幸福 の 科学 と の 訣別。 幸福の科学との訣別 本の通販/宏洋の本の詳細情報 |本の通販 mibon 未来屋書店の本と雑誌の通販サイト【ポイント貯まる】

幸福の科学とは

また,Wikipediaをざっと見ていると,著者が教団でセクハラ・パワハラをしただとか書かれているが,本書にはそのあたりの事情が触れられておらず,よく分からない。 この手の暴露本というのはとにかく情報の精度が問題になりがちで,どの程度真実が書いてあるのかが極めてわかりにくい。 幸福の科学の一員となっていただく方には、最初の段階である「入会」と、その次に来る「三帰誓願」の二つの段階があります。 宏洋氏はこの本の中で、頻繁に金銭面の話題を提示しています。 この本には信者と思われる人からの批判的なコメントが多いように見えます。

>

covata.com:カスタマーレビュー: 幸福の科学との訣別 私の父は大川隆法だった

座談会では当時、咲也加氏と同じ学校に通っており、1学年後輩で同じダンス部に所属していた幸福の科学の女性職員が、「実母のきょう子氏に『セクシー系のダンスはやめなさい』と意見されて、泣く泣く退部したのであって、咲也加氏が部活を混乱させたわけではなかった」と語った。 反論書籍2冊を出版予定であることも発表した。 それはこの教団の本質が、自己啓発ビジネスだからです。 息子にしかわからない話も多いため、第三者からすれば真相を確認する手段がない訳ですが、この壮大な親子喧嘩の結末に関心が高まっています。 著者は教団を抜けてみたりするものの,映画作成が好きらしく,教団の映画事業があると戻ったりもしている。

>

幸福の科学との訣別 本の通販/宏洋の本の詳細情報 |本の通販 mibon 未来屋書店の本と雑誌の通販サイト【ポイント貯まる】

咲也加氏のかつての養育担当者の女性も、子供のころから周囲に気を遣うタイプだったと振り返った。 社員を護るために、フリーのライターをいつでも切れるようにしてあるんだから 」と、制作段階から逃げに入っていたことを明かした。 〈 ニュースタープロダクションの皆様に、お別れのメッセージを贈らせていただきます。 動画と違って,書籍だと目次で内容を拾い読みできるし,何より僕のような活字を読むのに慣れた人間だと,動画見るより早い。 1.本の内容と信憑性について この本はおよそ3つの内容で構成されています。 年明け1月8日に宏洋氏はInstagramにこう投稿した。

>

『幸福の科学との訣別 私の父は大川隆法だった』宏洋

最期は自分の歩んだ人生の全てに失望し、昼も夜も酒に溺れて死にました。 また、最近では表舞台から姿を消していた息子の1人三男大川裕太にも注目が集まっています。 信仰の対象である大川総裁のお姿の記録を未来に残していくための、神聖な使い方であるとした。 長男宏洋(ひろし)、次男大川真輝、三男大川裕太です。 感想を一言でいえば、「ん〜、損した」です。 このレビュー欄で執拗に批判のコメントを書く皆さんは、どのような背景で入信したのですか。 あとは、ほぼ一緒かなと思います」としている。

>

幸福の科学とは

宏洋本では、紫央総裁補佐が「2代目教祖をやりたくなったんだな」としつつ、「大川家の子どもたちは、生まれた時から神様のような扱いを受け、上に立って教義を教えるべく教育を受けている」「紫央さんが人前で説法しているのを聞くと、話す内容を自分で考えられなかったり、職員として教えられた内容の中からしかしゃべれないことがわかる」としている。 たとえば進化論について、「あれは悪魔の教えだ」「ダーウィンは転生輪廻を否定したせいで、無間地獄に落ちている。 教団の映画事業の責任者を務めていたころには、宏洋氏は諫言されるなどして嫌いになった人を、次々とクビにしていた。 しかし、その過去世は本人の自己申告であることが明らかになり、大川総裁の著書『太陽の法』『永遠の法』の新版では、関連する記述がすでに修正されている。 私たちは、この世とあの世を何度も転生輪廻し、様々な人生経験を通して、自らの魂を成長させていく存在であること。

>

幸福の科学とは

日本のみならず、世界の人々の救済のために各地で法を説く、大川総裁の名誉を毀損する数々の行為は、決して許容できるものではない。 わずかに、大川総裁と妻の紫央総裁補佐のスペースである大悟館の3階と4階に上がれるのが女性秘書だけであることを根拠に、「そこで何が行われているか、全く分かりません」と、さも問題があるかのよう、におわせている。 「信仰」と「洗脳」の違いが分からない新谷氏守護霊。 その使命の実現のために、幸福の科学は、講演や書籍やメディアによる啓蒙活動や数々の社会貢献活動、さらには、政治や教育、国際事業にも取り組んでいます。 」と説教を受けたとしている。 そして当の宏洋氏はと言えば「教団理事長を経験して全てを知っている」とはいうものの、就任していた期間はかなり若い時分の2カ月間で、しかも殆どの仕事を部下の事務局長氏が主導していたという。 宏洋氏の幼少期、家族団らんの食事の後、子供たちがリビングで遊んでいると、読書していた大川総裁がそのように怒鳴ったと主張する。

>