ガンダム 名言 集。 【機動戦士ガンダム 名台詞集】マ・クベ「あの壺を・・あれはいいものだ!!」

機動戦士ガンダムの名言集|日常で使えるセリフ15選!名シーン・名場面も!

。 すべてはわからないけれど、わかるように頑張ります、 というのはサラリーマンとして、部下として百点満点の回答ではないでしょうか。 もしかしたらハッとして、戦いが止むかもしれませんよ。 スパロボなどは、中村さんキャラvs中村さんキャラで中村さんご自身がプレイする、なんてこともできてしまいそうです! おやめなさい! カイが爆撃をかわしながら連邦施設にたどりついた時のやりとり。 『機動戦士Zガンダム』が放送されたのは、今から約30年程前ですが、まるで高齢化の進む現代社会を予期していたかのような重みのある名言ですよね。 今思えば、中間管理職的な立場だったんですよね。

>

「機動戦士ガンダム」の名ゼリフランキング発表、1位に輝いたのは?

その熱中ぶりはもはやガンダムなしには一日も生きていけない! というマジな入れ込みようで、これには世のガンダムファンのみなさんの中でも共感しちゃう人が結構いるんじゃないでしょうか。 作中の公式設定ではこの時点のシャアは20才という若さで少佐 国家元首が最高司令官になる一般的な軍隊で純粋な軍人の元帥を一番上にした場合、上から7番目 という階級であったものの経験不足からの失態を悔いてのセリフ。 彼らはガンダムをもって、「武力による戦争の根絶」を目指す! ガンダム00クアンタ 刹那・F・セイエイ、目標を駆逐する! 刹那・F・セイエイ/ガンダム00 Amazonリンク リボーンズガンダム そういう物言いだから、器量が小さいのさ。 宇宙世紀100年の呪いが、解かれようとしていた・・・。 html ガンダムシリーズの名言ランキング3位には 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズでオルガ・イツカが放った とまるじゃねえぞ・・・がランクイン。 作中では直後に「おだてないでください」とアムロが返していますが、状況としてはホワイトベースは地球の大気圏突入能力を有しているものの、 1stガンダムに出てくる一般的なモビルスーツには大気圏突入能力は無く、大気との摩擦熱で崩壊してしまうため、 一歩間違えればガンダムも灰塵に帰す危険があった ただし、ガンダムには大気圏突入能力が実は搭載されていた だけでなく、戦艦並の砲を持つホワイトベースで使える武装も機銃程度という非常に緊迫した状況でのセリフになります。

>

【機動戦士ガンダム 名台詞集】マ・クベ「あの壺を・・あれはいいものだ!!」

大気圏内用のMS-17Aと宇宙用のMS-17Bが存在する。 大規模プロジェクトのリーダーであった彼にとっては、やはり「戦いは数だよ」だったのかもしれません。 第2話 アムロ アムロ これが・・・たっ戦い! シャアとの戦いの中での一言。 このときのカイさんは決して臆病風に吹かれていたわけではありません。 回想部分での出演……と、思われていたグラハムでしたが、まさかの、大復活劇が起こったのです! 8k件のビュー 2019年7月22日 に投稿された• さて、どんな台詞がランクインするのか・・・。 」 と叫んでいますが、冷静に考えると、ちょっと恥ずかしいマニューバ名ですよね……。

>

アニメ『機動戦士ガンダム』の名言集

5k件のビュー 2019年1月16日 に投稿された• 「悲しいけど、これ、仕事なのよね」といって自ら泥をかぶってやってみましょう。 僕はこのガンダムで狂った宇宙のすべてを破壊する 引き続きゼロシステムで暴走中のセリフです。 劣勢にあった地球連邦軍であったが、 戦艦ホワイトベース及びモビルスーツ・ガンダム等の開発が徐々に状況を好転させて行く。 ガンタンクは今ホワイトベースから出る所なんです。 リスクは高いし、自分が損害を被るかもしれない。 人数合わせで新人や未経験者をチームに入れるくらいなら、今のままの人員でやったほうが早い、というケースはあると思います。 機動戦士ガンダムは主人公の「アムロ・レイ」という少年が、突然戦争に巻き込まれ、ガンダムのパイロットとして生きていく話です。

>

アニメ『機動戦士ガンダム』の名言集

ストライクフリーダム 思いだけでも・・・力だけでも・・・ キラ・ヤマト/ガンダムSEED Amazonリンク ディスティニーガンダム なんでこんなことを・・・。 最後の勝利者となるまでのストーリーに数多くの特徴的な名言(迷言)が生まれました。 5t軽量化し、燃料である水素の吸蔵率も減らしている。 」 という声が上がっていたそうです。 このセリフのあと、中尉はガンダムとともに突撃し戦死します。 少人数のプロジェクトであればなおさら。

>

ライラミラライラの名言やセリフまとめ!シャワー回や強さとジェリドとの関係も

ガンダム強すぎ!それにしてもモビルスーツが怯えてるとは、ガンダムびくびくしてたのか!?(ぁ 第1話 シャア シャア 認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを・・・。 サイド7から地球へ降下、様々な戦いを経て今再び宇宙へ飛び立つホワイトベース。 因縁めいたものを感じてはいるがね」 第3話「変わる世界」 「モビルスーツの性能の差が、勝敗を分かつ絶対条件ではないさ」 第11話「アレルヤ」 「人呼んで、グラハム・スペシャル! こうは言うもののトレーズとミリアルドは最後まで何だかんだ仲良しだと思います。 ランバ・ラルの時とは別の意味で印象に残ります。 ライラ・ミラ・ライラが搭乗していたと言うことは、本人はエースパーロット級の操縦技術を持っている証ということではないでしょうか。 ガンダムパイロットたちを凌駕する能力を持った天才キャラでもあり、ガンダムWの エレガントな雰囲気の中心にいました。

>