一 兆 ドル コーチ。 ジョブズを育てた「1兆ドルコーチ」直伝。苦境下、リーダーはこう動け

書評「1兆ドルコーチ」Google創業者の師匠のコーチングを学ぶ

ビル・キャンベルは経営チームのコミュニティの接着剤のような役割を果たした• GoogleのCEOとなり、2018年までアルファベットの経営執行役会長を務める エリック・シュミット氏の出身・経歴• 打ちのめされても立ち上がり、再びトライする情熱と根気強さだ。 『一兆ドル』というのは大げさではなくて、 彼はスティーブ・ジョブズのつぶれかけのAppleを立て直しを助け、スタートアップのGoogleを時価総額数千億ドルの企業にするのを助けています。 ビルがコーチする上で相手に求めたこと ビルは誰にでも深い愛を注いでコーチしたか、というとそうではなくて、人はちゃんと選んでいました。 組織ではペアという考えよりも、役職という縦の意識が強い事が多いです。 同僚による評価が重要だと考えるビルらしい言葉となっています。 チームを引っ張ろうとする者がいれば、自分で考えさせるように質問を重ね 「自分の直感を信じろ!」と言います。 信頼とは「誠意を尽くすこと」• 実は、それよりも遥かに大きな発見があった。

>

【まとめ】1兆ドルコーチ〜シリコンバレーのレジェンド

今回はそんな「1兆ドルコーチ」の内容のまとめと、その中から感じたリーダーに必要な「心構え」と「行動」についてお伝えします。 愛があってこその厳しさ、だから人は動く。 根底で必要となるところってなにかって? 究極のところ、大切なのは、 「関わる人への深い愛」 ってことなんだと思います。 マネージャーはときに自ら決定を下さないといけない• 最近話題となっている書籍「1兆ドルコーチ」 シリコンバレーのレジェンドと言われる「ビル・キャンベル」について書かれているこの本は、チームのリーダーに必要な行動と心構えを学べる一冊となっています。 シリコンバレーにおいて、 〇Apple 〇Google 〇Amazon 〇Twitter 〇Youtube などドル箱企業のCEOや経営陣の支えとなってきたビル・キャンベル氏の「人」へのアプローチや考え方、価値観には学ぶところがたくさんあります。

>

人の成功を「手伝う人」こそが最も成功する理由

二つ目は、最初からミーティングを楽しんでもらえるようにすること。 だから人を傷つけない「大人」は多くの人にとって望まれる。 また、ビル自身がこれさえあれば他は無視し ても良い4つの資質についても書かれていま す。 2人以上が集まれば、組織が形成される。 ウソつきは、コーチャブルではない。

>

一兆ドルコーチ|シラハマン|note

笑 ビルの最重要の価値観、それが『信頼』。 校長先生の話しとか、お坊さんの話しみたいに・・・ でも めげずに読んでよかった! それは、 現代のリーダーに必要な要素がたくさん盛り込まれ、 大切なことを知ることができたから! そして、その大切なことはそれほど多くはなく、人として当たり前のことだった。 今チームがどんな状態か常に気にかけていたといいます。 ビルは「1on1」という相手との意思疎通を取る手法をしています。 最近は「効率化」を求めるあまり、会議などはなるべく短縮してやる事に目が行きがちですが、始まる前に「仕事以外の話をする」という事は、お互いの信頼関係を作る上でとても重要な事です。 だが実践は難しい」ことがワンサカ書いてある。

>

『1兆ドルコーチ』の気になる感想をたっぷりとご紹介!

大手都市銀行在籍中に、オックスフォード大学大学院で経営学修士号を取得。 様々なビジネス書がこれらのワーディングを使うことに多少の違和感はあった。 ビルが求めたコーチャブルな資質とは、「正直さ」と「謙虚さ」、「あきらめず努力を厭わない姿勢」、「つねに学ぼうとする意欲」である。 少なくとも、自分は一応、マネジメント側の肩書を頂いて、組織の中でマネジャーという立場で仕事をしていますが、自分が信じる信条と、実際の自分の在り方、有り様にギャップがあるなと痛感しています。 マネジャーのいちばん大事な仕事は、部下が仕事で 実力を発揮し、成長し、発展できるように手を貸すことだ。

>

一兆ドルコーチ|シラハマン|note

面白い物語は、とても気持ちが満足し、あまりにも引っ掛かりがなく意外にも残らない。 心に残っている場面があって、ビルは企業のコーチもしながら、子どもたちのフットボールチーム(アメフト)のコーチもしてたんです。 エリック・シュミット(Eric Schmidt) ・グーグル会長兼CEO(2001年から2011年まで) ・グーグル経営執行役会長(2011年から2015年まで) ・グーグル持株会社アルファベット経営執行役会長(2015年から2018年まで) ・グーグル&アルファベットのテクニカルアドバイザー(現在) ジョナサン・ローゼンバーグ(Jonathan Rosenberg) ・グーグル 上級副社長(2002年から2011年まで) ・アルファベットのマネジメントチームのアドバイザー(現在) アラン・イーグル(Alan Eagle) ・グーグルのディレクター(2007年より) ・エグゼクティブ・コミュニケーションの責任者&セールスプログラムの責任者 3人の共著としては、世界的なベストセラー『 』があるようです。 自分が指導を受ける立場にある時は、 コーチャブルな資質を自分は持っているだろうか、と確認したいですね。 おそらく、こんなわたしだからこそ、 「人の記憶に残るリーダー」になりたい欲求が誰よりも強いのかもしれません。 規格外の天才は、優先すべきことをわきまえているのが必須条件。

>

楽天ブックス: 1兆ドルコーチ

187ページより引用 知性とは勉強ができるかどうかではありません。 ビルはこれを「遠い類推」(かけ離れたものごとをつなげる発想)と呼んだ。 自分よりも大きなものに挑戦する• タイトルを良い意味で裏切るような、優しい内容。 ウソつきは、コーチャブルではない。 マーケティングとは、収益を作る売り上げを作るための計画を作り、 それを実践し、計画通りかそれ以上に成果を出すことだ。 殆どの人間は大した能力を持たないし、誰もが羨む成功とも程遠い。 時間の無駄だから、さっさとそこを去って、自分と仲間のために仕事をしよう。

>

1兆ドルコーチ

アメフトのコーチからビジネスの世界に飛び込んだビルは「人を大切にする」という当たり前の行動を実行してきました。 だからコーチ不可能な人物にはあっさりと、「おまえは利口ぶるやつだ」 = 「嘘つきで傲慢」と言ったのだ。 いっぱいポイント書いてるんですけど、やっぱ、コーチとしての心のあり方のベースに「愛」があることが全てなんじゃないかな?と私は思います。 そういう輩は、そのうち自分の言葉を信じはじめる。 実際、私自身もこの「コード化」された内容を読みたいと思い、この本を手にとった。

>