小湊 鉄道 キハ 40。 千葉支社・小湊鉄道 気動車堪能の旅(ツアー)(2021年1月31日~)

【小湊鐵道甲種】キハ40

なんと「キハ5800」の車内も見学できるということで、特別に車内へお邪魔します。 (昭和18年) - 戦時統合政策により、千葉郊外自動車、三日月自動車、笠森自動車、東海合同自動車、越後貫輝、佐藤謙蔵、藤平芳、中村万吾の各社を袖ケ浦自動車に合併。 「キハ5800」と大きく書かれてあります。 (平成8年) - 茂原営業所と大多喜営業所を車庫に格下げし、長南車庫を営業所に格上げする形でバス部を開設。 只見線の風光明媚な風景と合致する緑色・黄緑色のカラーリングが人気ですが、この塗装はあくまで東北地域標準色として登場したものです。

>

小湊鐵道に新たな仲間「キハ40形」

(平成11年)• 奥に見える自動洗車機。 キロ程 運賃(円) キロ程 運賃(円) キロ程 運賃(円) 初乗り1 - 3km 140 16 670 29 1,090 4 170 17 710 30 1,120 5 210 18 740 31 1,150 6 250 19 780 32 1,180 7 290 20 810 33 1,220 8 340 21 840 34 1,250 9 380 22 870 35 1,280 10 420 23 900 36 1,310 11 460 24 930 37 1,340 12 500 25 960 38 1,370 13 540 26 1,000 39 1,400 14 590 27 1,030 40 1,440 15 630 28 1,060 その他の乗車券類 [ ] 10枚分の価格で11回使用可能で、有効期限は1か月 である。 小湊鐵道バス• このたび、当社の鉄道車両とバスをご利用いただくお客様に安心してご乗車頂けるよう、抗ウイルスおよび抗菌対策として光触媒コーティング工事を実施しました。 6100-1976年廃車、6101-1978年廃車• 小湊鐵道株式会社• いずれは上総中野でいすみ鉄道の国鉄型気動車の並びも見られるでしょう。 京成電鉄(現:京成バス)の観光・高速バスも、KaNaCカラーへの統一前は路線バスに準じた塗装であった。 五井機関区の様子、こうしてみるとバラエティに富んできて、これはこれでなかなか楽しげです。

>

小湊鐵道

- の開業に伴い、高速バスの乗り入れ開始。 「小湊鉄道」という社名になったのは、当初はへの参拝客輸送を目的に(現・)を目指して着工されたことからである。 この日は紅葉シーズンでもあり、多くの乗客で賑わっていました。 (現:)を起点とする中長距離路線も拡充され、一時はや、、大多喜街道など千葉市と房総を結ぶ主要道路上を、特急・急行・快速など複数の種別を持つ小湊バスが行き交っていた。 車窓からも地層が見られる箇所がいくつかありました。 高速路線車と塩田営業所の一般路線車は交通系ICカード対応の運賃箱を設置し、一般路線車は中扉にICカードリーダーを設置している。 (平成24年)• 牽引機ともどももうしばらくはその雄姿を拝むことが出来そうです。

>

小湊鉄道の「五井機関区」を見学[気動車ざんまい①]|貴重な車両、貴重なエンジン、注目の譲渡車両

当初は2階建ての新車を製造する予定でしたが、機器の配置や大型バスと同じ定員を確保しなければならないなど制約が大きくなったため苦肉の策が垣間見える車両です。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 親子鉄マスター:本田正博 秋田在住の4児のパパ。 (昭和7年) - 袖ケ浦自動車が小湊鉄道グループの傘下となる。 に鶴舞発電所を廃止してからの買電に切り替え、11月には電気事業をに統合し、小湊鉄道の電気事業は廃止された。 地元ローカル線の小湊鐵道に、その車両が譲渡されると言うもの。

>

【小湊鐵道甲種】キハ40

バス事業においては千葉県内にとどまらず広範な路線網を持ち、良好な業績を維持している。 案内所 車両 [ ] 製、製、製、製の国産4メーカーと、製ののを導入している。 旧日本陸軍が製造したこの貨車、線路の幅に合わせて車輪の位置を変えることができる、今で言う「フリーゲージトレイン」の元祖。 - 千葉みなとループバスでダイヤ改正と経路変更。 しかしに京成電鉄が経営危機に陥り、資産整理のため持株が放出された結果、九十九里鉄道が小湊鉄道株を、また小湊鉄道が社長名義で九十九里鉄道株を持ち合う形態になり、京成電鉄の出資割合は大幅に下がっている。 自分が小湊沿線にきた頃は、まだ五井駅で渡り線が繋がっていたと思いますが、その後撤去されてしまいました。 引用:より その中で土日を中心に運転されるのが「お座トロ浪漫号」というこちらの列車です。

>

千葉支社・小湊鉄道 気動車堪能の旅(ツアー)(2021年1月31日~)

(2年)• 先ほどの機関庫の隣にある、車両の修理点検を行う車庫。 運用上の課題としては、在来車も国鉄キハ20系列ベースですので連結も可能なようですが、2両に留まった場合は重量のあるキハ40形に運用制限が発生するかもしれません。 ドアの調子が悪いのかな?古い車両なので整備も大変そう。 posted by Nikon D500 18-300mmVR キハ40の隣には里山トロッコの姿も見えますね。 これに際してを模したと小型のトロッコが新製された。 はたまた2両は異なる装いとされるのか。 一般路線のほぼ全線が利用できる回数券を、各営業所および車庫、案内所、バス車内などで発売している。

>

小湊鐵道、新型コロナウイルス感染症対策で鉄道・バス車両に光触媒コーティング工事を実施

過去記事にあるように、あのちょんまげバンパーつらら切りは、動画をみてみても、なかった。 キハE130形の団体臨時列車、小湊鉄道キハ200形の貸切車両に乗車など。 参加した皆さんから熱い注目を集めていたのが「キハ40」。 (平成22年)• 写真の奥にみえる小湊鉄道の「五井機関区」を見学させて頂きます。 歴史的大発見だった「チバニアン」の地層が発見されたのは小湊鉄道の沿線。 6月19日に県外移動解禁となりますが、千葉県民としては感染拡大に留意しつつ、この機会に千葉の鉄道の魅力に触れてみたいと思います。

>

小湊鉄道に譲渡された!?私鉄・3セクのキハ40系を紹介

特にアクアラインを経由する発着(・)の路線の需要が根強く、羽田空港発着の各線も堅調に推移している。 なお、市原市はかつては袖ケ浦ナンバーのエリアであったが2020年5月より市原ナンバーが創設された。 引き続き、小湊鐵道株式会社では新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、お客様が安心してご乗車頂ける車内環境作りをしていきます。 EH500やEF65 2101による甲種輸送も話題となりましたが、小湊鐵道五井機関区へ無事到着したので、見学してきました。 だから製造銘板が昭和35年だったんですね。 錦川鉄道もイニシャルは「N」でこれを狙っての譲渡かどうかはいまだ不明です。 キハ40系列は北海道から四国・九州まで幅広く運用された実績があり、既に様々な塗装が実現しています。

>