ボルトン 暴露 本。 ボルトン回顧録(暴露本)の購入方法|値段はいくら?日本語版の発売予定はいつ?

ボルトン氏暴露本 思いやり予算4倍要求、認める 「脅して交渉、トランプ氏指示」

トランプ大統領とホワイトハウスの政策失敗を批判したのが回顧録の主な内容だが、その中に米朝首脳会談と米韓首脳会談など、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権にとって敏感な内容も多数含まれているためだ。 百人百様の読み方がありそうだ。 ご意見、ご不満があれば、直接ボルトン氏に言っていただきたい。 この点についても米国民の大半は聞き飽きている。 「少人数での会合の冒頭、両国の政府高官が日米同盟や貿易について非公式なやりとりをしていた時のことだ。 今こそ、その点をトランプ氏に想起させる必要があると考えていたし、そのことを示した」 「シンガポールで行われた米朝首脳会談に先立ってワシントンでトランプ大統領と会談した安倍首相は北朝鮮について、『非常にタフでずる賢い』と言い切った」 安倍氏は、『北朝鮮にはまず具体的な措置をとるべきだ。

>

ボルトン氏の暴露本に苛烈反応した韓国政府 トランプ氏の意識促すため?

場所は日本国内の大阪のホテル。 トランプ氏の同盟軽視の姿勢が改めて露呈した。 新たなデータにはどんな情報があり、それによりこの世界の認識は如何に書き直されるのか。 日本の立場をできるだけ早く伝えたいと前置きしたヤチは、「北朝鮮の核兵器開発の決意は固く、今は平和的解決の最後のチャンスだ」と言う。 で、半年後のトランプ退任の時点では「結局何も無かった」ということで、QAnon支持者は大恥をかくことになるのです。 訴訟問題にならなきゃいいですが。 ですから、トランプがボルトンをクビにした理由など一切言いません。

>

ボルトン回顧録で韓国民の怒りが日本に向かう理由 「南北統一を邪魔して回る日本」、韓国高官が次々と批判の声(1/3)

トランプが、政敵であるジョー・バイデン前副大統領の汚職捜査をウクライナ大統領に求め、お返しとして軍事支援をちらつかせた疑惑だ。 2018年、フロリダ州のトランプ氏の別荘、マー・ア・ラゴで行われた日米首脳会談の時のことのようだ。 同年の5月27日東京で行われた日米首脳会談で、安倍首相は正式に6月イラン訪問を告げたそうですが、ボルトンによれば当のトランプはうたた寝中でろくにその話を聴いていなかったとのことです。 その親密な関係は日本にとって役立ってきたのか。 発売予告に対し、ホワイトハウスは10日、機密が含まれているとして修正を要求していた。 こうしたもろもろのネガティブ要因でトランプ再選にはすでに赤信号が点滅し始めている。

>

ボルトン「暴露本」が示した、想像を超える日本への関心と信頼 (2ページ目):日経ビジネス電子版

ボルトン氏は著書の中で安倍氏についてこう書いている。 前回、「崖っぷちトランプ。 結局バイデンが勝つでしょうけど。 ボルトン回顧録日本語版の発売時期は未定• とにかく反論や口答えされるのが大嫌いなトランプのことですから、あらかじめなんでも差し出し一切口答えしない安倍首相の存在がお気に入りなのは間違いないようですが、それはこの本を読む限りまったく対等なレベルではなく、あたかも属国の朝貢外交を露わにしてしまっています。 。 可哀想ですね。

>

ボルトン暴露本についての私の見方

トランプ氏は『協力には感謝する。 元政府高官たちは「どうしようもない軽愚者」 Fucking moron)、「酷い嘘つき」(Fucking liar 、「まぬけ」(Idiot)と言いたい放題だった。 首を長くして待ちたいと思います。 もっとも、こんなことは百も承知で面従腹背に徹しているのかもしれないが・・・」 「いずれにせよ、トランプ氏とボルトン氏には共通項がある。 ボルトン本に出てくるのは、むろんトランプ氏と習近平氏とのやりとりだけではない。 これに対し、日本のヤチは「シンガポール(編集部注:第1回米朝首脳会談を指す)がキャンセルされて大いにほっとした」と伝えてきた。 それはいかにボルトン氏が日本を理解していたとしても、彼が日本の政策決定に常に優しかったわけでは全くないことだ。

>

ボルトン暴露本が明かす日米韓関係の光と影(2020年6月27日)|BIGLOBEニュース

機能し始めた日本版NSC ボルトン回顧録を読んで最も驚いたことは、日本に対するボルトン氏の並外れた関心と信頼だった。 それだけにリベラル派や主要メディアからは目の敵にされてきた」 「今回なぜ本を書いたのか。 ボルトン氏が明かすトランプ大統領の言動は以下のようなものだった。 「トランプ氏は再選のためには国益も何も考えない。 追い打ちをかけるように出版されたのが、元側近のボルトン前大統領補佐官による暴露本『それが起きた部屋』だ。 それを批判することすらあきらめ気味になっている。

>