井上 尚弥 ロマチェンコ。 井上尚弥VSロマチェンコの対決はいつ?階級の調整はどうなる?

ライト級世界王者テオフィモ・ロペスのお気に入り選手に『井上尚弥』!

入場曲は佐藤直紀作曲で、ドラマ『』のテーマ曲である「Departure」を使用している。 こうしたリークをして、ファンの反応を見ているのではないでしょうか? そして脈があれば、WBSSの決勝の結果を受けて、何らかの動きがあるのかな、という気がします。 大一番のファイトマネーは?• ボクシング界のレジェンド、マイク・タイソンやマニー・パッキャオらもロペスの勝利を歓迎している。 この後から最後まで、井上はドネアが二重に見えていたという。 スコア的には7ラウンドが終了した時点でロマチェンコの勝利はかなり厳しい状況にあった。

>

井上尚弥VSロマチェンコの対決はいつ?階級の調整はどうなる?

(2019年9月6日、日本テレビ)• 井上はパッキャオの至高の攻防技術を仕込んだフレディ・ローチの師事を仰ぐべきと考えます。 大相撲 [12月6日 20:44]• 16戦目での3階級制覇達成 [ ] 3月6日、同年5月25日に大田区総合体育館でWBA世界バンタム級正規王者の()と対戦し3階級制覇を目指すと発表した。 担当トレーナーは父の。 試合は2回に連打でダウンを奪うなど有利に進め、5回2分51秒TKO勝ちで八重樫東らと並ぶ当時の国内男子最短タイ記録となるデビュー5戦目(2014年にに更新される。 通常より1分多い1回4分間設定のスパーリング方式で1日に9回を担当。 自分的にはロマチェンコより上で、全盛期のパッキャオとはタイでゴロフキンとではどちらが上か分からないのが正直なところです。

>

3媒体でカネロ、ロマチェンコ、井上尚弥がトップ3 米サイト「ボクシングシーン」は井上を1位に

テレビ出演 [ ]• 従兄の もまたアマチュア選手として時代に三冠を達成し 、に在学していたが 、4年で中退し和歌山県の建設会社所属で紀の国わかやま国体成年男子の部ライトウェルター級優勝 や全日本社会人選手権優勝 を達成しアマ五冠達成の後、プロに転向した。 大相撲 [12月7日 14:27]• それに加え、流血した経験も18戦目までは一度もなかったが、2019年11月7日のWBSS決勝試合の戦(19戦目)では2R左フックをもらい、右瞼をカットし、鼻血を出した上、右眼窩(がんか)底と鼻の右下の2か所を骨折する重傷を負った。 WBO公式サイト 2016年10月10日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月30日• 現状の段階でいいますと、皆さんのご指摘の通り、 ロマチェンコのほうがインファイト技術が井上選手よりもはるかに上回っていますし、何よりはあれだけ動きながら的確に無数のパンチをヒットさせる技術は別次元にいると言っていいほど上回っています。 実は世界最速の 「12戦目」で世界3階級制覇を成し遂げたロマチェンコに対し、井上尚弥さんは 「16戦目」で世界3階級制覇を成し遂げています。 17階級のボクサーの強さを格付けするPFP。 井上尚弥VSロマチェンコ 階級の調整を理解しよう! もしロマチェンコに挑戦するとなれば、井上尚弥は上の階級にあがって戦うことになります。 井上尚弥)• 特にロマチェンコは。

>

ロマチェンコと井上尚弥が対戦したらどっちが強い?PFP対決だ

間をとると「フェザー級」になりますが、ロマチェンコはもともとフェザー級。 日本は数多く世界王者を輩出していますが、やはり本場の 「本物の」チャンピオンと戦うと思うような結果が残せていないのが現実でしょう。 その点は、後述するようにあの 井上尚弥選手も非常に高く評価しています。 「???」とクエスチョンマーク3連発だけを記し、最大10ポイント差の付いた判定への疑問を示した。 それ以上は待てないので2018年からはバンタム級以上に階級を上げる」と度々コメントしており、2016年9月にゴンサレスがスーパーフライ級に上げて4階級制覇を達成したことで一時は対戦が現実味を帯びていた。 : より(要約) 井上選手はザ・リングのPFPでロマチェンコ選手に次ぐ 3位の世界的実力者。

>

井上尚弥がスパーリングで「ロマチェンコ超え」

今後はロマ級へアップ期待 大橋会長によると、最近の井上尚弥選手はジムで4~5ラウンドのスパーリングを重ねる日々。 しかし、それでも巧みな試合運びで主導権を握り続け、最終12回にはKOを狙って痛みに耐えながら猛攻を仕掛けてダウンを奪うなどKO寸前まで追い込み、12回3-0 2者が118-109、116-111 の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。 ビラは強敵、ナバレッテがそのボクシングで粉砕するのか、それともビラがテクニックでマタドールのようにかわすのか。 一方、ウバーリについては「また拓真がいけばいい」と発言した。 スーパーフェザー級ではマルチネス選手(プエルトリコ)を豪快に5回KO。 ロマチェンコはライト級王者ですが、もとはフェザー級。 リング誌が制定しているパウンド・フォー・パウンドの2位がロマチェンコで3位が井上。

>

井上尚弥とロマチェンコはどっちが強い? 海外議論沸騰「イノウエは弱点を晒した」

「35歳で引退」を掲げている井上は、かつて最後の3年間をフェザー級で戦うという未来構想を語ったこともある。 。 なので必然とインファイト又は正面突破の戦いになります。 大きな未来が待っている。 ウォータース(ジャマイカ)、ソーサ(米)、マリアガ(コロンビア)、リゴンドー(キューバ)各選手といった 強敵の挑戦をいずれもKOで退けて防衛しています。 2016年プロボクシング部門 技能賞• ワシルが勝ったことは明らかだった」とロマチェンコの勝利を主張している。

>

井上尚弥VSロマチェンコの対決はいつ?階級の調整はどうなる?

日刊スポーツ 2019年6月25日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月29日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月4日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月5日• com 2014 Fighter of The Year• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2014年4月22日• ジムとの契約書には井上自身の希望で「強い選手と戦う。 日刊スポーツ 2016年3月28日• 7月2日に開かれたプロ転向・大橋ジム入りの発表会見では()が持つ世界王座最短奪取記録の更新を宣言した。 1922年創刊のリング誌は『ボクシングのバイブル』という異名を持つ。 3日後の10月21日、八重樫東と3分2回のエキシビションマッチを披露した。 IBF世界ライト級王者ロペスは、10月3日にロマチェンコと試合の交渉を進めている。 パウンド・フォー・パウンド(PFP)の両雄は4階級差が存在するが、海外メディアからドリームマッチ実現への待望論が浮上している。 第80回全日本アマチュアボクシング選手権大会ライトフライ級準優勝• 彼がPFP2位。

>