道後 温泉 プロジェクション マッピング。 道後温泉本館、営業再開。ネイキッドによるプロジェクションマッピングも再開|温泉特集

道後温泉本館でプロジェクションマッピング「道後温泉×ネイキッド MESSAGE

2020年8月7日(金)。 参考資料• 他では手に入らないオリジナルグッズはお土産にも最適です。 さらに、 道後温泉本館北面の工事用仮囲いを装飾しているウォールアートもリニューアル。 火の鳥の配色が変わったのはこれが初めてで、 プロジェクションマッピングでは美しいネイキッドのデジタル花火と華麗な競演を見せている。 本館北面二階に鎮座する火の鳥のオブジェを中心に、障子面のスクリーン一杯に「ドゥゴォォオーン」というオノマトペと共に、火の鳥のエネルギーが広がっていく。

>

道後温泉の夜に青い火の鳥が浮かび上がる!期間限定のプロジェクションマッピング・イベント

7月には、本館の建物の一部を覆う外壁に「火の鳥」のラッピングアートが出現。 よくある質問 質問 回答 期間はどのくらいですか。 手塚治虫が「火の鳥」を描くきっかけとなったと言われるストラヴィンスキーのバレエ音楽「火の鳥」にインスパイヤされた壮大な音楽は、歴史ある本館のたたずまいと最新のデジタルアートコンテンツを一つに結び付け、観客にかつてない重厚かつ新鮮な体験を提供している。 今しかないプログラムが続々展開される道後温泉本館にますます注目が集まる。 中央はARマーカーになっている。 まちを挙げての心からのおもてなしに道後温泉本館周辺は新年の到来を祝う人々であふれた。 第2話「子規と漱石」 明治27年の改築で道後温泉を今の姿に作り上げた「伊佐庭如矢」(道後湯之町初代町長)と棟梁を務めた「坂本又八郎」。

>

いよいよプロジェクションマッピングがスタート! ネイキッドが手掛ける「道後温泉本館」の新時代

また、道後温泉本館の周辺にあるお土産店では火の鳥のデザインが施されている「道後REBORNポシェット」や、箱に火の鳥が描かれ各店舗のお土産品を詰め合わせにした「道後REBORNギフトBOX」を販売中。 愛媛県の松山市にある日本の重要文化財でありながら、大衆浴場とし温泉を楽しむことができ、 ジブリ映画『千と千尋の神隠し』のモデルにもなったと言われています。 「道後REBORNプロジェクト」と題して、日本文化の「再生」をテーマに道後温泉の魅力を国内外に伝えていきます。 是非実際に足を運んで入浴を楽しみながら、道後REBORNプロジェクトのさらなる進化を体験して欲しい。 2020年8月からは「道後REBORN2020キャンペーン」として、「デジタル花火」や「FIREWORKS BY NAKED -火の鳥2020-」などが期間限定のプロジェクションマッピングとして道後温泉本館に映し出されます。 火の鳥のオブジェを中心に、幻想的な音と光のアートが18時から21時30分の間、15分毎に展開され、訪れる人々の注目を浴びている。

>

道後温泉が令和最初の年末カウントダウンイベント開催。「火の鳥」のプロジェクションマッピングやパフォーマンスで大盛況。

昭和時代のパネルに使用された写真は、 東京オリンピック前年、 昭和38年の道後温泉本館の西面のモノクロ写真を彩色。 工事中も1階神の湯でお風呂に入っていただけます。 そんな道後温泉ですが、2019年1月15日から約7年をかけて道後温泉の保存工事を行う 『道後REBORNプロジェクト』が始まっているんです。 道後温泉駅から道後温泉本館までをつなぐアーケードである道後商店街「道後ハイカラ通り」には、昨今新たにオープンする店舗も増えた。 一方、 新ビジュアルの「青の火の鳥」は、 「火の鳥」は困難な時代を生きる私たちに、 「再生への祈り」と「エール」、 医療従事者など最前線で活躍する方々への「感謝の気持ち」を込めて、 強いエネルギーを放ち、 深い青色に変化(へんげ)を果たした。 道後温泉本館にて「道後REBORN2020キャンペーン」がスタート。

>

道後温泉本館に「青の火の鳥」が到来。「癒し」と「エール」のメッセージを発信中!!

営業再開に合わせ、道後温泉本館西面の玄関棟前に設置している日除け幕が、暖色の赤系を基調にしたデザインから、清涼感のある青系にリニューアルされた。 4月10日、その改築から125年を経て、その雄姿と歴史を後世に引き継ぐための保存修理工事がいよいよ本格化していく。 道後REBORNプロジェクトのシンボルである、手塚治虫のライフワークといえる「火の鳥」は、「永遠の生命」の象徴として、黄色や赤を基調としたカラーで描かれている。 道後温泉本館の利用案内 画像の通り玄関とチケット売り場は通常玄関の左奥に変更になっています。 一方、2階と3階の休憩室の利用は休止しています。 一方、新ビジュアルの「青の火の鳥」は、「火の鳥」は困難な時代を生きる私たちに、「再生への祈り」と「エール」、医療従事者など最前線で活躍する方々への「感謝の気持ち」を込めて、強いエネルギーを放ち、深い青色に変化(へんげ)を果たした。 最新情報は、各公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。

>

道後温泉本館、プロジェクションマッピング「道後温泉×ネイキッド MESSAGE

その二階に登場した火の鳥のオブジェを中心に、ネイキッドによるライトアップが行われていた。 プロジェクションマッピングの最後には、年末カウントダウン用にグリーティングメッセージが表示された カウントダウンイベントの最後には、飛鳥乃湯泉でのおしるこのふるまいが行われ、午前1時過ぎまで、大勢の人で道後温泉は熱気に包まれていた。 2020年8月7日、 道後温泉本館にて「道後REBORN2020キャンペーン」がスタート。 平成31年1月15日から、本館西面(正面玄関前)に「道後REBORNプロジェクト」の日除け幕・灯籠を設置するとともに、「火の鳥」とのコラボ入浴券の使用を開始し、令和2年1月15日から、入浴券のデザインをリニューアルしました。 2月1日(金曜日)からは、明治時代に実際に利用されていた本館北面の二の湯の入口が復活。 道後温泉本館工事計画の基本方針については、をご覧ください。 ほとんどがここでしか見ることのできない作品です。

>