Yk アクロス。 防錆塗料 ガードセプター(旧:セプター) 製品カタログ

高純度薬品用ステンレス容器 (溶接容器・シームレス容器)

これまでYKアクロスでは、受発注業務において、一部の取引先とのやり取りにFAXを利用してきましたが、テレワークが推進される中、EDIやメールなど電子化も検討してきました。 もう一つには、1916年に山田富五郎商店として創業し、1954年に株式会社となった山富商事株式会社が、同じ年の2012年に1950年に児島商事として創業し、1969年に株式会社となった児島プラスチック株式会社と合併して誕生した株式会社YKイノアスにあります。 合成樹脂部門はFAXの使用頻度が高く、また業務改善に積極的なチームなので、最初に声をかけることにしました」。 専用のアダプタをFAX回線とLANに接続することで、FAX番号を変更することなくサービスを利用することができます。 名をご入力ください。

>

デンカ 来年4月に商社合併、商号を「YKアクロス」に

プラスチック化学品の専門商社。 環境との調和と安全性を考慮したトータル・プランニングで、高品質な素材を提供していきたいと考えます。 潤滑剤トリフローは塗布後速やかに金属表面に拡散し、微粒子化されたPTFEが凹凸面を埋め、 均一な潤滑面を形成いたします。 会社名をご入力ください。 導入の経緯 ひとつの部門だけで1ヶ月に届く発注書は約1500枚 ファイリングだけで毎月40時間のロスが生じていた 同社のFAX電子化の第一歩となった合成樹脂部は、仕入先が約60社、得意先は約300社にも上り、日々非常に多くの企業とやり取りをしている。 さらに溶接部を全線X線にて検査。

>

PTFE系高級防錆・潤滑剤「トリフロー」 ※技術資料進呈 技術資料・事例集 YKアクロス株式会社(旧:菱三商事)

今回導入された部署の1つである「合成樹脂・機能性化学品部門 合成樹脂部」では、約9割の注文書をFAXでやり取りしていました。 たしかな技術、安全で高性能なリチウムイオン電池の開発・製造をトータルサポートします。 TISインテックグループの株式会社ネクスウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:松森正彦、以下ネクスウェイ)は、合成樹脂や精密化学品、建材などの各種原料を扱う商社YKアクロス株式会社(以下、YKアクロス)が、ネクスウェイの『FNX e-受信 FAXサービス(以下、e-受信FAXサービス)』を活用し、テレワークにおいてもFAXを用いた円滑な受発注業務を実現したことを発表します。 社内連絡用にメモを記載できる付箋機能でコミュニケーションもしっかりとれるので、業務に支障も出ていません。 一方で、『e-受信FAXサービス』を導入していた部署はノートPCと携帯さえあれば自宅で業務ができました。 技術資料 ナノインデンテーション試験と材料物性の評価についての 技術資料です。 ここに至りましたことは、ひとえに長年にわたる皆様のご支援とご愛顧の賜物と深く感謝申し上げます。

>

高純度薬品用ステンレス容器 (溶接容器・シームレス容器)

「まず、届いた書類を複合機まで取りに行くのが手間ですよね。 社歴の古い両社ですが、今回の対等合併の精神を踏まえ、新会社の原点をすべてのスタートである1910年とし、この2020年を創業110年の年と定め、全社一丸となって、 引き続きさらなる社業の発展に尽くしたいと思います。 毎日、1人当たり30分~1時間くらいはファイリングに時間を割いていて、私を含め4名が作業していましたから、合成樹脂部だけで毎月少なくとも40時間はかけていましたね」。 潤滑剤トリフローは塗布後速やかに金属表面に拡散し、微粒子化されたPTFEが凹凸面を埋め、 均一な潤滑面を形成いたします。 デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。 導入前の課題 ・ YKアクロスに届く、毎月約1,500枚にも及ぶFAXの注文書を処理する手間が掛かっていた ・ 紙の注文書を整理するだけで毎月40時間ほど掛かっていた ・ FAXを複合機まで取りに行くため、離席時は電話対応ができなかった ・ 問い合わせの際は保管してある紙のFAXの中から該当FAXを探すため、時間が掛かっていた ・ FAXが届くためテレワークを導入した場合でも、社員は交代で出社する必要があった 導入の成果 ・ 運用ルールを見直し、紙ではなく『e-受信FAXサービス』上で注文書の処理を行うことで、電子データ管理へ移行し、処理時の手間を削減できた ・ 紙の注文書を保管する必要がなくなり、保管してある紙の保管場所削減につながった ・ FAXを取りに行くために離席することがなくなり、電話対応に困らなくなった ・ 電子データのため、簡単に検索して情報を見つけられ、問い合わせに対して迅速に対応できるようになった ・ テレワークでもFAXでの注文書を処理できるようになった お客様からのコメント 合成樹脂・機能性化学品部門 合成樹脂部リーダー 大坪様 「『e-受信FAXサービス』上で受信したFAXデータの複製が可能となったことで、わざわざ複合機に移動してコピーする手間もなくなり、担当者間で発注書の回覧も楽になりました。 新着ニュース一覧• そこで、受信したFAXをクラウド上で管理できる『e-受信FAXサービス』を活用することで、物理的に紙のFAXを確認する作業をなくし、負荷なく受発注業務を簡易化することができるようになりました。

>

YKアクロス株式会社本社|Baseconnect

一方で 「FAXが届くから出社せざるをえない」 「FAX受発注業務も在宅勤務(テレワーク)で対応したい」 「FAX注文書の処理を効率化したい」 といったお声もよくお聞きします。 住所 国名 を選択してください。 正しい郵便番号をご入力ください。 当社は、本年2020年4月 、株式会社アクロス商事と株式会社YKイノアスが合併し、さらなる成長とより良い会社を目指すべく誕生致しました。 国内外 必須 国内 海外 郵便番号 必須 郵便番号をご入力ください。 YKアクロス株式会社について YKアクロス株式会社は、合成樹脂や精密化学品、建材をはじめとした各種原料を扱う創業から110年を迎える老舗商社です。 事業所名 事業所名は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。

>

防錆塗料 ガードセプター(旧:セプター) 製品カタログ

1回の往復にそれほど時間がかかるわけではありませんが、いかんせん数が多いので……。 しかし、手法を転換するには大きな手間と時間が掛かるため、従来のFAXを利用する運用を変更するのは困難でした。 ふりがな 必須 姓(ふりがな)をご入力ください。 最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。 名(ふりがな)は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 どうしても離席するタイミングが増え、電話がとれないなどの課題も生じていました。

>

製品・サービス

さらに溶接部を全線X線にて検査。 この樹脂は、電気・電子分野や、自動車分野で急激に需要が伸びており、生産の拡充も視野に入れている。 サンプルご希望の方はお問い合わせよりお気軽にお申し付けください。 設立当初から海外との太いパイプを築き、次々と現地法人を設立し、2016年時点では、香港、タイ、シンガポール、アメリカ、上海、インド等の17ヶ所の販売拠点と、8ヶ所の生産工場、4つの技術サービス拠点を開設している。 安全性が高い仕様となっております。

>

コロナ禍におけるFAX業務効率化を考える座談会&セミナー - FAX業務部門のテレワーク導入&改善のツボ教えます!-

その活動拠点は非常に多く、北海道から九州まで日本各地に20以上の支店や営業所をもち、さらには東南アジア、中国などにもグローバルに展開している。 「私たちのチームの役目は、システムの面から各拠点がより効率的に働ける環境に改善していくこと。 住所 必須 住所をご入力ください。 当社は、本年2020年4月 、株式会社アクロス商事と株式会社YKイノアスが合併し、さらなる成長とより良い会社を目指すべく誕生致しました。 名(ふりがな)をご入力ください。 そこでまずは、合成樹脂部で実証実験をすることに。 FAXで行っている紙の仕分け、追記返信、保管などの業務が効率化できるほか、ペーパーレス化やFAX業務の在宅勤務・テレワーク化が可能です。

>