テドロス なん j。 WHOテドロス事務局長が無能すぎる…。アメリカ脱退でWHO解体なるか?中国に吸収されるか…?

テドロスWHO事務局長の黒歴史ならぬ「真っ赤歴史」を暴露する

エチオピア人民革命民主戦線の党則に「マルクル原理主義」を信奉することが明記されており、明らかに極左政党なわけです。 同州では連邦政府軍と、 州政府を率いるティグレ人民解放戦線(TPLF)の紛争が続いている。 公共の保健機関で働き、2017年から 世界保健機関の事務局長(Director-General)。 その中には、約40,000人の女性を健康増進労働者として雇用し訓練したことが挙げられ、乳児死亡率を2006年には出生1,000人あたり123人の死亡から、2011年の88人まで削減し、医師や助産師を含む健康幹部の雇用を増やした[6]。 テドロスは、アスマラ大学を卒業後、1986年に保健省に入った[4]。 テドロス氏はまた、各国の指導者らに対し、新型ウイルスの流行を自身の政治的利益のために悪用しないよう要請。

>

【コロ速】WHOテドロス事務総長のコロナ提言をまとめた結果www

2009年7月、2年間の任期でAIDS、結核、マラリアと戦うためのグローバル基金(The Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria)の理事長に選出された[7]。 アメリカ脱退でWHO解体なるか?中国に吸収されるか…?まとめ 【来年7月6日付で】米、WHO脱退を国連に正式通知 WHOについて、トランプ大統領は中国寄りだと繰り返し批判していて、改善しなければ脱退を辞さない構えを示してきていた。 136• 基本的な事が守られなければ、悪化の一途をたどる、と警鐘。 まるで映画のよう。 WHOテドロス事務局長が無能すぎる…。

>

テドロスとかいうパンデミック宣言したWHO事務局長「名誉中国人」「中国の犬」「世界中から叩かれてて草」

ムガベ親善大使任命に関する論争 2017年10月18日、テドロスは、ジンバブエの ロバート・ムガベ大統領を、アフリカの非感染性疾患(non-communicable disease)への取り組みを支援するWHO親善大使に任命したことを発表した[60]。 その後はイギリスに留学し、2005年にエチオピアの健康保健機関の大臣に就任し、2012年11月に外務大臣になりました。 虐殺はティグレ州南西部の人口約4万人の町マイカドラで発生した。 たとえば、シカゴ都市圏にはエチオピア国内よりも多くのエチオピア人の医師がいる[15]。 テドロス氏は客観的な調査をせずに、中国政府から報告される死者や感染者の数をうのみにしている」と批判しました。 このように順風満帆なテドロス事務局長が中国に感謝し、露骨に中国寄りのことが記録されているのです。 政権に就いた当初は、支持率も高く、共産党ならではの「甘い言葉」で4つの野党と統合しました。

>

テドロスとかいうパンデミック宣言したWHO事務局長「名誉中国人」「中国の犬」「世界中から叩かれてて草」

その実態は、「プロの政治家」です。 国際的に認められているマラリア研究者、保健大臣として、テドロスは、保健サービスを提供し、主要な結果を大幅に改善したことで、革新的でシステム全体の健康改革を称賛された[5]。 政府軍は28日、メケレに対する攻撃を開始。 つまり中国の人民解放軍の衛生兵のような職位です。 貧困、貧弱なインフラ、世界的な経済状況の悪化という観点から保健省が直面する多くの課題にもかかわらず、健康指標の進展はエチオピアでは「印象的」と考えられていた[5][6][14]。 5,188• 139• 数カ月間に筆者が寄稿した「武漢実験室流出」「人工編集ウイルス」の証拠を、ようやく4月になって、ホワイトハウスがそれを証明するたくさんの証拠を把握してると表明しました。 エチオピア保健大臣としての実績 テドロスは2005年10月にメレス・ゼナウィ首相によって保健大臣(Minister of Health)に任命された。

>

WHOテドロス事務局長の辞任求めネット上で署名活動

その指導部のテドロス事務局長は、中国から巨額の寄付金を受け続け、中国の言いなりに。 テドロスは、隠蔽の申し立てを否定し、彼自身が「土壇場の名誉を傷つける政治工作」と呼ぶものについて「まったく驚いていないが、非常に失望している」と述べた。 781• 米国は、WHOが中国での新型ウイルス発生を当初深刻に受け止めなかったと厳しく批判しているが、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は スイス・ジュネーブでインターネットを通じ行った記者会見で「われわれは初日から、これが誰もが闘うべき悪魔であることを警告してきた」と反論した。 エチオピア政府で2005年から2012年にかけて保健大臣を[2]、2012年から2016年にかけて外務大臣を務めた[3]。 すべては害悪の共産主義から始まることです。 さらには大虐殺まで行いました。

>

WHOテドロス事務局長の辞任求めネット上で署名活動

その中には、約40,000人の女性を健康増進労働者として雇用し訓練したことが挙げられ、乳児死亡率を2006年には出生1,000人あたり123人の死亡から、2011年の88人まで削減し、医師や助産師を含む健康幹部の雇用を増やした[6]。 エチオピア政府で2005年から2012年にかけて保健大臣を[2]、2012年から2016年にかけて外務大臣を務めた[3]。 発起人は、テドロス事務局長の辞任を求める理由について、「事態を過小評価していたことが、感染拡大を防げなかった原因の1つだ」などと指摘しています。 。 176• 106• そのうえで、「WHOは政治的に中立だと思っていたのに、私たちは本当に失望している。 われわれに隠し事はない」と主張。

>