積算 電力 量 計。 JISC1271

電力量計

【4】 電力会社との契約種別。 従来型の電力メーターは、スマートメーターという新しいメーターへの交換がすすめられています。 この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで 一般に数千回~数十万回 は、操作が可能である値という意味もあります。 14の細分箇条ごとに試験を行い,各試験の前後の器差が,計器の種類ごとに,表25 に規定する最大許容器差を満足し,かつ,各細分箇条に規定する限度を超えてはならない。 2 a によって試験をしたとき,有意 誤りを生じてはならない。

>

ダウンロード|東光東芝メーターシステムズ株式会社

84 封印 部品,ソフトウェアなどを不正に修正,再調整又は削除できないよう計器を保護するための手段。 出力機構の部分。 スマートメーターとは スマートメーターとは、電力会社が設置する電力量計に、通信機能や開閉機能を付与した双方通信ができるものである。 計器又は電子装置のソフトウェアは,一つ以上のソフトウェアモ ジュールから構成される。 発信装置は含まない。 6 a によって試 験をしたとき,グローワイヤの接触によって炎及び赤熱がないこと,又はグローワイヤを取り去った 後,試料が燃え尽きることなく,炎及び赤熱が30秒間以内に消滅しなければならない。 電力会社が設けるプランの中にはによって電気料金が優遇されるものがある。

>

電力計と電力量計の違いを教えてください。また、どちらが別名“パワーメータ...

電力会社の係員が検針日に数字を読み取って検針票(請求書)を発行しています。 N相 中性線 の電流はR相電流とT相電流との差で決まりますからこの例ではゼロになりますね。 出典 [ ]• 105 器差試験 計量法に規定される構造に係る技術上の基準に適合するかどうかを定めるために器差を測定すること。 注記1 更新において通信の安全性を考慮することが望ましい。 建物の隙間や、植栽帯に隠れた場所に設置されている電力量計の検針には危険を伴うが、遠隔検針機能により安全性の向上を図れる。 組み合わせ変成器の階級は1. 5の10 Itrの負荷電流を通じて,器差を測 定した後,JIS C 60068-2-18,JIS C 5402-14-7及びJIS C 0920に規定する方法で行う。

>

デジタル式 積算電力量計

b 変成器付計器に適用する。 電力量計の容量選定 電力量計を選定する場合、定格の負荷電流の1. b 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。 9 地絡の影響 地絡中和器を備えている,又はスター点が絶縁されている配電網に接続する三相4線式の変成器付計器 は,7. b 合成樹脂製の計器の外箱は,7. このとき,導体はく (箔)はきょう(筐)体の金属の部分と接しており,試験端子との隙間は,2 cm以下となるように覆 う。 15MB パルス検出器・変換器 名称 取説 仕様書 カタログ 外形図 CAD図 パルス分離器 KU2B 1,086KB パルス変換器 KE6A・B 480KB パルス変換器 KE7A 359KB パルス変換器 KE8A 769KB パルス変換器 KE9A 2. 単相3線式計器及び三相3線式計器のみ 表示部に誤結線判別機能を搭載 表示部での配線状態の確認が可能であり、運用開始前の誤結線判別をサポートします。 注記 これらはハードウェア部分及びソフトウェア部分を含む。

>

電力メーターの正しい見方は?

しかし、本体寸法が小さくなるため、盤内収容の場合は箱サイズを小さくでき、電力量計によるコストアップを吸収できる場合があるので。 記憶装置が記憶容量の限界に達した後は,封印を破らなければそれ以上のソ フトウェア更新はできない構造でなければならない。 2 逆方向電流の影響 試験は,定格周波数及び定格電圧の下で,表41に示す力率の逆方向の負荷電流を通じて,計量パルスが 発生しないこと及びレジスタが計量しないことを調べる。 つまり、「60Aの契約」といってもこれは 100V に換算した数字で、電柱側から見たら 200Vで 30Aの電気しか流れないということです。 87 ソフトウェア識別情報 ソフトウェア又はソフトウェアモジュールに固有に結び付いている判読可能な文字の列。 13 電力開閉装置の試験 65 8 検定 65 9 使用中検査 65 10 対応関係 65 附属書A(参考)複合器差の推定 67 附属書JA(規定)検定の方法 69 附属書JB(規定)使用中検査 70 附属書JC(参考)水の影響の試験 71 附属書JD(参考)高温高湿の影響の試験条件 72 附属書JE(参考)計器寸法 74 附属書JF(参考)JISと対応国際規格との対比表 78 C 1271-2:2017 (3) まえがき この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本電気計測器工業会(JEMIMA) 及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出 があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

>

電力量計の容量について

2 定格動作条件 計器は,表2に規定する条件で正しく動作し,最大許容器差を満足しなければならない。 スマートグリッド導入によるメリット スマートグリッドの導入により、省エネルギー、省CO2社会を実現するという目的がある。 c このとき,計器の計量値が正しく比例して増加することを調べる。 >40A,50A,60A,6KVA? 35 C 1271-2:2017 例 機械的損傷は,計器外箱又は内部構造部品の変形又は破損,ねじの緩みなどである。 3(耐光性試験)による。 また,このときの器差を測定し,減衰振動波によっ て生じる器差の差を求める。 検定無し電力量計は検定付き電力量計よりも安価であり、コストを安く抑えられる。

>