たけのこ 豚肉 レシピ。 特集「たけのこ料理」│キリンレシピノート

特集「たけのこ料理」│キリンレシピノート

目利きと保存のポイント 目利きのポイント たけのこは、皮全体が淡い黄色で、色つやがよいものが良品。 米ぬかは、米のとぎ汁や小麦粉で代用してもOKです。 お勧め!!レシピ 大葉とのりで巻いて てんぷら。 たけのこは魚焼グリルで焼き目をつけて、しょうが醤油で食べるのが簡単でビールに合う。 たけのこは鮮度が命。 。 たけのこのガーリックバター炒めは最高のおつまみ!• たけのこを薄くスライスして、オリーブオイルで揚げた後、塩を好みでふりかけて、黒こしょうをふり、ピリ辛味のたけのこチップスを作る。

>

特集「たけのこ料理」│キリンレシピノート

たかがタケノコですがされど筍ですね。 またカリウムを多く含んでいるためむくみや血圧の高い人にもいいですよ。 たけのこの下ごしらえ たけのこは買ったらすぐに以下の要領で下ごしらえ(下ゆで)をしましょう。 あくを完全に抜いたものは勿論美味しいですが、春には『えぐみ』が残ったほうが『季節』を感じられるので。 何よりもたけのこ本来の香り・味が楽しめます。

>

特集「たけのこ料理」│キリンレシピノート

穂先を斜めに切り落とす。 根元の切り口がみずみずしく白いもの、小型で重量感があり、ずっしりとしているものを選びましょう。 好みでバジルソースやドレッシング、粉チーズなどをかけて頂きます。 酒かなりすすみます!!• 私はタケノコの水煮をよく利用しますが、だし汁に浸し冷蔵庫で一晩寝かせてから、天ぷらにします。 おそらく海藻に含まれる成分がえぐみを中和させるようでわかめ以外にも、あおさでも同様にえぐみがとれました。 一気に味付けしてしまうと、煮汁ばかりが甘くて、肝心のたけのこは味気なくなってしまいます。

>

特集「たけのこ料理」│キリンレシピノート

たけのことお麩を一緒に煮るととってもおいしいです!• 竹串がスーと通るぐらい柔らかくなったら、ゆで汁の中でそのまま冷まし、皮をむいて水にさらす。 たけのこを煮ものにするときのポイントは、一気に味付けしないことです。 「筍の生ハム巻き」を紹介します!下処理して茹でた筍を上から見て放射状に8等分カットし、バジル、生ハムの順で巻いて行き、生ハムの部分に楊枝をさして止め、オリーブオイルでさっとソテーします。 パスタソースと和えると色々な味わいが楽しめて飽きません。 我が家では山椒の若葉をすりこ木ですって、甘味噌と合わせた「山椒味噌」をつけて食べます。 筍の下茹でには米ぬかをアク抜きに使いますが、いまどきぬかはなかなか手に入らないという方は軽く一握りの生米で代用OKです。

>

特集「たけのこ料理」│キリンレシピノート

ゆがいたたけのこを、魚焼きグリルで(時間のないときはフライパンでもOK)軽く焼き色がつくまで焼きます。 あとは、塩でもポンズでもしょうゆでもお好みで。 ビールにグ~、ご飯にグ~です。 砂糖やみりんなどの甘い調味料は先に加え、しばらく煮こんで甘味が十分しみこんだあとに、しょう油や塩などを加えるようにします。 水煮のたけのこ、またはゆでたけのこをスライスし、味噌とみりんを合わせたものやマヨネーズを塗ってグリルで焼くだけでおいしいおいしいおつまみになります。

>

特集「たけのこ料理」│キリンレシピノート

保存のポイント たけのこは、収穫後時間が経つほどにえぐみが増しますので、購入したらなるべく早く下ごしらえ(下ゆで)しましょう。 ほかの海藻でも応用がきくと思います。 繊維質が多くカロリーも低いです。 ゆでたたけのこは保存容器に入れ、かぶるぐらいの水を張って冷蔵庫で保存します。 ひき肉との相性がいい。

>

特集「たけのこ料理」│キリンレシピノート

たけのこの煮物で、えぐみを感じるときはやはり昔ながらの若竹煮で、わかめをいれるとえぐみはほとんど無くなります。 その上、超簡単クッキングです!• おすすめは、たけのこを薄くスライスし、たけのこ入りぺペロンチーノです。 たっぷりの水に米ぬかと唐辛子を加えて水からゆでる。 たけのこはとにかく鮮度が一番、入手したらできるだけ早く調理することが肝心。 たけのこは、掘ったらすぐぬかでゆで、料理に合う大きさに切って冷凍します。 ゆずぽんで食べる。

>

特集「たけのこ料理」│キリンレシピノート

最近は少し『えぐみ』の残ったものを好んで食べます。 たけのこは穂先は刺身で中間は煮物や炒め物、最後の固いところはみじん切りにして餃子やマーボ豆腐、コロッケと全て使い切ります。 まず全体を水で洗い、土を落とす。 生クリームだけを使った、たけのこと空豆、菜の花のグラタン。 とってもおいしいですよ。 たくさん刻んで鶏肉とおあげさんと一緒に炊き込みます。

>