Ana 遊覧 飛行。 コロナ禍でもハワイ旅行気分を! ANAがA380型機による遊覧飛行を実施

ANAのA380遊覧飛行、11月第3弾は3時é

遊覧飛行のルート案だ。 また、この換気システムは地上在機中 搭乗中、降機中 も作動。 ひさびさにA380が乗客を乗せて飛んだことから、ANAの客室乗務員やファンの目には涙も見られた。 成田または都内で宿泊して、翌日に各地空港へのフライトを利用する。 搭乗証明書、HONUリュック、「FLYING HONU」フェイスタオル、Shakaちゃん2点セットの記念品をプレゼントする。 こうしたなかでANAは、感染予防を徹底したうえで、今回の短時間の遊覧飛行のように、感染リスクをできる限り抑えつつ、海外旅行に行った気分が味わえるというユニークな企画を打ち出した。 ビジネスは最大2人まで、プレエコは窓側最大2人、通路側同3人、エコノミーは2人以上最大6人までで、カウチシートの指定はできない。

>

ANA、空飛ぶウミガメA380の遊覧飛行第2弾 9月も成田発着でハワイ気分

最少催行人数は300名。 エコノミークラスは2名以上6名以内での申込みを受け付ける。 エントリー受付完了メール、当選メールを受信できる様、当社ドメイン「 121. また、到着時のチーフパーサーのあいさつでは、参加者から元気な気持ちをもらったことへの感謝の言葉を述べたうえで、「またハワイでお会いしましょう」とあいさつを締め、乗客から拍手が送られたという。 また専用の寝具ならびにシートベルトの貸し出しもありません。 初日の出フライトは初めて成田発着のプランを提供。 機内では、搭乗時にハワイアンミュージックを流したほか、ドリンクサービスでハワイ路線限定のパイナップルジュース、オリジナルカクテル「ザ・バーテンダー・モヒート(グリーンモヒート)」などを提供。 FLYING HONUのホヌが、ハワイ語でウミガメを意味し、ハワイでは幸せを運ぶ海の守り神、幸せのシンボルであることに触れ、「本日はANA FLYING HONUで最高に幸せな、楽しいひとときをお過ごしいただければ」と述べた。

>

コロナ禍でもハワイ旅行気分を! ANAがA380型機による遊覧飛行を実施

本フライト当日は取材のためTVカメラ等が入り、フライト参加中に撮影をさせていただいた、お客様の個人情報(容姿を確認できる映像等)を使用させていただく場合がございますので、予めご承諾の上、エントリーください。 いずれの便もファーストクラスやプレミアムクラスなど上位クラスのほうが高い倍率になった。 ANAのA380の座席数は4クラス520席で、ファーストクラスが8席、ビジネスクラスが56席、プレミアムエコノミーが73席、エコノミーが383席。 出発日は2021年1月1日。 ANAのA380型機 ANA(全日空)は、2020年11月15日(日)にA380型機「ANA FLYING HONU」チャーターフライトを実施する。

>

ANAのエアバスA380型機、12月20日に遊覧飛行 ANAファン集うFacebookグループ参加者限定、先着順で予約受付

、に実施した。 ANAのA380の座席数は4クラス520席で、ファーストクラスが8席、ビジネスクラスが56席、プレミアムエコノミーが73席、エコノミーが383席。 今回は、半年ぶりの乗客を乗せた運航となった。 機内では飲み物のサービスを行う。 コロナ禍で苦しむピーチを応援したいと、少年団側が7月に遊覧飛行を提案した。

>

ANAのエアバスA380型機、12月20日に遊覧飛行 ANAファン集うFacebookグループ参加者限定、先着順で予約受付

1-2-1配列のビジネスクラスは1席あたり窓側3万9000円、通路側は3万3000円で販売する。 今回のチャーターフライトが実現した背景には、まさにこの新型コロナによる運航停止があった。 ちなみにこれは、コロナ対策というよりは、本来は国際線の施設で運用するA380を国内線施設で運用したことや、オープンスポットを用いた搭乗、降機を行う必要があったことなどから生まれた制約によるものだという。 佐々木氏は、「このプロジェクト自体がANAグループにしかできない日本を元気にする企画ということで、お客さまのアイディアからプランが誕生し、そこから企画実現までに尽力した関係スタッフの気持ちを胸に乗務した。 ANAグループは、エアバスA380型機「FLYING HONU(フライングホヌ)」の遊覧飛行を、11月15日に実施する。 機内エンターテイメントプログラムは通常と異なります。 参加対象はANAマイレージクラブ会員かつ、同グループ参加メンバーとその家族、知人、友人。

>

ANA「初日の出フライト」 成田便12倍 羽田便超える人気ぶり

申込期間 7月22日午後1時~27日午前9時 申し込み多数の場合は抽選. さらにファーストクラスの参加者にはモデルプレーンや「グローブ・トロッターのアメニティポーチ」「Hydro Flask ANA HAWAiiボトル&キャップセット」、ビジネスクラスの参加者には「フレッドシーガルコラボレーションアメニティキット」と「Thermo mug FLYING HONUアンブレラボトル」、プレミアムエコノミーの参加者には「FLYING HONUデザインのエコバッグ」も配られた。 エコノミークラスは2名以上6名以内での申込みを受け付ける。 当選権の譲渡・転売はできません。 ハワイへの赴任や一時帰国者などを想定したフライトとなっている。 使用機材は「海(エメラルドグリーン)」 をイメージした2号機(JA382A)を使用する予定で、便名はNH2030便。

>