れないまま やがて辿り着くよきっと 色鮮やかな人生を 期待込め叫んだ心配いらないさ 待ち焦がれた夢をそっと思い出したよ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つよ 叶った幻想を抱いた 仲間と風を切って 未だ見ぬ世界を目指したいよ いつまでも想像超えた景色を見ていこうか やがて辿り着くよきっと. 目 めを 閉 とじていたって 全 すべてが 見 みえた 風 かぜをかき 分 わけて Just ジャスト, runners ランナーズ high ハイ! 馬鹿げたように思えるが、それほどに 無邪気で真っ直ぐな彼ら。 笑った 後悔はないと 歓声を歌に乗せて 閉ざした感情を揺らしたいよ 手を伸ばして誓い合った瞬間をわすれないまま やがて辿り着くよきっと Novelbrightの曲で人々の" ネガティブな部分"" 億劫さ"を動かしたい。 アサヒスーパードライWEB CMタイアップ曲にも起用されている。 中島みゆきさん『ランナーズ・ハイ』の歌詞 ランナーズハイ words by ナカジマミユキ music by ナカジマミユキ Performed by ナカジマミユキ. やがて辿り着く。 まだ走れるんだ 息絶えるまで駆けてみよう 恥をまき散らして 胸に纏う玉虫色の衣装を見せびらかしていこう. 息 いきを 止 とめてずっと 走 はしり 続 つづけた 鼓動 こどうが 聞 きこえるか Just ジャスト, runners ランナーズ high ハイ! ただそれだけを歌い上げている。 素直になることを恥じて、斜に構え続けている自分に嫌気が指している。

>

covata.comen ランニングハイ 歌詞

ただしかし、Novelbrightが奏でる音楽は彼らにしかできない。 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つときも一緒 2番 新しい街は想像以上に険しくて ぶつかる思いが壁になって空回って超えられないな 素直になれないまま意地張る自分が 嫌いだそんなときもあったんだ " 新しい街"はNovelbrightが ロックバンドとして挑戦していく中で 新しく見た景色たちのこと。 いつまでも現状で満足せずに、常に" 想像を超えた"ものを目指す。 歌詞 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒 まだ見ぬ明日を探し求め旅立った 行き止まりばかりの滑走路なかなか飛べずにいたんだ 心が落ち込んで逃げだしそうな日もあった それでも肩寄せ空を見る 散々息を切らして駆け抜けて 汗を流して手を取り合ってきた どこまでも高く飛べ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つときも一緒 新しい街は想像以上に険しくて ぶつかる思いが壁になって空回って超えられないな 素直になれないまま意地張る自分が 嫌いだそんなときもあったんだ 噛みしめ合った喜びも 奮える声で不安嘆いた日も 強く胸に刻んでいく 笑った後悔はないと 歓声を歌に乗せて 閉ざした感情を揺らしたいよ 手を伸ばして誓い合った瞬間をわすれないまま やがて辿り着くよきっと 色鮮やかなな人生を 期待込め叫んだ心配いらないさ 待ち焦がれた夢をそっと思い出したよ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つよ 叶った幻想を抱いた 仲間と風を切って 未だ見ぬ世界を目指したいよ いつまでも想像超えた景色を見ていこうか やがて辿り着くよきっと 作詞:竹中雄大 歌詞考察 1番 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒 ノーブラの魅力の一つはこの歌詞の シンプルで 真っ直ぐな所。 and アンド I アイ saw ソウ you ユー in イン my マイ dream ドリ-ム. 息を切らして、汗を流して、必死に藻掻いた先の今。

>

ランナーズ・ハイ 中島みゆき 歌詞情報

作詞:竹中雄大 作曲:竹中雄大・沖聡次郎 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒 未だ見ぬ明日を探し求め旅立った 行き止まりばかりの滑走路なかなか飛べずにいたんだ 心が落ち込んで逃げ出しそうな日もあった それでも肩寄せ空を見る 散々息を切らして駆け抜けて 汗を流して手を取り合ってきた どこまでも高く飛べ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒 新しい街は想像以上に険しくて ぶつかる想いが壁になって空回って超えられないな 素直になれないまま意地張る自分が 嫌いだそんな時もあったんだ 噛み締めあった喜びも 震える声で不安嘆いた日も 強く胸に刻んでいく 笑った後悔はないと 歓声を歌に乗せて 閉ざした感情を揺らしたいよ 手を伸ばして誓い合った瞬間 とき を忘れないまま やがて辿り着くよきっと 色鮮やかな人生を 期待込め叫んだ心配いらないさ 待ち焦がれた夢をそっと思い出したよ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つよ 叶った幻想を抱いた 仲間と風を切って 未だ見ぬ世界を目指したいよ いつまでも想像超えた景色を見ていこうか やがて辿り着くよきっと nega xtu ta itu datte zutto nakama to kaze ni no xtu te ha bataki sekai wo naga me tai to u mare soda xtu ta ano mati ni mune ha xtu te okona keru you ni yagate o ri ta tu toki mo issyo ima da mi nu asita wo saga si moto me tabida xtu ta yu ki do mari bakari no kassouro nakanaka to be zu ni itan da kokoro ga o ti ko n de ni ge da si sou na hi mo axtu ta sore demo kata yo se sora wo mi ru sanzan iki wo ki ra si te ka ke nu ke te ase wo naga si te te wo to ri a xtu te ki ta dokomademo taka ku to be nega xtu ta itu datte zutto nakama to kaze ni no xtu te ha bataki sekai wo naga me tai to u mare soda xtu ta ano mati ni mune ha xtu te okona keru you ni yagate o ri ta tu toki mo issyo atara sii mati ha souzou izyou ni kewa siku te butukaru omo i ga kabe ni naxtu te karamawari tte ko e rare nai na sunao ni na re nai mama iziba ru zibun ga kira i da sonna toki mo axtu ta n da ka mi si me axtu ta yoroko bi mo huru eru koe de huan nage i ta hi mo tuyo ku mune ni kiza n de iku wara xtu ta koukai ha nai to kansei wo uta ni no se te to zasi ta kanzyou wo yu rasi tai yo te wo no basi te tika i a xtu ta syunkan toki wo wasu re nai mama yagate tado ri tu ku yo kitto iroaza yaka na zinsei wo kitai go me sake n da sinpai ira nai sa ma ti ko gare ta yume wo sotto omo i da si ta yo nega xtu ta itu datte zutto nakama to kaze ni no xtu te ha bataki sekai wo naga me tai to u mare soda xtu ta ano mati ni mune ha xtu te okona keru you ni yagate o ri ta tu yo kana xtu ta gensou wo ida i ta nakama to kaze wo ki xtu te ima da mi nu sekai wo meza si tai yo itu made mo souzou ko e ta kesiki wo mi te iko u ka yagate tado ri tu ku yo kitto. 中島みゆきさん『ランナーズ・ハイ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 瞬きするたび 呼吸をするたびに 見慣れた景色が変わってくような 違ってくような ねぇ 君ってそんな曖昧な話し方 いつもしてたっけ? 本音は何を思っているの? 新しい髪型も おろしたての上着も なんだかちぐはぐに感じちゃうけど 今まで通りもしっくりこない 誰か導いてよ! 絶対に正しいことなんてありやしない でも間違ったこともしたくないし ねぇ このまま走り続けてたら ちゃんとゴールにたどり着けるの? 不安になっても止まれはしない 一秒一秒 細胞は生まれ変わってるんだ そうさ 自分だってずっと同じままじゃいられない だから いつもと違った君がいたとしても それも君だって思えるくらい余裕がほしい 少し汚れたスニーカー 紐を結び直したら なんだかどこへでも行けちゃいそうで いまにも駆け出したくなるんだ 誰か連れてってよ! 絶対に間違いなことなんてそうそうない 正しいかどうか分かんなくても ねぇ がむしゃらに走る その先が ちゃんとゴールになる気がするんだ 理由はないけど自信はあるの さぁ進み続けよう もし道に迷っても 行ったり来たりを繰り返してもいいよね? ムダ足なんてないから 全部未来の鍵になる 絶対に正しい答えなんてつまらないでしょ 先が見えないから面白いの きっと誰かと同じじゃ楽しくない 夢が覚めてく予感がする 全力でいま自分を信じて走りだすの 敷かれたレールなんてさようなら だってまだまだ新しい景色見てみたいから わたしずっとずっと風を切るよ 明日は何が待っているの? 分からないくらいがちょうどいいんじゃない?. 夢を諦めない。 逆に立ち塞がる 壁の方が多いのではないでしょうか。 売れたい。 」 そんな合図出したって 誰も観ていない ましてタイムを告げる笛は鳴らねぇ なら 息絶えるまで駆けてみよう 恥をまき散らして 胸に纏う玉虫色の衣装をはためかせていこう 苛々して仕方ない日は 疲れた体を 都合のいい恋にあずけて 終われば 寝た振りして あれっ 俺ッ 何してんだろう? そんな彼らが放つ言葉の 熱量は本当に夢を叶えられそうな気にさせてくれる。

>

中島みゆき ランナーズ・ハイ 歌詞

そして彼らは" どこまでも高く飛べ"という歌詞から 更に上を目指していることも伝わってきます。 恋は見てるより する方が楽しい ハラハラドキドキ 肩で息をして 何もしないより 汗かいた方がいい やがてよくなる ランナーズハイ 本気で生きること 試すのもいいさ 参加してみよう. 歌手: 作詞: 作曲: 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒 未だ見ぬ明日を探し求め旅立った 行き止まりばかりの滑走路なかなか飛べずにいたんだ 心が落ち込んで逃げ出しそうな日もあった それでも肩寄せ空を見る 散々息を切らして駆け抜けて 汗を流して手を取り合ってきた どこまでも高く飛べ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒 新しい街は想像以上に険しくて ぶつかる想いが壁になって空回って超えられないな 素直になれないまま意地張る自分が 嫌いだそんな時もあったんだ 噛み締めあった喜びも 震える声で不安嘆いた日も 強く胸に刻んでいく 笑った後悔はないと 歓声を歌に乗せて 閉ざした感情を揺らしたいよ 手を伸ばして誓い合った瞬間 とき を忘れないまま やがて辿り着くよきっと 色鮮やかな人生を 期待込め叫んだ心配いらないさ 待ち焦がれた夢をそっと思い出したよ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つよ 叶った幻想を抱いた 仲間と風を切って 未だ見ぬ世界を目指したいよ いつまでも想像超えた景色を見ていこうか やがて辿り着くよきっと. 歌: 作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない あなたの親戚の人が何ンて言ってるか 知ってるわ たちの悪い女とは手を切れ まともな女はほかにいる 歌い続けたキリギリスには どんな定めか子供でも知ってる 愛か歌か 未来か歌か 恩か歌か なぜ両方じゃダメなの ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない 堅気 かたぎ に納まった友が何ンて言ってるか 知ってるわ みじめな行き倒れになって来ても 面倒みるような義理はない 今限りしか咲かない切り花 根をおろさない無駄な徒花 あだばな 恋か歌か 暮らしか歌か 人か歌か なぜ両方じゃダメなの ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない 愛か歌か 未来か歌か 恩か歌か 総てか歌か 恋か歌か 暮らしか歌か 人か歌か なぜ両方じゃダメなの ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない 心は常に折れてる 副木 そえぎ をあてて生きてゆく 継木 つぎき を継いで生きてゆく ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない. 楽曲について この楽曲は2020年1月5日に配信開始された楽曲。 それでも仲間たちと 未来を描き続けた。 答えは まだ 風の中さ どこまでも走り続けるよ いつの日も 強く打つ この鼓動 確かめたなら 怖くはないさ 行けるはず 走れ 消せない痛みと共に ランナーズハイ 明日へ… 立ち止まる事は出来る 諦め投げ出すのも出来る 遠回りして 見えた景色 その先が知りたくて すさぶ臆病風 吹き抜けたら 大事なモノが 見えなくなる 当たり前に過ぎる 毎日をただ 見送る事 したくはない どこまでも走り続けたら 解るはず 一瞬を この時を 感じたいから 迷いはしない 信じよう 走れ 弱さを強さに替えて ランナーズハイ 明日は… 何度倒れたって 構わないさ 弾む心で 笑ってみせる 苦しみを笑顔でやり過ごせたら 何かが ほら 変わるはずさ どこまでも走り続けよう いつの日も 疼き出す この血潮 流れてるから 恐れはしない やれるはず 走れ 哀しみ追い越して行け ランナーズハイ 明日も…. Freedom フリーダム beats ビーツ the ザ kingdom キングダム! ラストサビ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つよ 叶った幻想を抱いた 仲間と風を切って 未だ見ぬ世界を目指したいよ いつまでも想像超えた景色を見ていこうか やがて辿り着くよきっと 夢が叶ったという幻想を抱いた仲間とまだ先の夢まで追いかける。 Do ドゥ you ユー see シー what ホワット I アイ mean ミーン? 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 忘れた 分からねぇ 太陽が照りつけるとやけに後ろめたくて 前倣え 右へ倣えの欲望 気付けば要らんもんばかり まだ間に合うかなクーリングオフ 亡霊が出るというお屋敷を キャタピラが踏みつぶして 来春ごろにマンションに変わると代理人が告げる また僕を育ててくれた景色が 呆気なく金になった 少しだけ感傷に浸った後 「まぁ それもそうだなぁ」 時代とか 社会とか 無理にでも敵に仕立てないと 味方を探せない 愉快に暮らせないよ 仕組んだのは他の誰でもない 俺だって 自首したって 誰も聞いてない まして罪が軽くなんかならねぇ なら 息絶えるまで駆けてみよう 恥をまき散らして 退きどきだと言うなかれ素人! そんな 率直な思いをずっと願い続けてきたことが分かります。 生まれ育った街に誇りを持って戻れるように、 活躍したい。

>

歌詞 「ランナーズ・ハイ」中島みゆき (無料)

願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒 未だ見ぬ明日を探し求め旅立った 行き止まりばかりの滑走路なかなか飛べずにいたんだ 心が落ち込んで逃げ出しそうな日もあった それでも肩寄せ空を見る 散々息を切らして駆け抜けて 汗を流して手を取り合ってきた どこまでも高く飛べ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒 新しい街は想像以上に険しくて ぶつかる想いが壁になって空回って超えられないな 素直になれないまま意地張る自分が 嫌いだそんな時もあったんだ 噛み締めあった喜びも 震える声で不安嘆いた日も 強く胸に刻んでいく 笑った後悔はないと 歓声を歌に乗せて 閉ざした感情を揺らしたいよ 手を伸ばして誓い合った瞬間 とき を忘れないまま やがて辿り着くよきっと 色鮮やかな人生を 期待込め叫んだ心配いらないさ 待ち焦がれた夢をそっと思い出したよ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つよ 叶った幻想を抱いた 仲間と風を切って 未だ見ぬ世界を目指したいよ いつまでも想像超えた景色を見ていこうか やがて辿り着くよきっと. 泣いて、 悩んで、 諦めようとして。 ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない あなたの親戚の人が何ンて言ってるか 知ってるわ たちの悪い女とは手を切れ まともな女はほかにいる 歌い続けたキリギリスには どんな定めか子供でも知ってる 愛か歌か 未来か歌か 恩か歌か なぜ両方じゃダメなの ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない 堅気 かたぎ に納まった友が何ンて言ってるか 知ってるわ みじめな行き倒れになって来ても 面倒みるような義理はない 今限りしか咲かない切り花 根をおろさない無駄な徒花 あだばな 恋か歌か 暮らしか歌か 人か歌か なぜ両方じゃダメなの ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない 愛か歌か 未来か歌か 恩か歌か 総 すべ てか歌か 恋か歌か 暮らしか歌か 人か歌か なぜ両方じゃダメなの ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない 心は常に折れてる 副木 そえぎ をあてて生きてゆく 継木 つぎき を継いで生きてゆく ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない ランナーズ・ハイに違いないわ 歌ったら停まらない. Novelbright ランナーズハイ 作詞:竹中雄大 作曲:竹中雄大・沖聡次郎 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒 未だ見ぬ明日を探し求め旅立った 行き止まりばかりの滑走路なかなか飛べずにいたんだ 心が落ち込んで逃げ出しそうな日もあった それでも肩寄せ空を見る 散々息を切らして駆け抜けて 汗を流して手を取り合ってきた どこまでも高く飛べ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒 新しい街は想像以上に険しくて ぶつかる想いが壁になって空回って超えられないな 素直になれないまま意地張る自分が 嫌いだそんな時もあったんだ もっと沢山の歌詞は 噛み締めあった喜びも 震える声で不安嘆いた日も 強く胸に刻んでいく 笑った後悔はないと 歓声を歌に乗せて 閉ざした感情を揺らしたいよ 手を伸ばして誓い合った瞬間 とき を忘れないまま やがて辿り着くよきっと 色鮮やかな人生を 期待込め叫んだ心配いらないさ 待ち焦がれた夢をそっと思い出したよ 願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つよ 叶った幻想を抱いた 仲間と風を切って 未だ見ぬ世界を目指したいよ いつまでも想像超えた景色を見ていこうか やがて辿り着くよきっと. 路上ライブ1人だった時代もあった彼らが紡ぐメッセージは 説得力があり、私たちの心により一層響いてきます。 育った街を飛び出して 路上ライブを積み重ねて今や 大型フェスにも招かれるようになった Novelbright。 誰が聴いてもスッと理解できる歌詞だからこそ、 竹中雄大の唯一無二の 声もより一層響いてくる。 それは真っ直ぐすぎてどこにでもいるアーティストになりがちだ。

>

【Novelbright/ランナーズハイ】歌詞の意味を考察!【真っ直ぐで熱い思い】

そんな" 夢"に向かって進んでいる彼らに立ち塞がる壁。 代表曲 walking with youや 拝啓、親愛なる君への歌詞も ノーブラらしい 前向きでシンプルな歌詞になっていますよね。 色鮮やかな人生を 期待込め叫んだ 心配いらないさ 待ち焦がれた夢をそっと思い出したよ 竹中雄大が笑顔でシンガロングする姿が目に浮かびます。 。 。 。 。

>

Novelbright ランナーズハイ 歌詞

。 。 。 。 。 。

>