関東 学校 給食 サービス 協会。 関東学校給食サービス協会のオンライン講習会を受講してみた♪

(一社)関東学校給食サービス協会

お客様と御一緒に、時にはお叱りを受け御指導頂きながら、常にご利用のお客様の目線に立った運営を心掛けています。 アットホームな職場の雰囲気の中、自分の取り組みが感謝の言葉になって返ってきた時の喜びを味わいながら、皆活き活きと働いております。 第2条(業務代行保証への加入を適切と認める基準) 業務代行保証への加入を適切と認める基準は、次のとおりとする。 )は速やかにその旨を会長に報告する。 その場合「業務代行保証加入願」に次の書類を添付する。 会長はその事実を確認し、必要と認めた時は業務代行の開始を決定する。

>

関東学校給食サービス協会のオンライン講習会を受講してみた♪

前項により納入された加入金及び手数料は、これを返還しない。 加入者が火災、労働争議、業務停止等何らかの事情により、受託業務の全部または一部の遂行が困難となった場合に、当該加入者(以下「受託者」という。 第2条(業務代行保証の対象) 協会は会員等が次に掲げる給食業務で、委託者との間に取り交された給食業務委託契約に対して、業務代行保証を行うものとする。 グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。 業務代行に要した費用については、協会の定める業務代行保証支払基準の範囲内とする。 協会の取り組み• なお、支払基準は毎年見直しする。

>

代表挨拶

29 第19回令和3年新春賀詞交歓会は中止といたします。 2020. 会員にあっては1施設につき3,000円、会員以外の者にあっては30,000円とする。 会長は業務代行保証加入の諸手続を行ったときは、加入者ごとに「業務代行保証登録台帳」(様式第4号)に登載し登録保管する。 (9)納税証明書• 加入者は相互に業務代行の義務を負う。 第11条(業務代行遂行にあたっての留意事項) この細則の遂行にあたっての緊急及び不明な事項については会長の指示による。 会員以外の者が業務代行保証を受けようとするときは、必要な調査等を実施した上で、これを行うことができる。 教育技術委員会委員長 弊社は学校給食事業において、全国で民間受託業者の第一号に選んでいただき、福祉施設は昭和59年より、学校は昭和61年より、保育園は平成7年より、栄養士業務は平成24年より受託させていただいております。

>

企業情報

(8)安全衛生に関する内規• 再生時間:32分28秒 講師: 一般社団法人 関東学校給食サービス協会 顧問 谷口 力夫 受講後の感想 今年初になるオンデマンド配信による夏期講習研修会。 (1)学校給食業務(給食センターを除く)• 第17条(業務代行保証の更新手続)• 18 2019年夏期講習研修会会場の満席状態を掲載しました。 会社概要 会社名 株式会社レクトン 所在地 〒104-0033 東京都中央区新川1-17-25 東茅場町有楽ビル 電話 03-3551-5554 (代表) FAX 03-3551-2558 代表者 代表取締役 岩見竜作 資本金 3,000万円 従業員数 1700名 設立年月日 昭和 38年 5月 10日 事業内容 集団給食業務 他 加盟団体等 公益社団法人 日本給食サービス協会 公益社団法人 集団給食協会 公益社団法人 日本メディカル給食協会 一般社団法人 関東学校給食サービス協会 医療関連サービスマーク「患者給食業務」適用認定会社 優良給食サービス事業者認定会社 企業表彰 農林水産省大臣賞受賞 農林水産省食品流通局長賞受賞 ISO 認証 ISO14001 2001年12月• 2020. 2.前項の規定に関わらず、清算は一ヶ月毎に行う。 )は、業務代行保証を受けようとする施設を「業務代行保証施設届」(第3号様式)により会長に提出する。 今後ともご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

>

協立給食株式会社

(3)会社経歴書• 3.業務代行者は業務代行を実施するにあたって必要ある時は加入者に業務代行応援要請をすることができる。 従業員が、「明日もこの職場に来られて幸せ」「昨日より今日の方が出来ることが多くなっている」と感じられる様な場であるべきで、その気持ちがきめ細かい対応を伴う温もりのある仕事へと繋がっていると信じております。 地区別業務代行者は地区ごとに正副2名とし、別表のとおりとする。 第13条(仕様書及び契約書への記載) 委託者と受託者との業務委託仕様書及び契約書の条文中に、次の条項を記載することができる。 (1)第2条の規定に反する施設の登録をしたことが判明した場合• 研修や教育の場も階層別に充実させており、階層別研修では、業務責任者、副責任者、社員、新卒社員のみならず、パート対象の育成研修も設けております。

>

(一社)関東学校給食サービス協会

第21条(施行にあたっての必要事項) この規程の施行にあたっての必要な事項は会長が別に定める。 行政及び、関係諸団体への協力と食文化の向上を通して、地域社会へ貢献するとともに学校給食業務に必要な事項につき調査・研究・指導を行い、会員相互が協力して学校教育活動の一環として実施される給食業務の向上・発展のため努力を続けております。 会長は学校給食等委員会と協議、確認のうえ、業務代行の終了を委託者及び業務代行者に通知するものとする。 4.業務代行者は業務代行を実施するにあたって必要ある時は加入者に業務代行応援要請をすることができる。 25 2019年夏期講習研修会結果報告表を掲載いたしました。 2.会長は「業務代行指示書」により業務代行を指示した時は、「業務代行開始通知書」(第9号様式)により、委託者及び受託者に業務代行開始の連絡をする。 (1)調理業務• 第11条(業務代行者の指定)• そして食堂とは単に食事をする場所ではなく、ご利用になられる方がくつろぎ、安らげる場所であり、また楽しい雰囲気の中で活力を養う所でもあります。

>

代表挨拶

会長は地区別業務代行者について2年毎に見直しする。 学校給食現場における緊急時、災害時における危機管理対策を講じる• 私たちの最も大切なミッションは、衛生的な運営を軸に、安心で安全にそして安定して食事を提供することです。 加入者は業務代行者の業務代行応援要請に応じる義務を負う。 また、学校や保育園、幼稚園、官公庁、企業、病院等にも幅広く食事の提供を行っております。 第9条(業務代行の終了) 1.業務代行が終了した場合は、受託者は規程第12条の定めにより、業務代行者と協議、確認のうえ「業務代行終了報告書」(第10号様式)により会長に報告する。

>