Miro 使い方。 オンラインワークショップ・ふりかえりでホワイトボードツールを使いこなそう

miroのユーザー登録方法をスクショ付きで詳細に解説します!アカウント作成の手順です!

付箋や手書き文字もあるので、実際のホワイトボードに似たビジュアルとなっています。 Miroでもオンライン上で 同じことが可能です。 データ容量が3GBに拡張 まずは無料プランから始めて、頻繁に使うようになったら有料プランも検討してみましょう。 入力を終えたら、四角いボックス2つにチェックを入れて「Get started now」をクリック。 [Next]をクリック。 前に使用したオブジェクトがボード上に表示されます。 色が変えられること• 今日はそんなMiroについてご紹介します。

>

無料のオンラインホワイトボードサービスmiro(ミロ)とは?使い方や料金などを徹底解説

・ビデオ通話のビデオをオフにする miroで作業するときはmiroの画面に集中するため、ビデオで顔を見る必要性はあまり感じなくなります。 コメントをして複数人でコラボレーションを実現 ホワイトボードを使うときは、複数人で使うときも多いですね。 ・マインドマップの作成 ・プロジェクトのロードマップの作成 ・ブレーンストーミング ・フローチャートの作成 ・カスタマージャーニーマップの作成 etc. まとめ Miroは思考の整理、メモ取り、企画の案出しなどに最適な機能を持ったサービスです。 本日の提案|無料なのでユーザー登録して使ってみましょう ユーザー登録はココから. そのときに便利なのが、 コメント機能です。 Freeプラン ・チームメンバーは無制限 ・共同編集できるボードは3つまで (相手が閲覧のみできるボードを含めると5つ作成できます) Teamプランだとボードを無制限に作成できたり、ボードのエクスポートを高解像度でできたりします。

>

Miroをもっと便利に!意外と知らないMiroの編集機能

ワークショップの最初に3分程度取り、アイスブレイクのついでにツールの使い方に慣れてもらう時間を取るとよいでしょう。 このコラム部分について編集をすることが可能です。 何に使うの? 問題はというと、これが何に使えるのかということです。 場所を選ばない ホワイドボードと同じく、 複数人で同時に作業しコミュニケーションを取れるのはもちろん、 Slack連携まで可能です。 おわりに 今回は、Miroで使える機能をさらに幅広く掘り下げ、様々な場面で使えるTipsをご紹介しました。 ホワイトボードを作成する テンプレを選ぶと以下のボードが表示されます。 。

>

愛用せざるを得ない、オンラインホワイトボード「miro」リモート会議やプレゼンに大活躍

とはいえ、閲覧者だけなら人数無制限でチームに追加できますし、ZoomやGoogle Meet、Microsoft Teamsと組み合わせれば無料プランでリモート会議をすることも可能です。 プロダクト要件定義• 検索で出てきた項目をクリックすることで、その文字列が含まれるオブジェクトの場所にジャンプすることもできます。 枠は四角のオブジェクトを使ったり、フレームを使います。 正直、万能すぎる。 使い方 ユーザー登録 まずは、ホームページにいきましょう。 ペルソナ設定• 森です。

>

Zoomとオンラインホワイトボード(miro)を使った研修やワークショップの方法

画像を挿入するには、ボードの左のメニューから「 insert」を選択しましょう。 は簡単なので、ぜひご利用ください。 画像(MURAL):左上に付箋の凡例を貼っています 付箋の位置・つながり 付箋を重ねて、繋がりを表現するとよいでしょう。 左端にあるメニュー一覧から、付箋紙の形のマークをクリックすると、下図のようにいろいろな色の付箋を選択できます。 ありがちなのが以下のようなパターンです。 デザインや企画・アイデア出しに非常に親和性が高いサービスといえるでしょう。

>

【miro】コロナ時代の神ツール!リモートチームを一つにするオンラインホワイトボード「miro(ミロ)」

しかも、一緒に作業している人はマウスの動きまで確認することができます。 ブレスト多めの発散系のMTGがし辛い というのがあります。 変換後の動画ファイルは、元の動画ファイルと同じフォルダに保存されます(元の動画は削除されません)。 Miroの料金プラン 無料プランもあるので、手軽に始めることができます。 ということで、では• ブラウザ上で利用できるので、操作もサクサク。 悪意のあるアプリに対してOAuth認証を許可してしまった時にキャンセルする方法• こんな感じです。 miroのアカウントを既に持っている場合は「Log in」をクリックしてmiroへログインすると、自分のカーソルに名前が表示されるようになります。

>

オンラインホワイトボードサービス「miro」の使い方

メニューバーにある「カーソル選択」「付箋」「消しゴム」などは、すべてショートカットで操作が可能。 無料版では以下の機能が利用いただけます。 そこで「名前」「メールアドレス」「パスワード」をそれぞれ入力したあと「Get started now」をクリックしましょう。 この画面はアンケート画面なので、適当に答えて問題ないです。 画像(MURAL):MURALには丸付箋もあります タイムボックスの設定 時間は、見える場所に可視化しておきましょう。

>