前門 の 虎 後門 の 狼 由来。 「前門の虎後門の狼」とは?意味や使い方をご紹介

【前門の虎後門の狼】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

前門の虎後門の狼にならないよう、選挙戦は全力でがんばろう 大きなトラブルが続けて押し寄せてくる、前門の虎後門の狼。 A precipice in front, a wolf behind. 前門の虎後門の狼とはこのことを言うのか。 前門の虎後門の狼の由来 前門の虎後門の狼という故事成語は、中国の評史という書物から生まれた言葉です。 接近-回避型…魅力的なものと避けたいものが同時ある状況。 たとえば、トラは長距離を移動できる動物ではありますけれど、「虎は千里行って千里帰る」の諺を実践するのは、さしものトラでもとうてい無理です。 諺に曰く、前門に虎を防ぎ後門に狼を進むとは、此を之れ謂うか。 出典 故事成語を知る辞典 故事成語を知る辞典について. 前門の虎後門の狼はそんなを狙う、とても後味の悪い言葉です。

>

一難去ってまた一難

獲物から見れば、前に待ちかまえるのはトラ、後ろから追いかけるのはオオカミ、という構図と言えるかもしれません。 難波大助は山口県の生まれで父は衆議院議員であったが、バクーニンやクロポトキンの著書を読み、次第に無政府主義者となった。 まとめ 「前門の虎後門の狼」とは「災難から逃れたあとに別の災難にあうこと」を意味することわざです。 トラは待ち伏せ型の狩りをします。 前門の虎後門の狼というけれど、まさに今絶体絶命の危機に陥っている。

>

前門の虎、後門の狼とは

クレームが殺到していて、売り上げはどんどん減っているなんて、会社は今 前門の虎後門の狼のピンチに陥ってしまった。 初出は明代の学者趙弼『評史』中の句「諺曰、 前門拒虎、後門進狼、此之謂与」とされる。 7日は早くも立冬です それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください!. 天使の宮殿には五門、諸侯には三門あり、その最も奥にある門の名。 そういう時は冷静になって問題を解決してください。 これじゃあ、 前門の虎後門の狼だよ。 元々は、中国の元代の学者である趙雪航(趙弼)の記した書「評史」にある「前門に虎を拒ぎ後門に狼を進む」に由来するもので、前後から獰猛な虎と狼に挟み撃ちされては、どんな勇者であっても太刀打ちできないことを意味します。 「前門の虎後門の狼」の使い方と例文 「前門の虎後門の狼」は災難が続く状況で使う 「前門の虎後門の狼」は災難が続く状況で使用されます。

>

前門の虎 後門の狼、本来の意味は?【ことば検定プラス】 答え林修

【注釈】 「一難」の「難」は困難や災難の意味で、ほっとする間もなく続いて別の難が襲いかかることをいう。 前門の虎後門の狼 【読み方:ぜんもんのとらこうもんのおおかみ、分類:故事】 前門の虎後門の狼は、一つの災いを逃れても、また別の災いに遭う(もう一つの災難が襲ってくる)ことの喩えをいいます。 「前門の虎後門の狼」以外の表現を使いたい場合は、類語の「一難去ってまた一難」や「前虎後狼」へ言い換えが可能です。 類義語には「一難去って、また一難」や「袋のネズミ」「泣きっ面に蜂」「虎口を逃れて、竜穴に入る」「」などの言葉があります。 1つ目の「病気」という災いから逃れられた次の日に、「事故」という災いがふりかかっている状況はまさに「前門の虎後門の狼」と言えます。

>

「前門の虎後門の狼」の意味とは?由来や類語・例文も解説

「前門の虎後門の狼」の例文• 中国語において、「」はもっぱら「一難去ってまた一難」の意。 前門の虎、後門の狼である。 「前門の虎後門の狼」の意味とは? 「前門の虎後門の狼」の意味は「災難から逃れたあとに別の災難にあうこと」 「前門の虎後門の狼(ぜんもんのとらこうもんのおおかみ)」とは「1つの災難から逃れたと思ったら、別の災難に見舞われること」を意味することわざです。 接近-接近型…魅力的な2つのものから、1つを選ぶ状況。 トラブルや大きな嵐が通り過ぎたあとに、新たな難問が押し寄せてくる。 (大辞泉より) 緑 はというと、「千本もとは拷問の鬼かい」 「相当な力技」と林先生 【ことば検定プラス】答えの解説 ここから答えの解説です。 「挟みうち」という意味での使用は誤用 「前門の虎後門の狼」を「挟みうちされる」という意味で使用するのは誤用です。

>

「前門の虎後門の狼」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

当時関東大震災の混乱の中に亀戸事件・甘粕事件・朝鮮人虐殺事件が相次いで起こり、当局の社会主義者に対する弾圧は激しく、彼は遂にその最大の敵であると信じた天皇の暗殺を企てた。 災いから逃れられたと思ったそばから、災いがふりかかる様子を表せます。 『昭和遊撃隊』 由来・語誌 [ ] 「前門に虎を拒ぎ後門に狼を進む(又は「進ましむ」)」の略形。 前に絶壁、後ろに狼• どちらを食べようか?• なお、本故事と似たようなものとして、「虎口を逃れて竜穴に入る」「火を避けて水に陥る」「」「禍去って禍また至る」「追っ手を防げば搦め手へ回る」などもあります。 前門の虎後門の狼という危機を乗り越えらえるように、普段から気を付けて生活をしたいものですね。 この逸話をもとに生み出されたのが、前門の虎後門の狼ということわざです。 前門の虎後門の狼まとめ ひとつのピンチやトラブルが通り過ぎると「ああ良かった」とほっと胸をなで下ろしたくなるもの。

>