一般 酒類 小売 業 免許。 通信販売酒類小売業免許を個人で申請する際のポイント

お酒を販売するには(一般酒類小売業免許)

法律上ではとても細かい定めがあるのですが、ここでそれを持ち出してもなかなかわかりにくいと思いますので、大雑把に言いますね。 株式会社設立費用• 添付書類の取得費用(1,200円~) 申請するときには作成する申請書以外に住民票や会社の登記簿(全部事項証明書)などの書類を添付して提出する必要があります。 当事務所は、 、 土地家屋調査士土倉事務所 と同一オフィス内にあるため、業務範囲外の場合でも対応いたします。 この提出がないと、酒類販売業務を行っていないのではないと判断されて、免許が取り消しになってしまうことがありますので、忘れずに提出してください。 日常的には「お酒を卸す」という表現をしますが、酒税法上は実は「小売」をしているにすぎず、一般酒類小売業免許を取得すれば大丈夫という事です。

>

通信販売酒類小売業免許を個人で申請する際のポイント

パイプラインとしてもサポートいたします。 3は、直近の決算の貸借対照表で、繰越の損失が資本金等以上のマイナスになっている場合です。 会社を設立する場合は酒類販売業免許の取得申請にかかる費用とは別に、会社を設立するための費用も必要になります。 特に賃貸オフィスの場合は、通常の賃貸マンションと違って、所有者が貸主本人ではなく、第三者になっている可能性もあり、通常の賃貸借ではなく転貸(いわゆるまた貸し)になっていることがあります。 賃貸であれば、賃貸契約書が必要ですが、その賃貸契約書の内容によっては、使用承諾書等が必要になります。 13 洋酒卸売業免許 (酒類卸売業免許の区分・種類) 洋酒卸売業免許とは、酒税法でお酒(酒類)は15品目に分類されていますが、このうち果実酒、甘味果実酒、ウイスキー、ブランデー、発泡酒、その他の醸造酒、スピリッツ、リキュール、粉末酒及び雑酒のすべて(10品目)又はこれらの酒類の品目の1以上の酒類を卸売することができる酒類卸売業免許です。 また、申請後又は申請の内容により追加書類が必要となることがありますが、 一般的な必要書類を下記に示しておきますので参考にしてください。

>

Q&A

)の業務に引き続き3年以上直接従事した者、調味食品等の販売業を3年以上継続して営業している者又はこれらの業務に従事した期間が相互に通産して3年以上である者。 他所にオフィスを借りる など、いずれにしても申請書類を書いたり添付書類を集める前に方向性を定めておいた方がいいでしょう。 2ヶ月後に担当の指導官から連絡があり、登録免許税の支払いを終えると免許がおります。 通信費• どこで酒類ビジネスを行うのか検討する際の参考にしてください。 2番目の「すぐには作れない」とは、ご自身にサイト構築の知識がなかったり、蔵元に発行してもらう証明書のツテが無かったりすると、時間と費用がかかってしまうからです。 免許取得を考える方の相談に乗ってもくれます。 販売業免許申請書次葉6「酒類の販売管理の方法」に関する取組計画書 添付書類• その他、 記帳義務 、 変更事項の報告 、 会計年度ごとの種類の販売数量等の報告 、 不当廉売・差別対価などの不公正な取引の禁止 、 酒類容器リサイクル法の推進 などがあげられます。

>

通信販売酒類小売業免許を個人で申請する際のポイント

() 申請を進める前に気をつけておきたい3つの注意点 おそらく行政書士の方に申請手続きを依頼しても、 この3点については自分自身で解決しなくてはいけない点です。 2年以内に移転・転居があった場合は、移転・転居前の自治体からの証明書も必要となります。 難しいのは、 インターネットでの販売です。 1.資金(資産状況) 2.経験(申請者の経歴と知識) 「1.資金」については「該当してはならない」内容が、「経験(申請者の経歴や知識)」については「該当しなくてはならない」内容が定められています。 大家さんが口頭で承諾してくれても税務署からは書面で承諾を得るように求められることが大半です。 以上の通り、消費者等に対して原則全品目のアルコールを売る(小売)ことができると書いてあるので、基本的には品目毎の条件というのは付きません。

>

酒類販売業免許の種類・区分について | 酒販免許申請サポートナビ

街中でお酒を積んだトラックから配達員が台車で飲食店にお酒を配達しているのを見かけたことがあると思いますが、これは業務用酒販店です。 (5) 当事務所へのご依頼について 当事務所では、酒類販売の免許申請手続のサポートをしています。 これは法務局に行って取得するか、またはインターネットで取得請求をしますが、 やり方によって取得費用が変わってきます。 弊事務所の料金をご参考にされたい方はをご覧ください。 販売場の所在地がマンションの場合 手引の中には入っていませんが、自宅マンションで通信販売小売業免許を受けようとする際には、マンションの規約に違反していないかを確認される場合があります。

>

一般酒類小売業免許

商標登録をしている必要はありません。 免許の申請者が酒場、旅館、料理店等酒類を取り扱う接客業者でないこと ただし、2とありますが、接客業者であっても国税局長が酒類販売業の免許を付与しても支障がないと認めた場合には、免許を受けることができます。 申請者の履歴書• また、たとえば、外国から輸入して販売する場合に、別に大規模なレンタル冷蔵庫などのスペースを借りた場合なども、別途必要書類や手続が異なることもありますが、ここを保管庫とすることも可能です。 銀行通帳の表紙や1枚めくった名義のわかるページと申請時の残高がわかる最終ペーイのコピーが必要です。 一般酒類小売業免許と通信販売酒類小売業免許で、要件が異なるものもあります。 地方税の納税証明書(都道府県及び市区町村が発行する納税証明書)• これが清酒は4000キロリットル、リキュールは1000キロリットルの場合は、清酒が3000キロリットル以上となっているので、このメーカーの清酒もリキュールも通販することはできません。

>

お酒を販売するには(一般酒類小売業免許)

取引承諾書 卸売業免許の全般について必要な書類になりますが、取引承諾書が必要となります。 一方、同じ自己所有でもマンションでは少々異なります。 酒類販売業免許(いわゆる酒販免許)は、酒類を誰に売るかによって(つまり酒類の販売先によって)「小売業免許」と「卸売業免許」に大別され、さらにそれぞれ酒類の種類、品目、営業方法等によって細分化されています。 土地及び建物の登記事項証明書 登記事項証明書は、全部事項証明書に限ります。 土地及び建物の登記事項証明書(480円~600円) 酒類販売の営業所(店舗または事務所)の土地・建物の登記事項証明書、いわゆる「登記簿」を提出します。

>