左手 の ピアニスト。 vol.26左手のピアニスト・智内威雄先生が語る!実践的ピアノテクニックと脱力のポイント

NHK BS1『私は左手のピアニスト〜希望の響き 世界初のコンクール〜』1月6日放送

2年半の闘病ののち、「左手のピアニスト」として再起した。 たとえばリハビリ。 1928年、モーリス・ラヴェルはアメリカでの演奏旅行を行っています。 フランソワの斜に構えた皮肉系の演奏がまた「ココロニクイ」。 素敵な音楽との出会いがあるかもしれません。

>

NHK BS1『私は左手のピアニスト〜希望の響き 世界初のコンクール〜』1月6日放送

でも私には演奏出来ません」という旨の礼状を出している。 同プロジェクトより、vol. 【各楽章を解説】モーリス・ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲 モーリス・ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲は 単一の曲として出来上がってはいますが構成としては3部に分かれています。 に生まれ育ち、戦災を避けて間中に一家で疎開、敗戦を迎える。 左手のピアノ演奏は歴史とも大きな関係があります。 抜けるような透明感もあって優しくキラキラと光ってる音のつぶたちが弾けてる名盤でもあります。 新しいさまざまな出会いが全部、自分の中から生まれる音に表れると思っていました。 でも、当の本人は、気に病みもしなかったし、絶望もしなかった」 舘野泉さん。

>

左手のピアニスト・智内威雄 公式サイト / Left Hand Pianist, Takeo TCHINAI

今までの場所と違うわけだから、むしろ新鮮。 16年に神戸アートアワード大賞受賞、17年にJasrac音楽文化賞を受賞する。 表面的な派手さよりは、淡々とした味わいの中にある「深いコク」を伝えていたのかな…。 正式には「第1回ウィトゲンシュタイン記念左手のピアノ国際コンクール」といいます。 そのために「左手のアーカイブ」プロジェクトと「ワンハンドピアノレッスン」というふたつの環境づくりの活動に取り組んでいます。 今回の対談では、その智内先生に、脱力やテクニックの鍛え方、ピアノとの向き合い方など、実践的な深いお話を伺うことができました。

>

左手のピアニスト瀬川泰代〜欧州 春のピアノ紀行〜

楽譜を見ていたら急に弾きたくなって、憑かれたように弾いたら、弾けた。 パウル自身はナチス政権の下で公開のコンサート活動を禁止されており、1938年にに向けて出国した。 脱力できれば緊張していてもリラックスできる• ユダヤ人の実業家の息子としてオーストリアのウィーンに産まれたパウル・ヴィトゲンシュタイン(ちなみに2つ年下の弟は哲学者で有名なルートヴィッヒ・ヴィトゲンシュタインです)、 第1次世界大戦の際には召集されてポーランド戦線にいたのですが、 その際に戦傷を負うこととなり、そのことにより右腕を切断しなければならなかったのでした。 ヴィトゲンシュタイン家には多くの著名な文化人が出入りしていた。 純粋な音楽としての美しさを聴いてほしい。

>

音楽にすべてをささげて 左手のピアニスト・舘野泉

片手で奏でる多彩な音色と聴衆の心に伝わる音楽性は国内外で高く評価される。 とても素敵な日々でした」といっています。 当時の北欧は音楽の世界では「マイナー」で、 音楽の勉強やキャリアを積むなら、ドイツやオーストリア、フランス、イタリアなどが「常識」だったからです。 知らない曲ではありません。 私は、歴史を再発見し、優れた価値が再び埋もれないようにするための努力が必要であると考えました。 この音楽家族に育った館野泉(たての いずみ)さんですが、1936年、4人兄弟の長男として生まれ、5歳でピアノを本格的に習い始めました。 4「浜辺の歌」を出版。

>

vol.26左手のピアニスト・智内威雄先生が語る!実践的ピアノテクニックと脱力のポイント

近年は日本でも演奏頻度が上がってきたように思います。 もパウルのために左手のための「」を作曲しているが、パウルはこの曲を好まず(『一音符たりとも理解できない』とまで言い切っている)、公開の場で演奏することはなかった。 ひまわりの海(求龍堂、2004年)• 後世に残された、凡人リスナーのアルパカは残された録音をじっくり聴いて、わずかばかりでもラヴェルやペルルミュテールの思いを感じ取るしかありませんね。 作品は3000曲以上にもなり、一生かかっても取り組めるかどうかという充実した分野です。 を経ても右手が不自由のままであったが、8月ので復帰を果たす。 そんな 深い意味や思いを含んだ名盤と言えそうです。 この5月から2年かけて、左手の音楽の集大成のツアーに挑む館野さん。

>