非 嫡出 子 相続。 亡父に非嫡出子がいることが発覚!異母兄弟にも相続権があるの?

嫡出子と非嫡出子の法定相続分の法改正について

Aの相続人は妻B、嫡出子X1、X2、相続開始前に死亡したCの代襲相続人X3、X4、嫡出でない子Y1、Y2です。 認知が認められた後、相続発生までに行うべきこととは? 2013年(平成25年)12月5日に民法の一部が改正され、嫡出子(婚姻関係の子)と非嫡出子との相続分が同等になりました。 一口に遺言といっても、遺言には複数の種類があります。 亡くなったときの家族の状況によって相続する割合は変化しますが、最も多く相続するのは原則として配偶者となります。 この時点で、被相続人の前妻との婚姻歴や前妻との子供の有無、認知している子供の有無などが判明します。

>

嫡出子・非嫡出子

また、愛人の子ども(隠し子)を認知していないケースでは、さらに大きな問題が起こってしまいます。 相続権のある子とは お父さんに別の家庭の子供がいるというケースにも、次の通りいろいろな種類があります。 1.民法第900条「法定相続分」とは 民法第900条「法定相続分」は、 法定相続人が複数いる場合の相続財産の取り分が規定された条文です。 X1~X4が申し立てた遺産分割の手続において、Yらは、非嫡出子の法定相続分を定める900条4号ただし書き前段の規定が憲法14条1項に反し無効であると主張しました。 婚姻解消後の場合には特に何も対処する必要はないでしょう。 ) [民法779条] 嫡出でない子は、その父又は母がこれを認知することができる。 胎児認知:母親が妊娠していることが判明した段階で認知すること• 相続人のひとりであるあなたと、平等の立場にあります。

>

非嫡出子に相続させないのは難しい?

非嫡出子とは? 非嫡出子というのは婚外子とも呼ばれていて、いわゆる婚姻関係にない男女との間に生まれた子のことをいいます。 婚外子に相続させたくないときには、予め遺言書で対策しておくか、婚外子自身とうまく交渉していくしかありません。 親子の法律関係について などについて解説していきます。 最高裁は平成25年9月4日決定で、上記の訴えを認め、 嫡出子も非嫡出子も同じ「子ども」であることに変わりはなく、両者は平等だとしました。 非嫡出子にも相続権はあります。 これを受けると、愛人の子どもは法律上の妻や嫡出子に対して遺留分に相当する遺産を渡さなければなりません。

>

非嫡出子(婚外子)にも相続権はあるのですか?

最大判平成25年9月4日の違憲判断 最高裁判所大法廷平成25年9月4日決定は,以下のとおり判示しています。 故人が離婚後再婚した、新しい家庭に子がいる• 認知されている非嫡出子の相続分 法律上、親子関係が認められていない非嫡出子は、父親の遺産を相続することはできません。 156• あえて結婚せずに出産し、子育てをしている一般女性がメディアに登場したり、 シングルマザー専用のシェアハウスができたりしていることから、一般の社会で家族の形が多様になり、さまざまな価値観を認める社会になってきていることを感じられます。 具体的には、 「死後認知の訴え」という請求を行います。 埼玉県越谷市をはじめ、春日部市や草加市、川口市、吉川市、三郷市、八潮市などや、東京都足立区なども含め、対応エリアは広くなっていますので、まずはお問い合わせ頂き、必要に応じてご予約をお取いただきます。 たとえば、被相続人が所有する家に住んでいる場合にも、子どもが認知されていればその家を相続できる可能性があります。

>

非嫡出子の相続分|違憲判例で何が変わって、いつから適用?

そこで、このままでは問題であると最高裁がこの問題について決着をつけたのが最高裁判所大法廷平成25年9月4日決定(最大決平成25年9月4日)です。 場合によっては遺留分侵害となり、トラブルに発展する可能性があります。 しかし、平成19年5月21日から、婚姻の解消又は取消し後300日以内に生まれた子の出生の届出の取扱いが、次のとおり変更されました。 なお、嫡出子は「推定される嫡出子」と、「推定されない嫡出子」に分類できます。 ですので,非嫡出子というのは,父親と母親とが過去にも未来にも法律上の結婚をしない場合を考えていただければ良いかと思います。 しかし、 特別縁故者による相続が認められるのは、その他の法定相続人がいないケースに限られます。 2 そもそも「非嫡出子」とは まずは,嫡出子と非嫡出子について簡単にご説明します。

>

婚外子(非嫡出子)、前妻の子供に相続させない方法はあるか?

それにもかかわらず,本決定の違憲判断が,先例としての事実上の拘束性という形で既に行われた遺産の分割等の効力にも影響し,いわば解決済みの事案にも効果が及ぶとすることは,著しく法的安定性を害することになる。 (1)婚姻成立から婚姻成立後200日の間に出生した場合 この時期に生まれた子は推定されない嫡出子ですが、出生届提出時に嫡出子として受け付けてもらうことができますので、基本的には特別な対処は必要ありません。 推定されない嫡出子 「できちゃった結婚」のように、婚姻の成立の日(婚姻の届出の日)から200日以内に、生まれた子供は、「推定される嫡出子」となることができません()。 ただし、母子関係の証明は懐胎(妊娠)という事実によって、確定することができます。 5-2.非嫡出子の法定相続分が変更したことで相続税の税率が変わる可能性 相続税の計算では、法定相続分の割合を乗じた金額に応じて適用する税率が決まります。 遺言書などによって法定相続人に財産を残さなかったとしても、法定相続人は最低限の遺留分の請求権だけは持っていることになるのです。

>

非嫡出子の相続分は嫡出子と同じです|非嫡出子の相続における5つのポイント

東京家審平24.3.26は、Yらの主張を採用せず、平成16年に死亡したBの相続分の2分の1をX1~X4が相続し、法定相続分につきX1とX2が各48分の14、代襲相続人X3、X4が各48分の7、Yらが各48分の3としました。 また、相続という分野から『認知』のことを考えると、非常の厄介な問題でもあります。 このような場合は弁護士に相談しましょう。 217• 2、非嫡出子の法定相続分の問題 「子」には、婚姻関係にある夫婦間の子である嫡出子とそうでない子の非嫡出子という区別があります。 よっつめは 相続権です。

>

嫡出子・非嫡出子

なお、本記事では、4期から順に遡って説明します。 任意認知の一種ということになりますが、この場合には遺言者が死亡したと同時に認知の効力を生ずることになります。 (3)推定が及ばない場合 嫡出推定に関する民法の規定は、日数のみで形式的に判断することになっています。 「嫡出子」について詳しく知りたい。 これを強制認知といいます。 実は、死亡保険金は受取人固有の財産となることが認められています。

>