水平線 が 光る 朝 に。 Lyrics Suiheisen (水平線) by back number (romaji) from album

[推薦]back number

後ろ姿の彼女は一度差した傘を投げ捨て、雨の中を歩き出す。 その運営を担当していた高校生たちから、back numberあてに手紙が届いたという。 しかし、大学には通えずサークル活動は休止されているため、先輩はおろか同回生の友だちすらできません。 彼は音楽を 「置いておく」と表現した。 ちなみにこの曲は、 の影響で インが中止になってしまった高校生へ向けて作られたそうです。 彼の優しくて繊細で真っ直ぐな人柄が痛いほどに表されている文章だと感じました。

>

水平線~初心者向け簡単コードVer.~(back number) / コード譜 / ギター

よろしければ。 先人としてなのか大人としてなのか 野暮な台詞を探してしまいますが、 俺たちはバンドマンなので 慰めでも励ましでも無く音楽を ここに置いておきます。 中高生のために大会を作ることに必死になっていた大人たちへ。 そんな中で、私たち聴き手に寄り添い続ける音楽を届けてくれる姿に 感動しかありません。 どうしたらいいかわからない下級生はたくさんいる。 トップランナーが夏合宿に行く中、行けていない多くの大学生。

>

【back number/水平線】歌詞の意味を徹底解釈!グッとくる制作背景と現状に刺さる歌詞に注目。

ポンっと表面的に背中を押そうとする訳ではなく、 手の届かない心の深いところで寄り添ってくれているような、そんな曲。 表現者としてそう在り続けることはとても難しいことだと思うけれど、私もそんな風に生きたいとこの楽曲を通して強く感じました。 そして自分の背中=自分に見えない世界をもっと知ろう。 「2年生同士もあんまり知らない人が多いんですよね」 1年間過ごしただけだと、なかなか深い人間関係を築くのは難しかったと思う。 以下は公式MVで綴られていた清水さんのメッセージです。

>

【水平線/back number】歌詞の意味を解釈!【現状への想い】

そして彼女は、ただ遠く、海の向こうの水平線を見つめている・・・ そんな映像を背景に曲が流れていく。 そして、今日とちょっとだけ違う明日が始まる。 まさに涙を飲んだ学生目線で歌っているようです。 【水平線が光る朝に あなたの希望が崩れ落ちて 風に飛ばされる欠片に 誰かかが綺麗と呟いてる】 【耐える理由を探しながら いくつも答えを抱えながら悩んで あなたは自分を知るでしょう】 まるで私の心を見透かされているようでした。 しかも「慰めでも励ましでも無く」。 彼らの楽曲を聴くと、当時の光景はもちろん匂いまで鮮明に蘇ってきます。 「頑張れ。

>

水平線(back number) / コード譜 / ギター

頭の中の整理はついていないままでしたが、どこか懐かしさを感じさせるようなメロディに乗せて流れてくる縦書きの歌詞に、私は自然と惹き込まれていきました。 悲しい声で歌いながら いつしか海に流れ着いて 光って あなたはそれを見るでしょう 嘆いて悔やんで怒った先にあるのは、自分のこれまでを受け入れてもう一度歩き出せるような 輝き。 一縷の希望を握った手を下ろさないでくれという メッセージにも感じられるリリックです。 耐える理由を探しながら いくつも答えを抱えながら 悩んで あなたは自分を知るでしょう back number「水平線」 そう、「苦しいのはきみだけじゃない」という言葉とは違う。 そんな下級生たちの受け皿となれるように、今までの経験を活かして動いている。

>

back numberの新曲『水平線』について。

ただ今の自分の心を大事にしよう。 やり場のない悔しさを抱えている今だからこそ、別の視点で自分を、他の人の気持ちを考えてみよう。 そして自分以外には見えないものが「 心」 自分自身が終わりを迎えるその日まで、常に生を共にしてきた【 もう一人の自分】ともいえる存在です。 普通の大人なら、誰のせいでもなく起きてしまった現実を受け入れて、次へのステップへ向かおうと言いそうなところだ。 ''俺たちはバンドマンなので 慰めでも励ましでも無く音楽を ここに置いておきます。 なぜこんな理不尽に耐えなければいけないのか、正しい答えはあるのか、悩み続けて、いつか自分のことを知っていくんだ。 今の自分の心をしっかり見つめ、そこから他者や未来に視線を向けていこう。

>