着衣 脱糞。 脱糞 (だっぷん)とは【ピクシブ百科事典】

着衣脱糞 (ちゃくいだっぷん)とは【ピクシブ百科事典】

やがてそれも飽きたのか、豚顔に歪んだアリスの顔にツバを吐きかけてから、小屋を去っていった。 アリスの放屁である。 体中の穴という穴をだらしなく開いて汚らしい汁を垂れ流しているその姿は男の言う通り、気高く美しかった人形遣いの面影はない。 また、漏らさざるを得なかった便というのは往々にしてによるであり、になっているため、を汚すだけでなくやなども汚れるとなり、下着に収まらない分が伝いに垂れ流れることもよくある。 用がなくても話かけることくらいあるぜ」 「用がないなら私はもう行くわよ」 アリスは魔理沙に背を向けて家に向けて歩を進めようとした。 画面には時間などが表示され、生放送で晒されてしまってる感が出ているし、現実的な想像をするのはさほど難しくないと思われます。 「わ、わたしのおしりがぁ……」 アリスの肛門は便を溜め込むという機能を徹底的に破壊され、惨めなその残骸をさらしていた。

>

美人女子アナがリポート中に着衣脱糞する映像

アリスは排泄を見られる羞恥に顔を真っ赤にして、自分に降り掛かった悲劇を呪った。 だが男はアリスの回答に不満があったのか地面に伏して肛門を開いている後ろの見えないアリスに音もなく近づいて、アリスのお尻の穴に向かって指を突入れた。 小傘と早苗がレイプぎみにいちゃつく話です。 そしてアリスは下着に手をかけ、膝までおろした。 アリスの肛門は病的に白い彼女の肌とは違い、色素が濃く浮かび上がっている。

>

アリス、着衣脱糞肛門陵辱 作者: ばつ

「こ、これが、わ、私の肛門……うんちするための穴よ……毎日私はこの穴から食べたものを排泄するの。 首と手足が杭によってまるで動かない。 今回は結構な量のうんちをお漏らししちゃいます。 ご注意ください。 大体の場合 取り返しのつかないことになってしまう。 巨大な何かがアリスの頭めがけて振り下ろされた。

>

着衣脱糞 (ちゃくいだっぷん)とは【ピクシブ百科事典】

だが、アリスの人形劇の人気は絶大であった。 浣腸だけはもう二度とされたくない。 随時更新します 最新作1組目のご紹介です。 アリスの前には三脚が付いたビデオカメラが設置されていた。 そう思うといつもムスっとしているアリスの顔に笑みが浮かぶのも自然なことだった。 そこから出てくるものなんて一つしかないではないか。 男が指を引っこ抜くと排便の感覚にも等しい衝撃がアリスの身体を貫く。

>

作者: ばつ

腸内に溜まってた彼女の大便はとてつもない量であった。 「どうなってるのよ一体……」 アリスが苦しげに辺りを見渡そうとした。 アリスにとっては永遠とも思える地獄の時間であった。 アリスの腸に吐き出された男の精が彼女の汚物と混じり合う。 気持ちの悪い排泄物の感触がいまだにアリスの太ももに残っている。 おそらく明日の呑みの主な話題になるのは魔法使いらしく二人の今興味を持っている魔法についてになるだろう。

>

アリス、着衣脱糞肛門陵辱 作者: ばつ

「ひっ……」 冷たい液体が腸内に入ってくる感触にアリスは歯を食いしばった。 特に子どもからの人気は高く、アリスが帰る時には大騒ぎし、寂しくて大泣きしてしまう子もいるほどであった。 彼女のような美少女がひりだしたとは想像もできない太い一本糞がボトリと地面におち、それから小さい汚物がその上に転がった。 Megalopolis 40• パシンという音がして、アリスが痛みにまたもや甲高い悲鳴をあげた。 「本当に止めて……こ、このままじゃ、……で、でちゃう……」 アリスはそう言ってから、すぐさま自分の発言に顔を紅くした。 「あ、ああ……ああああ……ああああぁぁぁぁぁっ」 言葉にもなっていない嬌声をあげながらアリスが大便をひりだしていく。

>

アリス、着衣脱糞肛門陵辱 作者: ばつ

「まぁ、行ってあげてもいいわよ」 「そうこなくっちゃな」 魔理沙が嬉しそうに快哉を叫んだ。 は、恥ずかしいけど、今自分で開いてる……。 おぞましい記憶を蘇らせて、アリスの肩がカタカタと震えていた。 これだから人間の子どもはワガママで嫌いだわ」 アリスは子ども達にも聞こえるように文句を言ったが、そんな彼女の態度とは裏腹に子ども達はこぞってアリスにもう一本だけとねだった。 アリスの臀部がその排泄物の分だけ質量を増す。 は色々考えられるが(特に)の場合は、に行くとなどにからかわれることが大きいだろう。

>

着衣脱糞 (ちゃくいだっぷん)とは【ピクシブ百科事典】

浣腸してパンツを履いて、どちらが我慢できるかというゲーム。 そして同時におぞましいことに気づく。 「でるって何がだ?」 「……お、お腹の中のものよ」 「言い方が違うだろ」 男が反対の手でアリスの尻肉を思い切り叩いた。 だが男の愛撫は更にエスカレートしていく。 「で、でるわ……うんち……」 アリスの下着に小さくシミが出来て、それは徐々に大きくなっていく。 一体何本アンコールさせれば気がすむのよ。 素早く人形を操り、瞬く間に男を組み伏せてしまった。

>