ソーイング 竹内。 SDGsへの取り組み|株式会社ソーイング竹内

株式会社ソーイング竹内(兵庫県多可郡多可町)の企業情報詳細

<環境経営理念> 社会の持続可能な目標が世界の共通認識になりつつある中、企業の果たすべき役割が年々高まっております。 社外から講師を招き、年間6回程度の社員研修も実施するなど、人としての成長を促進させるとともに、次世代を担う若手への教育支援を行なっています。 【主な災害準備】 ・防火シャッター設置 ・放水訓練実施 ・食料備蓄 ・自家発電用ソーラーパネルと蓄電設備設置 株式会社ソーイング竹内 兵庫県多可郡多可町中区糀屋90 災害備蓄用マスクと自社製作マスクを多可町へ寄贈 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻となる中、ソーイング竹内ではこれまで培ってきた技術と蓄積してきた経験を活かし、布製マスクの生産を開始。 環境法規制及び、当社が定めたその他の要求事項を遵守します。 宿泊施設に関する情報はから提供を受けています。 その他にも、業務に関わるすべての工程で環境に配慮した活動計画を定め、地球環境に優しい企業を目指し、SDGs達成に向け全社員で取り組んでいます。 gooタウンページをご利用していただくために、以下のブラウザでのご利用を推奨します。

>

株式会社ソーイング竹内

ソーイング竹内はこの目標に賛同し、国際的に合意された目標であるSDGsの達成に向け、事業活動とCSR活動を通じて持続可能な未来の実現を目指します。 ・エコアクション21とは エコアクション21認証・登録制度は、広範な中小企業、学校、公共機関などに対して、「環境への取組を効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価し、報告する」ための方法として、環境省が策定したエコアクション21ガイドラインに基づく、事業者のための認証・登録制度です。 SDGsへの貢献 SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された17のゴール・169のターゲットから構成されている国際目標です。 エネルギーや資源の使用を最小化し、二酸化炭素の削減に努める• 地域の環境活動を積極的に行い、近隣エリアの避難所としての役割も担います。 <環境保全への行動指針> 1. これらの実績と継続意思が認められ、 2004年には(財)地球環境戦略研究機関より「エコアクション21」の事業所として認定されています。 社内施設を利用した裁縫教室の実施 ソーイング竹内では、地域の皆様に自社内の施設・設備・資材を提供し、定期的に裁縫教室を開催しております。 働きやすい職場環境づくり ソーイング竹内は、過疎化の進む兵庫県・播州エリアの産業を存続させるためにも、若者が未来を創造できるような「まちづくり」活動の一翼を担うべく、チャレンジを続けています。

>

株式会社ソーイング竹内 (多可郡多可町|縫製加工業

Microsoft Internet Explorer 11. 社員みんなが同じ方向を向いて活動するには、モチベーションの維持も大切だと感じているので、百貨店での販売状況などを営業から積極的に報告させ、モチベーションを含め製品づくりの責任感を持って仕事に取り組む体制づくりをしています。 地域の清掃など土曜日に行っているため、最初の頃は社員からの反発もあったように思います。 「環境にやさしい工場」から 「環境にやさしい製品」の提供を目指し、以下の取り組みを進めます。 ソーイング竹内は設立当初から、公的検査機関のご指導・ご協力の下、染料などの原材料や廃棄処理方法において、環境に配慮することに注力した生産活動を続けています。 ・本社工場屋根設備 太陽光発電設備(27. 社屋に自家発電用ソーラーパネルを設置し、避難所としての設備の充実も図っています。 8KW) 京セラ社製パネル使用 地場産業の活性化と職場環境の改善 私たちソーイング竹内は、兵庫県・播州地方の地場産業である「播州織」を軸に新たな事案に挑戦し、メイドインジャパンの高品質な製品を世界に広げていきます。

>

株式会社ソーイング竹内(兵庫県多可郡多可町)の企業情報詳細

また、社内施設を利用した裁縫教室の実施、近隣の 播州糀屋稲荷神社への活動協力など、様々な取り組みを通して多可町の企業として地域活動を推進しています。 「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、世界中の企業や政府、地域に対して広く協力を要請しています。 また、ソーイング竹内では高い品質を維持するために、社外の公的検査機関を活用し、 より安心・安全な商品を提供できるよう努めています。 写真は毎月行っている周辺地域の清掃活動の様子で、全社員で定期的に周辺地域の道路や田、畑、溝などを清掃しています。 この地が生んだ伝統技術と最新機器を合わせることにより、世界で愛される高品質な製品を産みだしているのです。 その他にも、業務に関わるすべての工程で環境に配慮した活動計画を定め、地球環境に優しい企業を目指し、SDGs達成に向け全社員で取り組んでいます。 資源の有効活用• 地域社会への貢献 ソーイング竹内は、拠点を置く多可町中区糀屋と 「災害時における事業所の施設利用に関する協定」を締結しています。

>

株式会社ソーイング竹内 (多可郡多可町|縫製加工業

ソーイング竹内は、開発・生産活動の環境への影響を的確にとらえ、継続的改善と環境汚染予防を図っていきます。 クリーンエネルギーの促進 世界全体が「環境」に注目している現代ですが、当社エコ事業部では地球温暖化対策を真剣に考え、これからの新しいクリーンエネルギーを促進するため、太陽光発電システムの設置に取り組んでいます。 今行っている活動を通じ、社員をはじめ周りの方が『当たり前のことが、当たり前にできる』というような人になってもらえればいいなと思います。 災害時の救命活動に従業員全員が対応出来るよう、今後も定期的に講習を実施して参ります。 さらに、太陽光発電によるクリーンなエネルギーを効率よく使うため、蓄電池を利用して社内や工場内の電気を自給自足しています。 未来を担う子どもたちの新型コロナウイルス感染症対策に役立てて頂ければと思います。

>

株式会社ソーイング竹内

さらに、太陽光発電によるクリーンなエネルギーを効率よく使うため、蓄電池を利用して社内や工場内の電気を自給自足しています。 2018年には若者や子育て世代の女性をはじめとした、全ての方々が夢を持って働けるよう本社工場をフルリニューアル。 廃棄物の削減と管理• ソーイング竹内の環境方針• 会社概要 社名 株式会社ソーイング竹内 本社所在地 〒679-1133 兵庫県多可郡多可町中区糀屋90 TEL. 現在は多可町と定期的に話し合いの場を設け、行政と連携して何かできることはないかと模索しているところです。 その後も継続して職場環境の改善に取り組んでいます。 これは、有事が発生または発生が予想される場合に、緊急避難場所として弊社施設を活用し、地域住民の安全を確保することを目的とした協定です。 自家発電用ソーラーパネルと蓄電設備の設置による二酸化炭素の削減 環境に配慮した活動計画 ソーイング竹内は設立当初から、公的検査機関のご指導・ご協力の下、染料などの原材料や廃棄処理方法において、環境に配慮することに注力した生産活動を続けています。

>

会社概要|株式会社ソーイング竹内

また、弊社社屋が有事の際の地域避難所に指定されていることから、自社で不織布マスクの調達を進めておりましたが、新型コロナウイルス感染症対策に役立てて頂ければと、2020年4月6日、社内備蓄分と合わせて5,000枚を多可町へ寄贈させて頂きました。 社員の環境意識の高揚を図り社会貢献をより意識した行動を行います。 今後もそういう姿勢で、社内の信頼関係を築いていきたいと考えています。 しかし、徐々に意識も変わり、今では清掃に限らず、社員みんなで同じ方向を向いて様々な活動ができるようになりました。 グルメクーポンサイトに関する情報はから提供を受けています。

>

株式会社ソーイング竹内

また、約20年前から全国有名百貨店のエコバッグ製作を担うなど、いち早く環境配慮型商品を製作し、実績を積み重ねてきました。 播州織の技術を最大限に活かし、すべての工程で一切妥協しない 「本物のメイドインジャパン」を追求することで、これからも播州エリアにおける繊維業の技術力と品質の高さを世界に発信していきます。 Copyright C 2020 All Rights Reserved. エネルギーの削減• 地域の皆様に、縫製により興味を持っていただき、ものづくりの楽しさ・喜びを感じていただくために、 縫製が比較的簡単で取り組みやすく実用的なバッグ・ポーチ・巾着などを作製のテーマとして、 今後も企画・実施して参ります。 また、働く環境が整い難い方々にも仕事(内職等)を提供し続けるなど、特に女性やシルバー世代に働きやすい環境づくりにも注力しています。 廃棄物排出量及び総排水量の削減・再資源化• 参加される地域のお母さん世代の方々が、弊社の業務を知ることで、子育てから復帰される時期に「働いてみようかな」と前向きに仕事復帰を考えるきっかけにもなっているようです。 今後も引き続き、従業員の環境意識や節電への関心を高めるだけでなく、災害時の電力確保、エコ対策等を通して社会に貢献していきます。

>