外壁 塗装 ウレタン 塗料。 木造外壁を塗装するポイントとは?

ウレタン系塗料の特徴とは?外壁塗装の前に知っておきたい基本知識

上の図をみると、やはり若干ウレタン塗料よりもシリコン塗料の方が、光沢保持率は高いことが分かります。 シリコン塗料とは シリコン塗料とは、合成樹脂やシリコン系樹脂を主成分とする塗料のことです。 素材の表面に塗膜を作る塗料 木造住宅には他の住宅と同様、素材の表面にくっついて塗膜を作る塗料も多く使われます。 塗装価格が高くても相場価格の範囲内であれば、塗装業者のこだわりとして高品質を目指しているのかもしれません。 しっかりと疑問をぶつけて納得の塗り替えを実現してください。 これにより、耐久年数に違いが出ます。 2-3.油性1液型のタイプの特徴 1液型は、1種類の塗料を使用するタイプになります。

>

木造外壁を塗装するポイントとは?

慣れない業者だと失敗しやすい 2液型の硬化剤の扱いに慣れていないと、塗装に失敗しやすいという心配があります。 一部では「外壁塗装で使う塗料のグレードはすべて同じものを」といわれていますが、建材と塗料の相性を考えれば、 建材に応じて塗料を使い分けるのがベストです。 これは極力避けなければならないことです。 また、雨の日でも施工ができますので外壁塗装をスケジュール通りに完了させてほしいなどの要望がある方にもおすすめです。 繊維製品(ジャージ、水着)• 外壁よりもずっと短いのは、屋根の方がより過酷な状況下にあるからです。

>

ウレタン塗装の特徴は?メリット・デメリットを解説

壁を触れば白い粉…外壁劣化のサインですよ!建物の劣化は仕方ないと思いますが、放置をすれば、ますます劣化の一途を辿るのみ。 塗料の種類 平米単価 ウレタン塗料 1,700円~2,200円 シリコン塗料 2,300円~3,500円 シリコン塗装の価格はシリコン塗料が出始めたころに比べ各段に下がっています。 ひび割れしにくい• 弾性とは、衝撃が加わっても元に戻ろうとする力のことで、ゴムやスポンジなどが弾性を持つ素材として知られています。 そのため、年数が経過したとしても、塗料が剥がれにくいです。 シリコン塗料、ウレタン塗料ともに良い物から悪い物まであり、少しでもシリコンが入っているだけでシリコン塗料として売り出す業者も塗料メーカーも存在します。 弾性があり伸縮性に優れているため、外壁の他にも雨樋や塩化ビニール製品、木材などの細かい部分の塗装にも向いています。 ただし、オイルやシンナーのような溶剤臭が強く、人体に害を及ぼす危険性があるため、使用の際には注意が必要です。

>

【どっちがいい?】シリコン塗料とウレタン塗料の違いと選び方

種類豊富なウレタン系塗料! さまざまな付加価値があります 一口にウレタン系塗料といっても、その種類はさまざまです。 ウレタン塗装の特徴は何か。 紫外線に弱い(変色しやすい)• 伸縮性に優れる。 同グレード(樹脂)の塗料で比較する• しかし、 それでもウレタン塗料とシリコン塗料のどちらで外壁塗装を行えばいいのか悩む方は多いです。 そのため、外壁塗装の際に、最も選ばれている塗料です。 シリコン塗料よりも価格が安い• 弾力性があり使いやすい、などです。

>

【どっちがいい?】シリコン塗料とウレタン塗料の違いと選び方

試験結果はJIS A6909耐候形1~3種というようにJIS規格で定められています。 3.ウレタン樹脂塗料の艶有り ツヤアリ と艶消し ツヤケシ の比較 ウレタン樹脂塗料には、艶(つや)が有るタイプとと艶がないタイプがあります。 日当たりが良すぎる、大きな道沿いで振動があるなど、ヒビ割れができやすい環境にある場合は、同じシリコンでもヒビ割れができにくい、弾性塗料を選んだ方がよいかもしれません。 おそらくほとんどの業者さんはシリコン含有量は気にせずに塗料を使っています。 色はクレームが生じやすいと想像できます。

>

【外壁塗装】ウレタン塗料の特徴や価格:シリコンとの違い|スマイルカラーズ!あなたのお家を笑顔にします!

現在では、数多くの一般住宅にも塗られています。 私共がコンテンツを作成・監修しています!. シンナーを使わないため、初心者でも安全だからです。 そのため、 あなたが知識をつけることで、誤った塗料を使われることを防げます。 塗料(ウレタン樹脂塗料)• 身近なところで感じるウレタン塗装 ウレタン塗装は生活の身近なところでも利用されています。 このように、価格や耐用年数、使用用途などを考慮した上で、ウレタン塗料とシリコン塗料のどちらが適切かを判断するようにします。 お手元に見積書があればそれも適正か診断します。

>