米子 青果。 フルーツカフェ サエキ (【旧店名】フルーツカフェ ハタノ)

【株式会社 米子青果 】の採用サイト

こういう方が日本を支えてくれたんだなあ。 お昼のみの営業ですが、店主は1月1日しか休まないとおっしゃっていました。 ストレスがたまることもあれば、テンションが上がらないこともあります。 商店街から大丸に抜ける道沿い。 使っているのは北海道 幌加内産のそばの実です。 香ばしくておいしい。

>

企業情報

「市場から販売会社へ」をスローガンとし、昔ながらの市場というイメージから脱却した新しい米子青果に生まれ変わります。 メニューはかまあげ、山かけ、天そば、もり、とろろの他、そば粥、そばがきもあります。 と思いました。 店主曰く、ここの高校にはそば打ちを教えるところがあるとのこと。 店主はこのそばの実を自ら挽き、自ら手打ちをしてそばを作ります。 そこで今後の取組みとして、 1、「今まで以上に安心・安全な商品を提供」 2、「消費者のニーズを掴んだ商品の提供」 3、「オリジナルブランドの育成」 を目標に掲げ、時代の変化に対応していきます。 それは、とにかく丁寧に相談にのってあげること、わかるまで教えること、きちんと先輩として経験を活かしたアドバイスをしてあげることです。

>

【株式会社 米子青果 】の採用サイト

しかし、今時代は大きく変わろうとしております。 「ここの高校生は自分よりも上手にそばを打つ」と笑いながら話す店主が素敵です。 こだわりのそばの実と自家製粉、手打ち。 値段は少々張るが良いそばの実。 店主がすべて手作業でやるため時間がかかります。 現在私には直属の後輩が4人いて、心がけていることがあります。

>

フルーツカフェ サエキ (【旧店名】フルーツカフェ ハタノ)

しかし、創業当時から時代が移り変わり、会社をとりまく環境も大きく変化しました。 情報化時代にあって、消費者の望む商品を迅速に供給すべく情報システムの活用と物流システムの構築により今までの体制を変革する努力をしております。 東亜青果は、昭和16年に東亜物産貿易株式会社として設立されました。 同窓会があって、正月以外に休みそうになった話。 それは、インターネットや通信販売の普及により、街のスーパーを通さず産地から直接消費者へ青果物が届けることが可能になったためです。 この店の前は法勝寺町でお店をやられていたそうです。 そして素敵な店主。

>

フルーツカフェ サエキ (【旧店名】フルーツカフェ ハタノ)

社員一丸となり若い英知とエネルギーを結集し、今までの古い発想を塗り替え、新時代の青果流通に積極的にチャレンジしていきます。 外観はこんな感じです。 教育する立場で頑張る 仕事をする上で大変なことは、体力面よりもメンタル面だと思います。 年3回の会社の行事以外にも部署単位で飲み会もしてコミュニケーションをしっかり取り、チームの団結を図っています。 何も言わないのに、そば粥をサービスしてもらいました。 旧制中学の話。

>

【株式会社 米子青果 】の採用サイト

もちろんそばのこだわりの話。 その市場の敷地内にあります。 香り豊かで、甘いそばです。 さらに市場法の改正による規制緩和など、めまぐるしく青果流通の環境は変化をしています。 。 僕が爪の垢を煎じて飲まないといけませんね。

>

【株式会社 米子青果 】の採用サイト

米子青果は、昭和15年に設立して以来、青果流通を通して地域の皆様に愛され支えられ続けてきました。 開店時間がお昼のみなのは、閉店してからそばを挽き、そばを打つためです。 この市場の向かい側。 僕は米子大丸をほとんど知りませんが、きっとすごく活気があったんでしょうね。 幌加内町は北海道の北部?旭川の北にあります。

>