ラ リーガ 順位。 ラ リーガ é †ä½è¡¨

サッカー|スポーツ|WOWOW

上位3チームは自動的にへ昇格だったが、2010-11シーズンから上位2チームが自動昇格で3~6位チームがホームアンドアウェイのトーナメント方式によるプレーオフを行い勝ったチームが昇格に変更された。 ただ今季限りでのビジャレアル退団が発表され、元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス氏が監督を務めるカタールのアル・サッドへの加入が噂されている。 国内外でバレンシアとタイトルを争ったのがレアル・マドリードであり、2000-01シーズンと2002-03シーズンにリーグ優勝し、1999-2000シーズンと2001-02シーズンにUEFAチャンピオンズリーグで優勝。 (スペイン語)• 6回,1960,1998,2002,2014,2016,2017• 1回,1964• 2000年にへ移籍したが日本人初のスペイン1部リーグデビューと初ゴールを記録した(スペイン2部ではが1997年に得点を挙げている)。 3回,1962,1964,1981• 歴史 [ ] 「」も参照 全国選手権創設前 [ ] 1872年、のにイギリスからサッカーが伝えられ、それから17年を経た1889年、スペイン初のサッカークラブであるが誕生。

>

【2020

2005年にはに移籍したがデビュー戦で得点を挙げるなど活躍し、チームの1部残留に貢献した。 カテゴリー• スペイン内戦では多くのサッカー選手が犠牲となり、また他国への亡命や身柄の拘束などで選手を失ったクラブが多かったが、アトレティコは合併でチーム力強化を行なった。 1994-95シーズンにはコパ・デル・レイで初優勝し、1995-96シーズンにはスーペルコパで初優勝。 各グループの上位4チームがプレイオフへ進出、新たに18グループに振り分け、それぞれを勝ち抜いた18チームがへ昇格• 5回,1992,2006,2009,2011,2015• ホームでの勝利数 18 はリーグ最多記録を単独で更新した。 5回,1992,1997,2009,2011,2015• 1960年代・1970年代 [ ] マドリード勢の時代とリーグ改編 1961年から1980年まではがプリメーラ・ディビシオンを支配し、この期間だけで14回も優勝した。

>

メッシは2位…今季のラ・リーガで最も多くの決勝ゴールを挙げたのは誰?

5試合で決勝点を挙げるなど、最前線でチームを引っ張った。 1990年代以降、バルセロナは16のタイトルを獲得している。 1950年代 [ ] スター選手の共演 1950年代はとの2強のリーグ支配が開始された時代だった。 セビージャは短期間だが黄金期を迎え、1939-40シーズンと1941-42シーズンに2位となったほか、1945-46シーズンには初優勝を飾った。 70年が経た2007年、バルセロナはスペインサッカー連盟にリーガ・メディテラネアの公式タイトル承認を求めた。

>

【2020

準優勝(注 : UEFAカップ、フェアーズカップ準優勝を含む) 8回• 後任の監督は2001-02シーズンにリーグ優勝し、2003-04シーズンには国内リーグとの2冠に導いた。 13回,1956,1957,1958,1959,1960,1966,1998,2000,2002,2014,2016,2017,2018• エル・ドリーム・チームは、、、、などで構成された。 また、内戦前の戦力が損なわれずに残っていたバレンシアは、1941-42シーズン、1943-44シーズン、1946-47シーズンに優勝を飾り、1947-48シーズンと1948-49シーズンに2位となった。 アレクサンデル・イサク(レアル・ソシエダ/スウェーデン/FW/20歳) 今季リーグ戦成績:37試合出場・9ゴール 昨年夏にレアル・ソシエダの一員となったイサクは、5つの決勝ゴールを記録。 また試合日程の決定権はテレビ放映権を持つメディアプロ社にあり、試合2週間前まで日程が確定しないことがある。 。 1995-96シーズンにはアトレティコ・マドリードが19シーズンぶりのリーグ優勝を飾ったが、アトレティコはこの後長い低迷期に入ることになる。

>

ラ リーガ é †ä½è¡¨

18~20位は自動降格。 1回,1962• それ以外には、コパ・デル・レイで準優勝の経験があった、、の参加が決定し、トーナメント戦を通じてが10クラブ目に選ばれた。 19位• これにより、1977-78シーズンからはプリメーラ(1部)、セグンダ(2部)、セグンダB(新3部)、テルセーラ(新4部)、レヒオナレス(新5部以下、地域リーグ)という構成に変更された。 (2部リーグ)• マドリーの永遠のライバルであるFCバルセロナだが、今シーズンは全く波に乗れていない。 得失点差• 1回,1955• その半分以上にあたる4試合で決勝ゴールを挙げたのがアスパスである。 4グループで各20チーム• 1984年から1996年にかけて、リーガのトロフィーは2強が独占した。

>

リーガ・エスパニョーラ

1回,1955• ルーカス・オカンポス(セビージャ/アルゼンチン/MF/26歳) 今季リーグ戦成績:33試合出場・14ゴール ラ・リーガ初挑戦で、大きなインパクトを残したのがオカンポスだろう。 2回,1971,1983• 1960年代から1970年代にかけて、レアル・マドリードは14のタイトルを獲得し、アトレティコ・マドリードは4つのタイトルを獲得した。 歴史 [ ] 「」も参照 全国選手権創設前 [ ] 1872年、のにイギリスからサッカーが伝えられ、それから17年を経た1889年、スペイン初のサッカークラブであるが誕生。 の、の、の、のとともにの五大プロサッカーリーグを形成している。 へ降格• ただ今季はリーガ新記録となる21アシストをマーク。

>