福間 洸 太朗。 LFJ初登場!~福間洸太朗さん

ヤマハ

「万全な応援態勢が組めずにいたし、この活動もまだまだ知られていない。 いつもの恒例 ? のように調べてみました。 演奏後には、会場中が大盛り上がりで拍手喝采でした。 今までさまざまな場所で演奏してきた中で、1番印象に残っているのはどのコンサートですか? やはり、ニューヨークでのデビューコンサートです。 各公演には、常に独自のコンセプトに基づいた多彩なプログラミングで臨んでいる。 KotaroFukuma -• まさに「洸」太朗さん、現る!!ドビュッシーの「雨の庭」では、ポツポツと降ってきた雨は、急にザーッと嵐になったり、不意に止んだかと思えば、地面にじわじわと染み込んだり・・・形を持たないはずの水が、いろいろな形で見えてくるみたい! 後半すっかりホットにスイッチオン? ジャケットを脱いでの熱演。

>

福間洸太朗|アーティスト・インタビュー|トリトン・アーツ・ネットワーク

福間洸太朗さんのまとめ みなさん、今回の福間洸太朗さん、いかがでしたか? 先にご紹介致しました森下唯さんもなのですが、演奏技術はもちろんですが、 あれだけの高速でピアノを弾きながら、リズムもぶれず、曲そのものも雑に ならず、素晴らしかったですね。 すごい一体感! アルベニスの「ナバーラ」という曲では、まるで日本船「福間丸」に乗り、ヴァカンスでイベリア半島に連れて行ってもらったみたい。 11月東京・浜離宮朝日ホール、武蔵野市民文化会館、三重県文化会館でリサイタル、日本センチュリー交響楽団とグリーグのコンチェルトを共演、12月には、NYコンサート・アーティスト&アソシエイツ主催のオーディション優勝者として、カーネギーホールでリサイタルを予定。 そして、その場で生まれる音の響きを、身構えずに堪能してみてください。 CDは「France Romance」 ナクソスジャパン など15枚をリリース。

>

福間洸太朗 インタビュー

2020年2月16日、ヤマハホールで開かれた「福間洸太朗ピアノ・コンサート」は、福間自身がピアノ独奏用に編曲した「ラ・ヴァルス」をはじめ、様々な原曲を他の作曲家やピアニストがどう解釈し、編曲したかという、トランスクリプションを聴く楽しみを広げた。 2008年2月の南アフリカツアーで、その大学のコンサートシリーズに呼んでいただいたのが出会いのきっかけです(武満徹作品を中心に関連のある作曲家の作品を取り上げたレクチャーコンサート)。 演奏後に友人と、「オーケストラの原曲より、福間さんの編曲した方が好みかも」と話していたくらいです。 少し早めに会場に着いたのですが、すでに多くの方が入り口に列を作っていて、福間さんの人気ぶりに驚きました。 - より、「ショパン:バラードの音魂」(COGQ-66)• いまや日本のピアノ界の未来を担うお一人として、世界中を演奏旅行で駆け回り、あの「徹子の部屋」にも出てしまう注目の人。 2016年7月にはネルソン・フレイレの代役として急遽、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団定期演奏会において、トゥガン・ソヒエフの指揮でブラームスのピアノ協奏曲第2番を演奏し喝采を浴びた。

>

福間 洸太朗 Kotaro Fukuma

日差しを浴びて「ハロー!スペイン!オラ!」なんて言いながら、なぜか女優帽をかぶりヴァカンスしてしまっている妄想が。 。 (2012年3月 トッパンホールにて). 福間さんは、ピアノリサイタルだけでなく、フィギュアスケートの羽生選手やパリオペラ座バレエ団のダンサーとのコラボレーションなど幅広い分野で活躍されているようです。 日本の将来を担う子供たちに対する音楽の役割を重視し、豊かな心を養い、芸術の素晴らしさを伝えるべく、 責任をもって、積極的に取組んでいます。 バレエでは、国内の主要バレエ団のほか、パリ・オペラ座バレエ団、英国バーミンガム・ロイヤルバレエ団、ボリショイ・バレエ、マリインスキー・バレエ、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)、サンクトペテルブルグ・アカデミー・バレエ等海外のバレエ団の日本公演に数多く出演し、質の高い演奏に信頼を得て現在に至る。 戦争とは程遠いロマンチックな解釈だ。

>

ヤマハ

定期演奏会以外には特にオーケストラ音楽を集めた名曲コンサートや、青少年を対象とした音楽鑑賞教室を独自のオリジナル企画で行い、 他にも多くのオペラ、バレエ、合唱などの団体からの依頼も多く、国内をはじめ海外の芸術団体との共演は年々増えています。 全てのコースには職員が付き添い、時間に追われ、いつしか子どもたち、職員たちに疲労が蓄積されていく。 4楽章構成ですが、最後の方にある牧歌的な伴奏は〈舟歌〉にも通じているように感じます。 そこで「オーケストラ版と2台ピアノ版を参考にして、自分なりに音を足した」。 しかし、福間さんは、音楽を聴いているだけでは、いつシフトペダルを踏み始めたのかわからないくらいに、徐々に踏み込んでいて、着物などのぼかしの技術の様な、絵画などのグラデーションのような、段差や境目がわからないような踏み方をしていて、このようなシフトペダルの使い方があったのかと驚きました。

>

吉祥寺で写真展「津波が来た学校」-石巻のボランティアが開く

「左手のためのシャコンヌ」ではバッハの原曲よりも、明らかに編曲者ブラームスの晩年のピアノ曲の叙情が出ていた。 すると、すでにCD販売の場所も楽譜販売の場所も、商品が何も見えないくらいに多くの人が集まり、大混雑していました。 その後メンバーは現地に入り、子どもたちと遊び、学びながら接し、学校資料の回復・支援物資の整理に追われる教職員の業務支援などの活動を始める。 ですが、やはり、先程の動画同様に福間洸太朗さんの演奏は、 とても高速の 演奏でありながら、一つ一つの音が均一でムラがなく、心地よい音色です。 この写真が好評となり注文は増えていったという。 「羊は安らかに草を食み」という曲で、とても美しく厳かな雰囲気の音楽でした。 人物・来歴 [ ] 出身。

>

福間洸太朗 インタビュー

光沢感のある黒いジャケットを着た福間さんが舞台に登場し、バッハのカンタータの1曲を弾きました。 組曲「イベリア」から「エル・ポロ」「ラバピエス」は、ピアノとダンスする福間さんの姿が!音楽の怒涛のうねりがやってくると、深い呼吸や小さく歌っておられる声も聞こえました。 自然と自分でもそのような演奏会をやってみたいと思うようになりました。 Passionate about contemporary music, Kotaro has performed world and national premieres of works by Toru Takemitsu, Mutsuo Shishido, Renaud Gagneux, Thierry Escaich, Thierry Huillet, Peter Klatzow and Francesco Milita. また海外のからのイギリスの世界的ロック歌手「スティングの2011・世界ツアージャパン公演」にも出演し、 スティング本人と関係者からも大絶賛を得たことは記憶に新しいでしょう。 僕がそうだったように、現代音楽は難しいと思い込んでいる方も多くいらっしゃると思いますが、風の音、水の音、森のざわめき、そういった自然の音に触れたことはあるはずです。 「写真を撮ってほしい」という被災者からのリクエストがあれば撮影し、無料でプリントを提供する。 卒業後ヨーロッパへ留学し、仏・パリ国立高等音楽院、独・ベルリン芸術大学・同大学院、伊・コモ湖国際ピアノアカデミーにて学ぶ。

>