池畑 潤二。 池畑潤二、50thアニバーサリーイベント開催

池畑潤二インタビュー 後編:ROUTE 17 Rock’n’Roll ORCHESTRA結成秘話

楽しみだね。 その時にいろんな話をしたんだよね。 と続きギタリスト布袋寅泰の最高の時期の音が封じ込まれています。 そのラジオでいろんな音楽番組を聴き出したのがきっかけでした。 陣内:ルースターズとは仲よかったよね。 もはや私フカジの脳内では「ある愛の詩」のサントラ「Baby alone」です 「Lilith」な時期はほんの短い一瞬だったのでは、と切なくなってきます。

>

池畑潤二インタビュー 前編:池畑潤二はなぜフジロックを愛して止まないのか

花房:しかしよくそんなバンド名を付けたね(笑)。 九州時代の話や映画「爆裂都市」裏話など、この二人でなければ語れない話が次々に飛び出した。 16歳ぐらいから薔薇族ってバンドを始めたんだけど。 博多はモッズがいて俺たちがいて、その下にモダンドールズとかいて。 初日に問題があって、車に乗って高速を走って隣の町まで買い物に行っていて(笑)。 「やるのか、やらないのか」って(笑)。 でもまた、映画「ロッカーズ」のあの音は、池畑が叩いてるんですよ(笑)。

>

池畑潤二、生誕記念ライヴを開催

花房:俺もね、マキさんが2010年に亡くなった時に悔しかったもん。 僕自身そういう部分あるし、同時に2人好きになっちゃったり。 にルースターズを脱退する。 俺らは21歳ぐらいだった。 1997年に離婚ですから、気持ちの整理がついたころかなと思います。 1996年 「 with THE MOGAMI」参加。 2日前にもテレビの仕事があったんだけど、若い頃にこれはできないなと思ったね(苦笑)。

>

Biography

池畑:今考えるとね(笑)。 花房:俺が喧嘩したのは1999年だなあ(笑)。 org 花房:すごい雨というか、暴風雨だったよね。 池畑:そうだね。 池畑潤二さんはROOSTERSからミュージシャンとしてのキャリアがスタートしています。 花房:でもミュージシャンじゃん? トンカチとか持ってる姿を見たら、手とか怪我したら大変だなって俺なんかは思うわけ。 花房:めちゃくちゃすごいじゃん! 池畑:で、薔薇族に途中から大江(慎也)が入ってくるんだよね。

>

Junzi Ikehata Official Website

あの人ってすごくこだわりが強そうな気がするんだけど。 また、松井さんのソロアルバム「SONG OF JOY」ではほぼ共作といわれるまで深い付き合いとなっています。 それが使命だから。 それが大きくなってると俺は感じてる。 (1982年) - 鋼鉄男(バトル・ロッカーズ)• レコーディングに行ったら、なんか偉そうなヤツが一人いるなと思って気になってたんだけど、それが日高さんだったんだよね(笑)。 池畑:人間クラブの頃からね。

>

山下久美子著「ある愛の詩」のサウンドトラック的アルバム「Baby alone」。布袋寅泰BOOWY時代の参加作品 、ドラム池畑潤二について

陣内:博多に「ぱわぁはうす」というライヴハウスがあって。 私が与えられている役割があって、それをパーフェクトにすることが一番重要なんだろうっていうのはすごく思ってる。 <セッション・ドラマーとして> SION、、、 、遠藤ミチロウ、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、中嶋美嘉、、鳥羽一郎、THE King ALL STARS etc. 池畑:大変だったよね、一年目は。 花房:ゲストはどうやって決めてるの? 池畑:ゲストは必ず、俺が一緒にやったことのある人。 小学校3年生ぐらいに夕刊配りから始めて、それから朝刊も夕刊も配るようになって。

>