武漢 研究 所 亡命。 新型コロナで注目の“コウモリ女”が「中国から機密文書を持ち出して米国に亡命」情報の真偽(西岡省二)

【石正麗(せきせいれい)】とは誰?武漢ウイルス研究所から亡命か?

英国のメディア「デイリー・テレグラフ」は、アメリカ、オーストラリア、その他 5か国で構成される調査機関「ファイブ・アイ・アライアンス (Five Eyes Alliance)」が、新型コロナウイルスの発生源が、武漢ウイルス研究所なのか、それとも、武漢の海鮮市場なのかを調査中だとしていて、中国とオーストラリアも、この調査に参加したと報じている。 イェンリーモン博士は新型コロナウイルスの発生源に関する、科学的証拠を掴んでいると語っています。 大紀元メディアグループの衛星放送「新唐人テレビ」はこのほど、米トランプ政権で首席戦略官を務めたスティーブ・バノン氏に取材した。 彼女は「政府から沈黙して注意しなさい」と忠告されていました。 非常に決定的なものだ」 () この発言と、亡命した可能性がある武漢ウイルス研究所員のシー・ツェンリさんの持ち出した機密書類に関係があるかどうかは現時点ではわからないですが、その書類が武漢ウイルス研究所の機密書類であるならば、決定的な証拠といえるものとなる可能性もないではないかもしれません。

>

武漢研究所亡命者は石正麗氏ではなく上のポストの人か。米でウイルス研究者銃殺事件はどう関係しているのか

最後までお読みいただきありがとうございました。 また彼女が香港で働いていたとき、当局と香港大学の元監督者によって沈黙させられました。 イェン博士が勤務していた香港大学はイェン博士に関する情報をすべて削除し、電子メールやポータルへのアクセスをすべて中断させた。 新型コロナウイルスは、コウモリ起源で絶滅危惧のセンザンコウ媒介。 彼女がフランスの米国領事館に亡命との噂。 石正麗の現在:極秘書類を持ってフランスに亡命 石研究員の亡命について「アノニマス ポスト」は次のように報じています。

>

武漢ウイルス研究所の上級研究員がヨーロッパへ亡命|郭文貴氏がスティーブ・バノン氏の番組内で暴露

イェンリーモン博士は香港大学公共衛生学部で、ウイルスガクと免疫学を研究していました。 また血管を修復する為にできた血栓によって脳卒中や心筋梗塞を引き起こす。 報じていたのは台湾の自由時報で、これは台湾国内で発行部数一位の新聞メディアですので、ゴシップ記事のたぐいではないと思われます。 新型コロナウイルスは今のところ自然発生とされているため、責任の所在はあやふやです。 バノン氏は4年前の米大統領選挙でトランプ陣営の選挙対策本部長を務め、その後トランプ政権の首席戦略官を務めたことで知られる。 研究員たちの証言からすると、武漢ウイルス研究所はとんでもなくずさんな管理がなされていた。

>

亡命中の武漢ウイルス研究所の研究者との面会、バノン氏は明言せず

たった1日ですむはずだ。 現代アメリカ史において、我々は最も異常な危機に直面している。 また、中国と米国の情報機関から警告を受けたかとバノン氏に聞いたところ、同氏はまた明言を避け、「 中国当局からの脅迫が絶えたことはなかった」「だからボディーガード・サービスを使っている」にとどまった。 中共は、2011年か2012年頃から生物・化学兵器研究所の設立を計画してきた。 彼女は真実を話せる場を求めて、アメリカに飛ぶ決意をしたという。 FOXニュースによると、彼女は早期に同僚と新型コロナウイルスを研究していましたが、中国政府の隠蔽工作と検閲によって妨害されました。 そんな中、 ドナルドトランプ米大統領が 武漢にある研究所からウィルスが漏れたのではないかと指摘。

>

【速報】米国に亡命した中国のコロナウイルス学者「新型コロナウイルスは武漢研究所で人工的に作られた。」と証言。

そんな中、ドナルドトランプ米大統領が武漢にある研究所からウィルスが漏れたのではないかと指摘。 * * * 先週金曜、バーチャル会議としては2回目となるG20会議が予定されていた。 中国、というか、 中国共産党の解体をアメリカを始めとした多くの国が望んでいるでしょうから、どこかで大きな衝突が発生する可能性が高まってきました。 「私が世界に真実を伝えなければ、私はそれを後悔することを知っています。 12月の末に中国本土で発生したSARSのようなウイルスの奇妙な感染クラスターについて調査をするようにと、研究所の上司であるレオ・プーン博士からヤン博士は求められた。 イギリスのサンデータイムズはは7月5日、2013年に発生した感染症のサンプルを武漢研究所が保管していたと伝えました。 ポンペオ米国務長官は5月3日、中共ウイルス(新型コロナウイルス)が武漢ウイルス研究所から発生したとし、「かなりの証拠がある」と述べた。

>

武漢ウイルス研究所の上級研究員がヨーロッパへ亡命|郭文貴氏がスティーブ・バノン氏の番組内で暴露

」 「ウイルスは自然発生したのではない」と彼女は主張し、彼女は中国の疾病予防センター(CDC)と地元の医師から直接情報を持っていると説明した。 特定非営利活動法人エポックメディア• — 鈴木傾城 keiseisuzuki 今、中国の武漢ウイルス研究の主任研究員「石正麗」氏に関する情報が飛び交っている。 。 さらに、マスクをはじめとする医療用品を世界中に寄贈してきた(AFPBB News/5月7日付) 現在、中国では 台湾に対して、武力統一論が再燃しているそうです。 さて、武漢ウイルス研究所はフランス政府の協力によって作り上げられたが、フランス政府は運営開始前に中国政府から締め出しを食らっている。

>