芥川 品詞 分解。 伊勢物語芥川6段品詞分解(3/5ページ)

伊勢物語芥川6段品詞分解

からうじて=副詞、かろうじて、やっとのことで。 ・高安の女は、財力はあるが、品がなく、歌も直接的で才能がなかった。 ・親が反対していた。 この人はだれか。 (体言接続。

>

伊勢物語芥川6段品詞分解(2/5ページ)

また、ここでは「死ぬ」と言う意味で使われている。 雷までもたいそうひどく鳴り、雨もひどく降ってきたので、 あばらなる倉に、女を ば奥におし入れて、男、弓、 胡籙(やなぐひ)を負ひて戸口に 居(を)り。 基本的に助動詞「つ・ぬ」は完了の意味だが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などがくると「強意」の意味となる。 または、「こそ得め」 3 「聞かでなむありける」の係結びを考える。 3 結婚する。 ・序詞=ある語を導き出す、7音以上の語句。 すばらしい、ひどい いたう=ク活用の形容詞「甚(いた)し」の連用形が音便化したもの、(良い意味でも悪い意味でも)程度がひどい けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形。

>

国語の古文で扱われている伊勢物語の芥川の文の品詞分解をお願いし...

座っている。 とまる、とどまる。 ものを=詠嘆の終助詞、~のになあ、~のだがなあ 「あれは白玉(真珠)ですか、何かしら。 このページは 伊勢物語芥川6段品詞分解の 2です 芥川といふ河を率ていきければ、草の上におきたりける露を、 「かれは何ぞ」となんをとこに問ひける。 8.さる折しも、白き鳥の嘴と脚と赤き、鴫の大きさなる、水の上に遊びつつ、魚を食ふ。 男は前途も遠く、また夜も更け、追手に追いつかれないうちに先を急ごうとした。

>

伊勢物語『芥川・芥河(あくたがわ)』問題

女は非常に悲しみ、後を追ったが追いつかなかった。 女は必死で自分の気持ちを伝えようとする。 伊勢物語『芥川・白玉か』 昔、男ありけり。 やうやう夜も明けゆくに見れば、率て来し女もなし。 都から遠ざかるにつれて却って都を思う気 持ちが強くなる様子を理解する。 5 「いみじう泣く人」とはだれか。

>

伊勢物語芥川6段品詞分解(3/5ページ)

行く先々で彼は歌人の才能をいかんなく発揮する。 ・女の社交場であり、連れて来られた子どもの遊び場でもあった。 過去の助動詞「けり」終止形。 そして、初夜を迎える日、なんと夫が帰ってきた。 良い意味でも悪い意味でも程度がひどい。 「あなや。 「と なむ男に問ひ ける。

>

伊勢物語芥川6段品詞分解

・7月中旬 ・7月中旬にもなって雪が残っている。 ・誘拐なら女は同意していない。 」と言ひければ、よめる。 ラ行変格活用の動詞は「あり」「居(を)り」「侍(はべ)り」「いまそかり・いますかり」 あばらなる倉に、女をば奥におし入れて、男、弓、胡籙(やなぐひ)を負ひて戸口に居(を)り。 」となむ男に問ひける。 「あれっ。

>

伊勢物語の芥川の文を品詞分解してほしいです。あと、品詞の意味をおしえてほしいで...

これは、二条の后の、いとこの女御の御もとに、 これは、二条の后が、いとこの女御のお側に、 仕うまつるやうにてゐたまへりけるを、 お仕えするようにしておいでになっていたが、 かたちのいとめでたくおはしければ、 容貌がたいそうすぐれていらっしゃったので、 盗みて負ひて出でたりけるを、御兄堀河の大臣、太郎国経の大納言、 盗んで背負って出て行ったのだが、兄君の堀河の大臣、長男の国経の大納言が、 まだ下? ・得む。 行く先多く、夜もふけにければ、鬼ある所とも知らで、 (これから)行く先の道は遠く、夜も更けてしまったので、鬼の住む場所とも知らないで、 神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、 雷までもたいそうひどく鳴り、雨もひどく降ってきたので、 あばらなる倉に、女をば奥におし入れて、男、弓、胡籙(やなぐひ)を負ひて戸口に居(を)り。 都鳥よ。 そうしたら接待役人としてのお前は首になるぞ」と権力を傘に着て、女が逃げられない状況を作る。 ・男が大和に住んでいるから。 ・「(白波が)立つ」と「竜田山」 3 歌の心は。 体言に接続。

>