ソニー cd コンポ。 CDプレーヤーのCDを読み込みしない・認識しない・再生できない 故障の原因と修理・メンテナンスの方法

CMT

その他には、テクニクス・パナソニックのCDプレーヤーでは電解コンデンサの不良、パイオニアの1980年代~90年代中ごろのモデルでは、ピックアップのレンズが外れるなど、メーカー固有のトラブルもあります。 なお、アナログ外部入力にも対応していれば、カセットデッキやレコードプレーヤーなどと接続してテープやレコードの音源もダビングできます。 ところが生産から20年以上たっているため、ピックアップやサーボ回路などのパーツが劣化などにより、ゲインやオフセットとという調整値がズレてしまいます。 また、これらの回路の配線が断線(ハンダ割れを含む)していても、モーターが動きません。 このため逆にレンズにキズが付いたり、ピックアップのアクチュエーターを壊す可能性もあります。 アクチュエーターはレーザー光を、CDのピットと呼ばれる穴(ミクロン単位の大きさ)に、正確に当てるために動く精密部品です。

>

【価格.com】ミニコンポ・セットコンポ

このモーターが回転しないと読み込みができません。 裏側に付いている場合は、まずメカを本体から外してやらないと調整できません。 さらに、波形データから曲を識別し、自動で曲タイトルを登録します *3。 ジャンク修理を趣味としている人向け。 近年のコンポでは、MP3とWMAはほとんどの機種で対応しています。 録音時に、曲タイトルも自動登録します *3。 (対策) 綿棒にアルコールなどのクリーニング液をつけて、ピックアップレンズのレンズをクリーニングします。

>

【価格.com】ミニコンポ・セットコンポ

拭き終わった綿棒が黒や茶色になるほど汚れているのであれば、新しい綿棒にクリーニング液を付けて、クリーニングを繰り返します。 (原因) CDを読み込む時には、TOCと呼ばれるディスクに書き込まれている目次情報を読みに行きます。 最近のミニコンポ・セットコンポは、音楽CD以外に、パソコンで記録したMP3、AAC、WMA形式などの音楽ファイルも再生可能です。 HDDコンポにおいて(ソニー調べ) *2 ATRAC 48kbpsモード時。 CD1枚あたり10曲入り、1曲を4分で換算 *3 NAS-D55HDはアナログ入力端子につないで録音。 (8) パイオニアのCDプレーヤーのピックアップレンズの脱落 (原因) 症状としてはTOCが読み込めていないので、ディスプレィにエラー表示が出て、トレイが開いてしまいます。 音楽CDの容量を10分の1程度にまで圧縮しても、極端な音質の劣化がないとされており、PCや携帯型音楽プレーヤーでよく使われています。

>

【価格.com】ミニコンポ・セットコンポ

楽曲や録音元の再生機器によって、曲の情報が取得できない場合があります• *1 ステレオミニプラグに対応• さらに、録音スピードがMD *3なら約3分 *4。 ディスプレィに時間が出るものは、TOC(目次)情報を読み込めたのですが、音楽データが読みとれないということになります。 またSACDプレーヤーやユニバーサルプレーヤーのピックアップには、CD用ではなくDVD用のピックアップが使われているものがあります。 レンズは正式には「対物レンズ」と呼ばれるもので、その下にアクチュエーターという部品が付いています。 この時に少しだけディスクを回すモーター(スピンドルモーター)を回転させます。

>

CMT

レンズの拭き方 強くこするのはNGです。 クリーニング液について ピックアップレンズのレンズの汚れは、ほとんどはマイクロダストが、こびり着いたものかタバコのヤニなどです。 ところがCDの内周部というのは、非常に高速で回転するので、正確にいうとブラシがピックアップレンズに衝突しているのと同じです。 (対策1) ピックアップのレーザーの出力ボリュームを調整します。 上位機種では、WAVやFLACなどのほか、ハイレゾやDSDのファイル形式にも対応しています。 60分の楽曲データが入っているCDで換算 アナログ音声コード *1で〈ネットジューク〉とカセットプレーヤーなどをつなげば、アナログ音源 *2をHDDに録音できます。 音楽CDの容量を10分の1程度にまで圧縮しても、極端な音質の劣化がないとされており、PCや携帯型音楽プレーヤーでよく使われています。

>

CDプレーヤーのCDを読み込みしない・認識しない・再生できない 故障の原因と修理・メンテナンスの方法

また、WMAも、MP3と並び一般的な圧縮形式です。 貯めた音楽は、〈ネットジューク〉で一括管理できます。 (対策) ピックアップレンズを接着してやると直ることが多いようです。 録音速度は等倍です *4 デジタル録音変換なし、LP4モード時。 そのため綿棒にクリーニング液をつけずに拭いても、汚れが取れないことが多いです。 (4) トレイの開閉を検出するスイッチの接触不良 (原因) メカのところにはトレイが開いた状態か、閉じた状態かをチェックするためのスイッチが1~2個付いています。 それにはピックアップの型番を行う必要があります。

>

さまざまな曲を貯める

(2) ピックアップの出力不足や寿命 (原因) CDプレーヤー用のピックアップの寿命は約1万~1万5000時間はあります。 拭き方はレンズを綿棒で撫でるような感じで拭きます。 ミニコンポ・セットコンポにHDDが搭載されていれば、CDやFM・AMラジオ(チューナー付きの場合のみ)などからHDDにダビングできます。 分解できないスイッチの場合は、隙間から接点復活剤を吹きかけると回復することがあります。 原因はパイオニアの1980年代~90年代中ごろのモデルでは、ピックアップのレンズの接着が悪く、レンズが脱落してしまうというトラブルがあります。

>