国文学 研究 資料館。 研究者一覧

館蔵和古書目録データベース

科学教育局人文科学研究課が以降の収集事業に着手。 書籍史料論の構築 AIDA Mitsuru 准教授 中古・中世日本文学、幼学書を中心とする学問・注釈学、説話文学、人文情報学 AOKI Mutsumi 准教授 史料保存に関する研究 AOTA Sumi 准教授 日本近代文学、特に明治大正期の評論・小説の研究 OTA Naohiro 准教授 近世日本における地域行政の研究、近世史料学の研究 KATO Kiyofumi 准教授 近代以降の東アジアと日本との関係 KIGOSHI Shunsuke 准教授 日本近世文学、特に小説史の研究 DAVIN Didier 准教授 中世仏教と文学 NISHIMURA Shintaro 准教授 近世日本における天皇・朝廷・身分研究、民間所在資料の保存・ 利活用に関する研究 NOAMI Mariko 准教授 日本近代文学、長編小説の研究、日本近代における東西古典の受容 NOMOTO Tadashi 准教授 国文学研究における情報利用の高度化に関する研究 YAMAMOTO Yoshitaka 准教授 日本漢文学、特に江戸・明治期の漢詩文 本多 啓介 HONDA Keisuke 特任准教授 EDO Hideo 助教 中古文学、特に物語文学の研究 OKADA Takanori 助教 平安時代物語・日記文学の研究 ノット ジェフリー KNOTT Jeffrey 助教 中世における古典学・古典文学の受容史研究 ARISAWA Tomoyo 特任助教 日本近世文学、特に江戸戯作の研究 粂 汐里 KUME Shiori 特任助教 中世末期・近世初期の日本の語り物文芸(幸若舞曲、説経、古浄瑠璃)の研究 木村 晶子 KIMURA Akiko プロジェクト研究員 志田 達彦 SHIDA Tatsuhiko プロジェクト研究員 菅原 一 SUGAHARA Hajime プロジェクト研究員 髙木 まどか TAKAGI Madoka プロジェクト研究員 張 培華 ZHANG Peihua プロジェクト研究員 堀内 暢行 HORIUCHI Nobuyuki プロジェクト研究員 古典籍共同研究事業センター YAMAMOTO Kazuaki センター長 併任 19世紀文学の研究 KITAMURA Keiko 准教授 人文科学分野を対象とする情報科学理論の研究 宮本 祐規子 MIYAMOTO Yukiko 特任准教授 日本近世文学、特に小説・演劇の研究 IGURO Kahoko 特任助教 中世から近世初期にかけての絵巻・絵入り本に関する研究 MATSUDA Kuninori 特任助教 人文学におけるコンピューター利用に関する研究 情報事業センター 幾浦 裕之 IKUURA Hiroyuki 国際連携部 機関研究員 岩田 芳子 IWATA Yoshiko 学術資料事業部 プロジェクト研究員 鵜澤 瑞希 UZAWA Mizuki 学術資料事業部 プロジェクト研究員 梅田 径 UMEDA Kei 学術資料事業部 プロジェクト研究員 加藤 詩乃 KATO Shino 学術資料事業部 プロジェクト研究員 北林 茉莉代 KITABAYASHI Mariyo 学術資料事業部 プロジェクト研究員 金 有珍 KIM Youjin 学術資料事業部 プロジェクト研究員 工藤 隆彰 KUDO Takaaki 学術資料事業部 プロジェクト研究員. 『国書総目録』(岩波書店刊)の継承・発展を目指して構築した、いわば「新国書総目録」ともいうべきもので、古典籍の書誌・所在情報を著作及び著者の典拠情報とともに提供します。 史料管理学研修会開始。 このデータベースの著作権は、作成責任者である当館が保有しています。 が国語・国文学研究資料センターの設置を政府に勧告。

>

国文学研究資料館

マイクロフィルムの複写申込については、下記「マイクロ資料」をご確認ください。 研究内容 [ ] 日本文学および関連分野の諸課題に対応した基幹研究、研究プロジェクト及び共同研究を行う。 本稿ではに研究資料館の附置組織から内部組織に統合された「 史料館」( 文部省史料館・ 国立史料館)についても併せて述べる。 1資料につき100コマ以上の複写を含む申込みは業者委託となり、委託業者からの複写物納品・料金請求となります。 (1993-)• Image data Limited to those of the National Institute of Japanese Literature on this site are licensed under. [B] 文献資料ワークショップについて 概要:各2時間のワークショップは、異なるカテゴリーの文献資料(巻物、写本、絵巻、版本など)に焦点を絞り、それぞれの分野の専門研究者が研究資料の調査方法について説明した上で質疑応答を行います。 また、データベース作成には人間文化研究機構本部の助力を得ました(人間文化研究資源の共有化推進事業)。

>

江川家文書データベース

立川市移転を機に日本文学部門・歴史部門は統合され、所蔵史資料も再編された。 備考: 各セッションは日本語を使用言語として行われます。 5月 敷地内に国立国文学研究資料館が創設され、「国文学研究資料館史料館」に改称・改組。 「国立国文学研究資料館史料館」から「大学共同利用機関法人人間文化研究機構国文学研究資料館」(日本文学部門・歴史部門)となる。 文献資料に関する一般的な説明と、具体的な事例を用いた説明を行います。 事実上国文学研究資料館が文部省史料館を組み入れた形になっていたものの、国文学研究資料館と史料館は設置の根拠法令が異なり、機関としては別であった。 館長 [ ] 文部省史料館 [ ]• なお、混雑時には、セルフコピーの受付終了時刻を早める場合があります。

>

国文学研究資料館

検索結果の利用に際しては、資料所蔵者・データベース作成者等の権利にご配慮下さい。 なお、画像データについては、 原資料の所蔵先が国文学研究資料館のもののみ、「クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4. 事業内容 [ ] 日本文学及び関連分野の研究基盤の整備と社会への還元を行う。 アーカイブズ関連専門機関従事者および大学院生を対象としている。 資料複写申込書に記入の上、複写箇所の最初と最後に付箋を挟んだ資料と一緒に複写受付に提出してください。 跡地は品川区が取得しとして2月開園。 典拠情報は、『国書総目録』(補訂版 1989~1991)、『古典籍総合目録』所収のすべての著作・著者、及び、これらの目録刊行後に追加した著作・著者を収録しています。 5月 建物の西半分南側にが入居。

>

研究者一覧

写本・版本 写本・版本は、リーダープリンターにより、マイクロフィルムからの電子複写もしくは画像からのプリントアウトとなります。 (1982-)• 「史料館」設置50周年記念祝賀会。 3月 東京都立川市に移転。 旧主跡の一部。 戸越では大半のがであったが、立川では図書が大幅に増やされた。

>

江川家文書データベース

メール・FAX等で行います。 教授・准教授・助教・機関研究員は研究部に所属する。 大学共同利用機関法人として人間文化研究機構設立。 図書館は1階にあり、利用者登録手続きをすれば誰でも利用できる。 なお、国文学研究資料館では古文書類の一部を写真(紙焼)にて公開しています。 多摩信用金庫(2018年7月2日)2018年8月1日閲覧。

>

NIJL 蔵書印データベース

。 が国文学研究資料センターの緊急設置を文部大臣に報告。 の選考と授与。 画像データは全て、典拠として示した各所蔵機関・発行元ならびに国文学研究資料館に帰属します。 登録・問い合わせ: 参加費は不要でレビュープロセスはありません。 古文書収集事業が文部省大学学術局学術課に所管変更となる。 三井文庫時代の書庫建物をそのまま引き継ぎ、「1号書庫」として立川市移転まで使用していた。

>

研究者一覧

休憩室、専用駐車場あり。 同専攻の大学院生も図書館利用、講演会や展示会の参加・見学はすべて自由。 セルフコピー 一部の図書・雑誌について、セルフコピーを受け付けています。 国文学研究資料館(編)「略年表」『国文学研究資料館の20年』1992、• セルフコピーをご利用の場合は、レシートのみで、領収書の発行ができません。 所蔵史資料 [ ] 6月、国のに指定された「春日懐紙(紙背春日本)・附中臣祐定書状案(紙背春日本万葉集)」をはじめ、およそ20万点に及ぶの原典資料・貴重古典籍のほか、国文学に関する書籍、専門雑誌、更に絵画資料等を多数所蔵している。 書誌・所在情報は、古典籍総合目録データ(『古典籍総合目録』(当館編, 岩波書店刊1990)所収データを含みます)の他に、当館所蔵の和古書目録データ・マイクロ資料目録データを収録しています。 たとえば、「複数の本屋さんの名前があるのはなぜ?」「同じ内容の本なのに刊記が異なるのはなぜ?」など、誰もが疑問に思う点を、文化的背景とともに丁寧に説明します。

>