ラスト キング オブ スコットランド。 映画「ラストキング・オブ・スコットランド」(2006) 感想とレビュー

ラストキング・オブ・スコットランド

初めはウガンダの国民のためを思い行動していて、独裁者になるなんて思ってもなかったんだろうなぁ。 アミンの手当をするニコラス。 しかし、暗殺未遂等、次第に周りを信じることができなくなり、虐殺、粛清とユーモアに富んでいて、優しかったアミンが独裁者として暴走していく様は怖かった。 そして劇中に出てくるスコットランド人の白人青年以外すべて 実際に起きた出来事で、アミンが大統領だった政権下では述べ 30万人以上の自国民が粛清されています。 確かに、どういう立場で描いたのかよくわからない話よりはずっと信頼できそう です。

>

ラストキング・オブ・スコットランド

ジョナ・ワスワ - スティーブン・ルワンギエジ()• 今さらながら過去を遡ると、最初に彼を見たのは だった。 ニコラスは、気になっていたワスワのことを話すのであった。 原作はの小説『スコットランドの黒い王様』(原題: )。 同じイングランドという国に抑圧され、ウガンダは1962年に独立するも、建国時の未熟な社会主義体制の影響を引きずり内政は未だ迷走中、一方のスコットランドは独立は果たせていないものの、その機運は年々高まり続けています。 toikunにとっての青春だったジリアンを見ることが出来て、それもまたよかった。

>

ラストキング・オブ・スコットランド

君は殺されて当たり前の人間だ。 自己紹介でスコットランド人だというとスコットランド人はイングランド人と勇敢に戦ったと気に入られ、将軍の軍服と下着に着ていたスコットランドのTシャツとを交換する。 地図でいうとイギリスの上のあのギザギザのところ。 ケイから、一夜の男女の関係の結果の妊娠を伝えられるニコラス。 彼は大統領の家に着いた。

>

ラストキング・オブ・スコットランド

独裁者アミンの怪物性を探究するなら、そのものずばりのドキュメンタリーを作ればいい。 だからかえってものすごく恐ろしくなるんだ」 とは正に、アミンに投影された 自らの愚行に対しての言葉の様に感じます。 当時のアフリカは(今もかも)この精神が根付いてしまっていたんだなと思った。 ウガンダのアミン大統領の話です。 国情をよく知らないままウガンダに渡ると、の軍によるでをクーデターで失脚させたイディ・アミンが大統領になったところだった。 何とクレバーでスリリングなサスペンス映画だろうか!(高橋諭治) (外部リンク) 2007年3月8日 更新. ここまで厭な気分にされられる映画は希です。

>

ラストキング・オブ・スコットランド

ニコラスが逃げた事を知ったアミンは黙ったまま飛び立った航空機を眺めていた。 その後、大統領アミンはスピーチを行った。 第64回ゴールデングローブ賞主演男優賞 第79回アカデミー賞主演男優賞. あらすじ 1971年、スコットランドの医学校を卒業したニコラス(ジェームズ・マカヴォイ)は、診療所で働くためにウガンダにやって来る。 一晩を大統領邸で明かすことにしたニコラスを、大統領の配下の者が呼んだ。 大統領アミンが用があるという。 つまりはこの 『ラストキング・オブ・スコットランド』とは、、 純粋な想いからの既存の環境、体制への反発をし抜け出そうとしている純粋な青年ニコラス、アミン二人共の事を指していて、結局は本当の意味での自立、独立が出来ずにいる二人を メタファ的に揶揄し 「ラストキング」と称している気がします。

>

ラストキング・オブ・スコットランド

こうして彼はウガンダ行きを決めるが、このように彼の冒険心とは漠然としたものであり、そこがと違えば何処でもよかった。 生きてアミンの実情を世に知らせてくれ。 出席して、本当にままに適当に話したニコラス。 ニコラスがアミンと決別し、アミンに言い放つ最後の台詞、 「あんたはまるで子供だ。 一説には30万人とも40万人とも。 、での商品のご購入は自己責任にてお願いいたします。 そんなニコラスの家に一本の電話がかかってきた。

>

ラストキング・オブ・スコットランド : 作品情報

そしてケイはニコラスの子を妊娠、ニコラスは自らの首をしめる事になる。 ニコラスは晩餐会出席のためのスーツを仕立ててもらうために街に出かけた。 ニコラスに関する何もかもを気に入っているアミンであった。 2003年、合併症によりサウジアラビアの病院で死去。 『ラストキング・オブ・スコットランド』は 以下のVODで観賞できます。

>