鉄 の 処女 と 夢見 が ちな お姫様。 鉄の処女と夢見がちなお姫さま

鉄の処女と夢見がちなお姫さま

これについては 「そもそも産土神(=地母神)」であるナギ様に処女性を求める行為自体がナンセンスという声もある。 -- 名無しさん 2020-08-08 17:16:55• 前代未聞の虐殺劇から殺戮劇に編集しました -- 名無しさん 2020-08-10 23:15:07• 」 エース「ヒュッ、」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー ついつい、作ってしまった. かんなぎの内容をヒロインが非処女に見えるように捏造した荒らし、画像が出回った• ナギは非処女? 明確に非処女と描写する場面も一切無い。 If the lyrics found on this page is found to violate the Fandom TOU, they might be removed without notice. この様なデマが出回った原因• References Blood Countess by Kiryuu Misao and Atopos by. 鉄の処女と夢見がちなお姫さま【カラオケ】 by 暗黒童話Pさん• めっちゃ調べます。 外部リンク …より詳しく書かれている。 」 名前 「これはねぇ、神様の生贄として殺される子供と子供を神様に差し出した後帰る母親の歌。 ロストワンの号哭 inst by Neruさん• 単行本を破いて作者の実家に送りつけた? - Lyrics• 信頼ある情報 原作・発表 を踏まえずに騒動についての所感を述べるネットユーザーが大量に発生した まとめると、 情報の出所を確認しないと、かえって迷惑がかかるよ、という話。 概要 漫画『』の・がであるとしてが激怒し、上を荒らしたり、ビリビリに破いた単行本を作者の実家に送りつけたりした為に、作者が倒れ連載休止に追い込まれたとされる騒動であるが、結論から言うと デマである。

>

piapro(ピアプロ)

あくまでも、私が知っているものなので皆さんが知ってるのとは違う部分があるかもです。 なんて描写は無いし、実際には破いた単行本なんて送られてないし、作者は全然関係ないである。 時は16世紀 舞台はルーマニアのニートテ地方 토키와 쥬우로쿠 세이키 부타이와 루우마니아노 니이토테 치호오 때는 16세기, 무대는 루마니아의 니르바토르 지방 小高い丘にそびえる居城 惨劇の舞台 チェイテのお城のお姫さま 코다카이 오카니 소비에루 쿄조오 산게키노 부타이 체이테노 오시로노 오히메사마 약간 높은 언덕에 우뚝 서있는 거성, 참극의 무대, 체이테 성의 공주님 後世に伝わる記録で殺した娘は600から700人 코오세이니 츠타와루 키로쿠데 코로시타 무스메와 롯퍄쿠카라 나나햐쿠닌 후세에 전해진 기록에 따르면 죽인 소녀의 수는 600에서 700명 人類史上最大の殺戮女王エリザがこの城嫁いだ御年15 無垢な箱入りお姫さま 진루이시죠오 사이다이노 사츠리쿠 죠오오 에리자가 코노 시로 토츠이다 온토시 쥬우고 무쿠나 하코이리 오히메사마 인류사상 최대의 살육, 여왕 엘리자가 이 성으로 시집온 나이 15, 순진한 온실 속 공주님 エリザの血統バートリ家はトランシルヴァニアの名門貴族 에리자노 켓토오 바아토리케와 토란시루바니아노 메이몬키조쿠 엘리자의 혈통, 바토리가는 트란실바니아의 명문귀족 一族に小児狂、色情狂、悪魔狂、異常な親類その血を辿ると 이치조쿠니 쇼오니쿄오, 시키죠오쿄오, 아쿠마쿄오, 이죠오나 신루이 소노 치오 타도루토 일족에 소아광, 색정광, 악마광, 이상한 일가의 그 피를 짚어 나가보면 「あの男」がいる 「아노 오토코」가 이루 「그 남자」가 있어 エリザは夢見てた ドレスに宝石、舞踏会で踊る日々 에리자와 유메미테타 도레스니 호오세키, 부토오카이데 오도루 히비 엘리자는 꿈꿨어, 드레스에 보석, 무도회에서 춤추는 나날 エリザは泣いていた 憧れた王宮暮らしとほど遠い日々 에리자와 나이테이타 아코가레타 오오큐우쿠라시토 호도토오이 히비 엘리자는 울고 있었어, 동경하던 왕궁 생활과는 동떨어진 나날 エリザは恐れてた 義母のしつけと義母派の侍女の冷笑 에리자와 오소레테타 하하노 시츠케토 하하하노 지죠노 레이쇼오 엘리자는 두려워했어, 장모의 훈계와 장모편인 시녀들의 냉소 そんな彼女の唯一の楽しみ 本から得る知 ビザンツ伝来 손나 카노죠노 유이이츠노 타노시미 혼카라 에루 치 비잔츠 덴라이 그런 그녀의 유일한 즐거움, 책에서 얻은 지식, 비잔틴에서 전래된 「 黒魔術 ブラックマジック」 「브랏쿠 매직」 「 흑마술 블랙 매직」 各地戦で帰らぬ夫に代わりお城を牛耳る 独裁者 義母 카쿠치 이쿠사데 카에라누 옷토니 카와리 오시로오 규우지루 도쿠사이샤 각지의 전투로 돌아오지 않는 남편을 대신해 성을 좌지우지하던 독재자 장모 苛烈極めたしつけとお城に閉じ込められた エリザの心は壊れてく 카레츠 키와메타 시츠케토 오시로니 토지코메라레타 에리자노 코코로와 코와레테쿠 더없이 가혹한 훈계와 성에 갇힌 엘리자의 마음은 부서져가 時は流れ憎い義母は死にエリザの復讐劇は始まる 토키와 나가레 니쿠이 하하와 시니 에리자노 후쿠슈우게키와 하지마루 시간은 흘러 미운 장모는 죽고, 엘리자의 복수극은 시작돼 折檻を超えた鞭の雨あられ義母派の侍女の粛正始めたその時起こった 셋칸오 코에타 무치노 아메아라레 하하하노 지죠노 슈쿠세이 하지메타 소노 토키 오콧타 꾸짖음을 넘어선 채찍은 빗발쳐, 장모편인 시녀의 숙청을 시작했어, 그때 일어난 エリザに血が付いた 激しい折檻の末にそれは起こった 에리자니 치가 츠이타 하게시이 셋칸노 스에니 소레와 오콧타 엘리자에게 피가 묻었어, 격렬한 체벌 끝에, 그 일은 일어났어 エリザは震えてた かつて無い興奮、恍惚、オルガズムの域 에리자와 후루에테타 카츠테 나이 코오훈, 코오코츠, 오루가즈무노 이키 엘리자는 떨고 있었어, 전에 없던 흥분, 황홀, 오르가즘의 경지 エリザは剣を持つ 我を忘れ手当り次第にそれを振る 에리자와 켄오 모츠 와레오 와스레 테아타리 시다이니 소레오 후루 엘리자는 검을 들고서, 무아지경으로 손가는 대로 그걸 휘둘러 我に返った足下にはデタラメ肉塊 1588. 自分のうごメモは本当にうごメモなのか疑ってしまった -- 名無しさん 2020-09-19 23:11:14• 私、本当は怖い童謡とか、本当は怖い童話とか、 怖いやつが好きなんですよ. PVも曲も歌詞も内容も全てが最高 -- 名無しさん 2020-08-13 12:52:08• 이치욘 정신을 차린 뒤 발밑엔 엉망진창인 고깃덩이 1588. 関連タグ :の内容により、似たような非処女疑惑をかけられた。 しかもこのことを知ってむしろ「乗り遅れた」と思ったとのこと。 うごメモなのがすごい -- 名無しさん 2020-09-19 16:52:00• 14 1588年12月14日 いよいよここから始まる惨劇 前代未聞の虐殺劇 血が欲しい 若い娘の 集めろ集めろ各地の生娘 血を集めるため執行された殺戮方法多岐に渡る 目玉をえぐる、指を切り落とす、腸を剥ぎ取る、下顎外す 小さな箱の内側刃を敷き詰め娘を押し込み吊るす あらゆる拷問器具の中でエリザが最も愛したそれは余りのむごさと異様な形状で後世に轟く 「鉄の処女」 奉公先の城から帰らぬ娘の噂は街から街へ けれども確たる証拠もない上、名家に楯突くことなどできずに ここに勇気ある娘あらわる名前はフローラ 出自はワラシア 悪魔の所業を白日にと自ら奉公名乗りを上げる 鉄ノコ、ロープを衣服の内布縫い付け、死への恐怖と戦い ロザリオ握りしめ 1610年12月30日 ハンガリー王国総監トゥルゾ伯爵の調査隊が城の門を叩く チェイテの城から逃れた娘が王への告発に成功 異様な臭気が城内を包み、庭を掘っても壁を崩しても 死体 死体 死体 死体 逃げることも抵抗もせずに自室にエリザは無邪気に座り 「お待ちしてました伯爵様、今から紅茶をお持ち致します」 後日の法廷でトゥルゾは語る 「まるで世間を知らない無垢な少女のようだった」と エリザはずっと夢の中. wwwwwww 12月4日 11時 id: - 誰でもいいのですが、無意識レクイエムお願いします!リクエストしたばっかりなのにすみません. 作者が心労で倒れた? 2012年4月27日に発売された7巻の巻末漫画と作者HPにて、病名はくも膜下出血であったことが発表された。

>

鉄の処女と夢見がちなお姫さま (Tetsu no Shojo to Yumemigachi na Ohimesama)

Lyrics Japanese Romaji English エリザは夢見がちなお姫さま Hi! 時は16世紀 toki wa juuroku seiki 舞台はルーマニアのニートテ地方 butai wa ruumania no niitote chihou 小高い丘にそびえる居城 惨劇の舞台 kodakai oka ni sobieru kyojou sangeki no butai チェイテのお城のお姫さま cheite no oshiro no ohimesama 後世に伝わる記録で殺した kousei ni tsutawaru kiroku de koroshita 娘は600から700人 musume wa roppyaku kara nanahyakunin 人類史上最大の殺戮女王エリザが jinrui shijou saidai no satsuriku joou eriza ga この城嫁いだ御年15 kono shiro ontoshi juugo 無垢な箱入りお姫さま muku na hakoiri ohimesama エリザの血統バートリ家は eriza no kettou baatorika wa トランシルヴァニアの名門貴族 toranshiruvania no meimon kizoku 一族に小児狂、色情狂、悪魔狂、 ichizoku ni shounikyou, shikijoukyou, akumakyou, 異常な親類その血を辿ると ijou na shinrui sono chi o tadoru to 「あの男」がいる "ano otoko" ga iru エリザは夢見てた eriza wa yume miteta ドレスに宝石、舞踏会で踊る日々 doresu ni houseki, budoukai de odoru hibi エリザは泣いていた eriza wa naite ita 憧れた王宮暮らしとほど遠い日々 akogareta oukyuu kurashi to hodo tooi hibi エリザは恐れてた eriza wa osoreteta 義母のしつけと義母派の侍女の冷笑 haha no shitsuke to hahaha no jijo no reishou そんな彼女の唯一の楽しみ sonna kanojo no yuiitsu no tanoshimi 本から得る知 ビザンツ伝来 hon kara eru chi bizantsu denrai 「 黒魔術 ブラックマジック 」 "burakku majikku" 各地戦で帰らぬ夫に kakuchiikusa de kaeranu otto ni 代わりお城を牛耳る 独裁者 義母 kawari oshiro o gyuujiru dokusaisha 苛烈極めたしつけと karetsu kiwameta shitsuke to お城に閉じ込められた oshiro ni tojikomerareta エリザの心は壊れてく eriza no kokoro wa kowareteku 時は流れ憎い義母は死に toki wa nagare nikui haha wa shini エリザの復讐劇は始まる eriza no fukushuu geki wa hajimaru 折檻を超えた鞭の雨あられ sekkan o koeta muchi no amearare 義母派の侍女の粛正始めた hahaha no jijo no shukusei hajimeta その時起こった sono toki okotta エリザに血が付いた eriza ni chi ga tsuita 激しい折檻の末にそれは起こった hageshii sekkan no sue ni sore wa okotta エリザは震えてた eriza wa furueteta かつて無い興奮、恍惚、オルガズムの域 katsute nai koufun, koukotsu, orugazumu no iki エリザは剣を持つ eriza wa ken o motsu 我を忘れ手当り次第にそれを振る ware o wasure teatari shidai ni sore o furu 我に返った足下にはデタラメ肉塊 ware ni kaetta ashimoto ni wa detarame nikukai 1588.。 騒動が大きくなり過ぎてトップニュースになったのである意味かんなぎ騒動より酷い。 ツイステ軍にヴィラン聞かせたら最高じゃね? eriza wa yumemigachi na ohimesama Hi! タイミング悪く作者が急病で倒れた事に対し、多くの大手ニュースサイトが「ファンの誹謗中傷により休載に追い込まれた」と捏造の記事を書いた• エリザはずっと夢の中 コメント• テンプレートを使用した形に整えました。 そこんとこよろしくお願い致します。 色情狂 しきじょうきょう と悪魔狂 あくましょう が「しきじょうま」と「あくまま」に聞こえるのは気のせいでしょうか. 情報を総合するに、ネットで騒動が起こった時点ではすでに発病してしまったあとで、騒動が起こっている最中は「集中治療室の中で寝ていた」らしく、事態を知ったのはかなり後だったとか。 출처 작곡 작사 노래 가사 エリザは夢見がちなお姫さま 에리자와 유메미가치나 오히메사마 엘리자는 몽상가 공주님 Hi! 関連記事 親記事. 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - リクエスト良いですか?スカラにflos、夜に駆ける、POP STARで、サバナでスーサイドパレエド、ビターチョコデコレーションをお願いします! 12月6日 21時 id: - えーとジャミルにボッカデラベリタお願いします! 12月5日 4時 id: - えっと、ボドゲ部にシロクロリバーシ、お願いします! 12月4日 21時 id: - 思った・・・。

>

鉄の処女と夢見がちなお姫さま

14 いよいよここから始まる惨劇 前代未聞の殺戮劇 血が欲しい 若い娘の 이요이요 코코카라 하지마루 산게키 젠다이미몬노 사츠리쿠게키 치가 호시이 와카이 무스메노 결국 이때부터 시작되는 참극, 전대미문의 살육극, 피가 필요해, 젊은 여자의 集めろ集めろ各地の生娘 아츠메로 아츠메로 카쿠치노 키무스메 모아라, 모아라, 각지의 처녀를 血を集めるため執行された殺戮方法多岐に渡る 치오 아츠메루 타메 싯코오사레타 사츠리쿠호오호오 타키니 와타루 피를 모으기 위해 집행된 살육방법, 다양하게 있어 目玉をえぐる、指を切り落とす、腸を剥ぎ取る、下顎外す 메다마오 에구루, 유비오 키리오토스, 쵸오오 하기토루, 시타아고 하즈스 눈알을 파내, 손가락을 잘라내, 창자를 떼어내, 아래턱을 뜯어내 小さな箱の内側刃を敷き詰め娘を押し込み吊るす 치이사나 하코노 우치가와 야이바오 시키츠메 무스메오 오시코미 츠루스 작은 상자 안쪽에 칼날을 설치해 여자를 가둬 넣고 매달아 あらゆる拷問器具の中でエリザが最も愛したそれは余りのむごさと異様な形状で後世に轟く 아라유루 고오몬키구노 나카데 에리자가 못토모 아이시타 소레와 아마리노 무고사토 이요오나 케이죠오데 코오세이니 토도로쿠 갖가지 고문기구 중에서 엘리자가 가장 사랑했던 그것은 너무나도 끔찍하고 기이한 형상으로 후세에 알려진 「 鉄の処女 アイアンメイデン」 「아이안 메이덴」 「 철의 처녀 아이언 메이든」 奉公先の城から帰らぬ娘の噂は街から街へ 호오코오사키노 시로카라 카에라누 무스메노 우와사와 마치카라 마치에 고용되어 간 성에서 돌아오지 못하는 소녀들에 대한 소문은 거리에서 거리로 けれども確たる証拠もない上、名家に楯突くことなどできずに 케레도모 카쿠타루 쇼오코모 나이 우에, 메이케니 타테츠쿠 코토나도 데키즈니 하지만 확실한 증거도 없었기 때문에, 명문가에 맞서지는 못한 채로 ここに勇気ある娘あらわる名前はフローラ 出自はワラシア 코코니 유우키아루 무스메 아라와루 나마에와 후로오라 슈츠지와 와라시아 여기에 용기 있는 소녀가 등장해, 이름은 플로라, 출신은 왈라키아 悪魔の所業を白日にと自ら奉公名乗りを上げる 아쿠마노 쇼교오오 하쿠지츠니토 미즈카라 호오코오나노리오 아게루 악마의 소행을 백일하에 드러내겠다며 스스로 시녀살이를 자처해 鉄ノコ、ロープを衣服の内布縫い付け、死への恐怖と戦い ロザリオ握りしめ 테츠노 코, 로오푸오 이후쿠노 우치누노 누이츠케, 시에노 쿄오후토 타타카이 로자리오 니기리시메 쇠톱, 로프를 의복 안감에 꿰매 넣고서, 죽음에 대한 공포와 싸우며, 묵주를 움켜쥐어 1610年12月30日 ハンガリー王国総監トゥルゾ伯爵の調査隊が城の門を叩く 센롯퍄쿠쥬우넨 쥬우니가츠 산쥬우니치 한가리이 오오코쿠 소오칸 투루조 하쿠샤쿠노 쵸오사타이가 시로노 몬오 타타쿠 1610년 12월 30일, 헝가리 왕국 총감 투르조 백작의 조사대가 성문을 두드려 チェイテの城から逃れた娘が王への告発に成功 체이테노 시로카라 노가레타 무스메가 오오에노 코쿠하츠니 세이코오 체이테 성에서 달아난 소녀가 왕에게 고발하는 것에 성공해 異様な臭気が城内を包み、庭を掘っても壁を崩しても 死体 死体 死体 死体 이요오나 슈우키가 조오나이오 츠츠미, 니와오 홋테모 카베오 쿠즈시테모 시타이 시타이 시타이 시타이 이상한 악취가 성내를 휘감아, 정원을 파헤쳐도, 벽을 부숴도, 시체, 시체, 시체, 시체 逃げることも抵抗もせずに自室にエリザは無邪気に座り 니게루 코토모 테이코오모 세즈니 지시츠니 에리자와 무자키니 스와리 도망치지도, 저항도 하지 않은 채, 자신의 방에서 엘리자는 천진난만하게 앉아 「お待ちしてました伯爵様、今から紅茶をお持ち致します」 「오마치시테마시타 하쿠샤쿠사마, 이마카라 코오챠오 오모치이타시마스」 「기다렸습니다 백작님, 지금부터 홍차를 대접해 드리겠습니다」 後日の法廷でトゥルゾは語る 고지츠노 호오테이데 투루조와 카타루 후일 법정에서 투르조는 말해 「まるで世間を知らない無垢な少女のようだった」と 「마루데 세켄오 시라나이 무쿠나 쇼오죠노 요오닷타」토 「마치 세상 물정을 모르는 순진한 소녀 같았다」고 エリザはずっと夢の中 에리자와 즛토 유메노 나카 엘리자는 계속 꿈속에. -- 名無し 2020-10-09 22:48:16• まとめ等のがクリックさせたい為にやを抽出して記事にし騒動を煽った• かんなぎの単行本が破かれた画像がに出回ったのは事実だが、原作者が2012年4月28日付けの日記で「抗議するような物品は何も送られて無い」と明言した。 Filled Heart by RINさん• この作品大好きです! 12月9日 12時 id: - めちゃめちゃ面白いです! 歌詞修正しました -- 名無しさん 2020-10-05 15:42:49• の発表では「命に関わる大きな病気であったことと、回復に時間がかかったことで、すぐに病名をお伝え出来なかった」と語っている。 14 와레니 카엣타 아시모토니와 데타라메 니쿠카이 이치고하치하치. ichi yon いよいよここから始まる惨劇 iyo iyo koko kara hajimaru sangeki 前代未聞の虐殺劇 zendaimimon no gyakusatsugeki 血が欲しい 若い娘の chi ga hoshii wakai musume no 集めろ集めろ各地の生娘 atsumero atsumero kakuchi no kimusume 血を集めるため執行された chi o atsumeru tame shikkou sareta 殺戮方法多岐に渡る satsuriku houhou taki ni wataru 目玉をえぐる、指を切り落とす、 medama o eguru, yubi o kiriotosu, 腸を剥ぎ取る、下顎外す chou o hagitoru, shitaago hazusu 小さな箱の内側刃を chiisana hako no uchigawa yaiba o 敷き詰め娘を押し込み吊るす shikitsume musume o oshikomi tsurusu あらゆる拷問器具の中で arayuru goumon kigu no naka de エリザが最も愛したそれは eriza ga motto mo aishita sore wa 余りのむごさと異様な形状で後世に轟く amari no mugosa to iyou na keijou de kousei ni todoroku 「 鉄の処女 アイアンメイデン 」 "aian meiden" 奉公先の城から帰らぬ houkou saki no shiro kara kaeranu 娘の噂は街から街へ musume no uwasa wa machi kara machi e けれども確たる証拠もない上、 keredomo kakutaru shouko mo nai ue, 名家に楯突くことなどできずに meika ni tatetsuku koto nado dekizu ni ここに勇気ある娘あらわる名前はフローラ koko ni yuuki aru musume arawaru namae wa furoora 出自はワラシア shutsuji wa warashia 悪魔の所業を白日にと自 akuma no shogyou o hakujitsu ni to mizukara ら奉公名乗りを上げる houkou nanori o ageru 鉄ノコ、ロープを衣服の内布縫い付け、 tetsu no ko, roopu o ifuku no uchinuno nuitsuke, 死への恐怖と戦い ロザリオ握りしめ shi e no kyoufu to tatakai rozario nigirishime 1610年12月30日 senroppyakujuunen juunigatsu sanjuunichi ハンガリー王国総監トゥルゾ伯爵の hangarii oukoku soukan turuzo hakushaku no 調査隊が城の門を叩く chousatai ga shiro no mon o tataku チェイテの城から逃れた娘が cheite no shiro kara nogareta musume ga 王への告発に成功 ou e no kokuhatsu ni seikou 異様な臭気が城内を包み、 iyou na shuuki ga jounai o tsutsumi, 庭を掘っても壁を崩しても niwa o hotte mo kabe o kuzushite mo 死体 死体 死体 死体 shitai shitai shitai shitai 逃げることも抵抗もせずに nigeru koto mo teikou mo sezu ni 自室にエリザは無邪気に座り jishitsu ni eriza wa mujaki ni suwari 「お待ちしてました伯爵様、 "omachi shitemashita hakushaku-sama, 今から紅茶をお持ち致します」 ima kara koucha o omochi itashimasu" 後日の法廷でトゥルゾは語る gojitsu no houtei de turuzo wa kataru 「まるで世間を知らない "marude seken o shiranai 無垢な少女のようだった」と muku na shoujo no you datta" to エリザはずっと夢の中 eriza wa zutto yume no naka External Links• - Off vocal• Warning: This song contains explicit elements Gore ; it may be inappropriate for younger audiences. このむごい歌詞が今回も心に刺さりました!うごメモがまた味を出していて好奇心を刺激させましたね -- 名無し 2020-08-13 18:24:43• 時は16世紀 舞台はルーマニアのニートテ地方 小高い丘にそびえる居城 惨劇の舞台 チェイテのお城のお姫さま 後世に伝わる記録で殺した娘は600から700人 人類史上最大の殺戮女王エリザがこの城嫁いだ御年 おんとし 15 無垢な箱入りお姫さま エリザの血統バートリ家はトランシルヴァニアの名門貴族 一族に小児狂、色情狂、悪魔狂、異常な親類その血を辿ると 「あの男」がいる エリザは夢見てた ドレスに宝石、舞踏会で踊る日々 エリザは泣いていた 憧れた王宮暮らしとほど遠い日々 エリザは恐れてた 義母のしつけと義母派の侍女の冷笑 そんな彼女の唯一の楽しみ 本から得る知 ビザンツ伝来 「黒魔術」 各地戦で帰らぬ夫に代わりお城を牛耳る独裁者 義母 苛烈極めたしつけとお城に閉じ込められた エリザの心は壊れてく 時は流れ憎い義母は死にエリザの復讐劇は始まる 折檻を超えた鞭の雨あられ義母派の侍女の粛正始めたその時起こった エリザに血が付いた 激しい折檻の末にそれは起こった エリザは震えてた かつて無い興奮、恍惚、オルガズムの域 エリザは剣を持つ 我を忘れ手当り次第にそれを振る 我に返った足下にはデタラメ肉塊 1588. -- 名無しさん 2020-10-27 09:50:54• 爆発的ヒットだぜ -- 名無しさん 2020-10-27 14:57:50. 追加ありがとうございます!これうごメモなんだぜ??ヤバイ -- 名無しさん 2020-08-10 19:26:49• The Vocaloid Lyrics Wiki attempts to follow the , and thus will not host lyrics which are extremely sexual, violent, or discriminatory in nature. おおおお追加乙です -- 名無しさん 2020-08-08 22:24:00• 相色delighted by 混沌のKeyさん• 鉄の処女に読み仮名を追加しました -- 名無しさん 2020-09-02 00:33:46• なので、せっかくならそんな怖い事に詳しい夢主作っちゃおうと思いまして. 第三十六幕において「にがいた?という描写があった」ことが騒動のきっかけではあるが、それも「の言い分」にとどまっているので、先を読まないと何とも言えない。 追加ありがとうございます -- 名無しさん 2020-09-09 13:12:53• People diagnosed with photosensitive epilepsy, or have a history of seizures should be especially careful. ボカロの考察とかも大好きです。 悪のシリーズを歌わせたらやばい。

>

鉄の処女と夢見がちなお姫さま (Tetsu no Shojo to Yumemigachi na Ohimesama)

まさかまさかのコラボ…!嬉しすぎる 動画も曲も最高 -- 名無しさん 2020-09-09 16:06:39• リンリンシグナル by Dios/シグナルPさん• 追加ありがとうございます!じょるじんさんの曲すき… -- 名無しさん 2020-08-09 14:57:20• 次回よりを参考にしていただけるようお願いします。 。 。 。 。 。

>

鉄の処女と夢見がちなお姫さま 歌詞『じょるじん(暗黒童話P)』

。 。 。 。 。 。 。

>

철의 처녀와 몽상가 공주님

。 。 。 。 。 。 。

>