新規 失業 保険 申請 件数。 アメリカ・新規失業保険申請件数|経済指標|みんかぶFX

米先週分新規失業保険申請件数、予想外の増加、ドル軟調

7-9月期個人消費改定値は前期比年率+40. アナリストは73万件への減少を予想していた。 マコネル米上院共和院内総務が独自の対策案をだしたほか、上下院の超党派グループが9,080億ドル規模の経済対策案を公表。 調整前ベースの失業保険申請件数は2万0799人減の72万3105人。 7万件)を上回ったことが相場の重石となりそうだ。 26日が感謝祭の祝日に当たるため、新規失業保険申請件数は1日前倒しで発表された。 [ワシントン 12日 ロイター] - 米労働省が12日に発表した11月7日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、70万9000件と前週から4万8000件減少し、3月以来の水準に改善した。

>

再送:米国経済指標【新規失業保険申請件数】

人種別の失業率は、こんな感じ。 5%から鈍化したものの予想を上回った。 失業保険申請件数の増加は、イリノイ州で前週比2万3200件急増したことを反映。 あくまで先行指標の1つとして参考にするのに留めておきたい経済指標と言えます。 青線:新規失業保険申請件数、オレンジ:継続申請件数(どちらも季節調整あり。 若年層の失業が高いことを考えると、受給資格無しと判定されて却下されている人もいそうに思われる。

>

米新規失業保険申請件数、予想上回る−回復ペースまだ不安定(Bloomberg)

PNCファイナンシャル(ピッツバーグ)のシニアエコノミスト、ビル・アダムス氏は「コロナ流行が制御されておらず、今後数週間から数カ月間の成長を大きく下押しするリスクがある」と指摘した。 10月31日までの週の失業保険受給総数は678万6000件と、前週の722万2000件から減少した。 景気が悪化すると、平均時給が増加するというのは新しい学びであった。 これで6週連続の減少。 変動の激しい輸送用機を除いた10月耐久財受注速報値は前月比+1. 5月28日 追記 本日発表されたデータによると、 雇用統計の集計週である5月16日週の受給率は14. コロナワクチンの予防効果を巡る最近のニュースは心強いものの、コロナ感染は再び増加しており、エコノミストは過度の楽観に警戒している。 雇用関係の各指標 雇用関係で発表されるデータは「 雇用統計、 ADP雇用統計、 新規失業保険申請件数」などがある。 米ドル/円 <日足> 「株探」多機能チャートより 米商務省が発表した7-9月期GDP改定値は前期比年率+33. 7%から鈍化予想に反し拡大。

>

新規失業保険申請件数の意味と読み解き方

10月31日までの週の失業保険受給総数は678万6000件と、前週の722万2000件から減少した。 ) 緑:失業保険受給率、紫:雇用統計の失業率 新規申請(青色)は減少しているが、継続申請(オレンジ)は増加し続けているのが全体の概況である。 何かの参考になれば幸いです。 労働省が発表した先週分新規失業保険申請件数は前週比3万件増の77. 株価の水準的には、節目の2万9500ドルから上下500ドルレンジを試したタイミングで、ダウ平均は、ひとまず中心レンジの2万9500ドル付近(=5日移動平均線:2万9546ドル)で買い方・売り方の力比べとなりそうな1日となる。 5%になる。 3%程度、存在するという事を表しているように思われる。

>

NYコラム(19日)ダウ平均は軟調な取引スタートか⁈−新規失業保険申請件数は市場予想を上回る増加 投稿日時: 2020/11/19 23:23[加藤裕一]

まぁ、いずれにせよ、 代替されないような専門的なスキルを身に付けることが重要だと再認識させられるデータであった。 また、が出る前に4-5回の発表があることから、本件数のトレンドから雇用統計のコンセンサスが形成されます。 個人的には、社会に出てからの時間の方が、圧倒的に長いので、学歴よりも、学び続ける事の方が重要だと思っているけれど、学歴は雇用に対して一定の強さがあるように見て取れる。 3%となっているのは、たまたまの偶然。 この差は、 再雇用されたか、申請が却下されたか、受給資格の期限が切れたかだと想定される。 加えて、新たなコロナ感染が全国で爆発的に増加しているため、一時解雇の動きが加速してもおかしくない状況だ。 毎週木曜日に発表される週ごとの失業保険の申請件数• 現在、毎週木曜日に労働省から米国全体と州毎の数字が発表され、週次のため速報性はありますが、1週間毎の数字の動きの振幅が大きいことから、トレンドをつかむために4週間移動平均などがよく参考にされます。

>

新規失業保険申請件数の意味と読み解き方

8万件と、前回から減少予想に反し増加し、5週間ぶり最大となり、雇用環境の改善が進んでいない証拠となった。 ) 図を見て分かるように、 累計(黄色)より、受給者(灰色)は、かなり少ない。 新規失業保険申請件数の増加は、必ずしも失業率の悪化とイコールではない• しかし、雇用統計とADP雇用統計は乖離が発生する事が多いので注意が必要。 この記事の概要• ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 (どちらの月も2. ただ、統計にはフロリダ州やジョージア州が含まれておらず、件数はさらに膨らむとみられている。 新規失業保険申請件数の累計と、実際の失業保険受給者を比較してみよう。

>