東京 都 協力 金 申請。 「東京都感染拡大防止協力金」の申請要件とは?申請から受取方法まで解説

「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」について|東京都産業労働局

酒類の提供を夜22時までに短縮し、それ以降は酒類を提供せずに営業を継続する場合は協力金の対象となるのですか? 酒類の提供時間のみを短縮しても、協力金の対象とはなりません。 受付要項公表 令和2年12月18日(金曜日)14時00分(予定)• ガイドラインを遵守のうえ「感染防止徹底宣言ステッカー」を要請期間中に申請した対象店舗において顧客が見やすい場所に提示していること。 飲食店営業許可書(写し)など• 協力金20万円に関するわからない点 上記はあくまで報道なので、まだ詳細な部分は判明していません。 コンビニやスーパーマーケットのイートインスペースについて、営業時間の短縮をした場合は、協力金の対象となりますか? 一般的には、イートインスペースは、店舗が酒類を「調理して提供」し、顧客が飲むことを前提としていないため、今回の協力金に関しては「酒類の提供を行う飲食店」に該当せず、協力金の支給対象にはなりません。 申請書はどこでもらえますか? 10月1日(木)からホームページで入手することができます。 封筒に、「東京都感染拡大防止協力金(第2回)申請書類在中」と明記してください。 東京都の担当者は 「あくまで16日からが基本です」と話している。

>

「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」について|東京都のプレスリリース

2020年11月28日より前から、夜22時から朝5時までの間に営業している• 1 概要 ・令和2年11月28日(土)から12月17日(木)までの間、特別区及び多摩地域の各市町村の酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店に対し営業時間短縮を要請 ・この要請に全面的にご協力いただき、感染防止徹底宣言ステッカーを掲示する中小の事業者に対し協力金を支給 2 受付開始時期等 (1)受付要項公表 令和2年12月18日(金)14時(予定) (2)申請受付期間 令和2年12月18日(金)~令和3年1月25日(月) 3 主な対象要件 ・ 東京都の営業時間短縮要請を受けた、特別区及び多摩地域の各市町村の酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店を運営する中小企業、個人事業主等 ・ 令和2年11月28日(土)から12月17日(木)までの全期間において、朝5時から夜22時までの間に営業時間を短縮 ・ ガイドラインを遵守し、感染防止徹底宣言ステッカーを掲示 4 支給額 一律40万円(2つ以上の店舗で営業時間短縮に取り組む事業者も同額) 5 申請方法など ・ 提出方法は、WEBを通じた申請と郵送または都税事務所への持参 ・ 営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(8月実施分・9月実施分)で支給決定された店舗については、提出書類を簡素化する予定 6 その他 上記の他、実施に係る概要については、別紙をご覧ください。 ただし年末年始(12月31日〜1月3日)は除きます。 【今回初めて申請する方】• その際には、封筒に「東京都感染拡大防止協力金申請書類在中」記載してください。 こちらについては後述にて、解説します。 2.第5弾の対象者、金額、必要書類など (1)対象者 東京都からの営業時間短縮要請に対して、 11月28日~12月17日の全期間、要請に応じている事業者です。 ご協力いただいた事業者の紹介 申請いただいた事業者として、店舗名(屋号)を都のホームページ等でご紹介させていただきます。 営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(8月実施分・9月実施分)で支給決定された店舗については、提出書類を簡素化する予定 6 その他 上記の他、実施に係る概要については、別紙をご覧ください。

>

東京都協力金20万円まとめ

令和2年11月28日(土)から12月17日(木)までの全期間において、朝5時から夜22時までの間に営業時間を短縮• 営業実態が確認できる書類 ・受付印のある直近の確定申告書(控え)、店舗写真など• 本協力金の支給開始は6月下旬を予定しています。 飲食店については、営業の形態や名称の如何を問わず、従前、夜22時から翌朝5時までの間に営業し、客に酒類の提供を行っていた店舗が、夜22時から翌朝5時までの夜間時間帯の営業を行わない(終日休業含む)か、あるいは酒類の提供を終日行わない場合に対象となります。 6月15日(月)までの消印が有効となっています。 。 なお、対面での受付や説明などの対応はしていません。

>

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(1072報)|東京都

ガイドラインを遵守し、「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示していること。 現在、新型コロナウイルスの第2波が来ており、東京都が8月3日から31日まで休業要請するとしたら、ほとんどの店舗が休業せざるを得ないでしょう。 書類の不備に関するご連絡についても、口座番号や暗証番号などの口座情報をお聞きすることは一切ございませんので、なりすましにご注意ください。 ガイドラインを遵守し、感染防止徹底宣言ステッカーを掲示 4 支給額 一律40万円(2つ以上の店舗で営業時間短縮に取り組む事業者も同額) 5 申請方法など• 特定非営利活動促進法(平成10年法律第7号)第2条第2項に規定する特定非営利活動法人であって、 常時使用する従業員の数が 1. 7月17日(金曜日)23時59分までに送信を完了してください。 本人確認書類(写し) 〔法人〕法人代表者の運転免許証、保険証等の書類 〔個人〕運転免許証、保険証等の書類• Q.休業対象となる施設と契約をしていたフリーランスは支給対象となりますか? A.休業要請を受けているのは、その施設の運営をしている事業者となりますので、その事業者と何らかの業務契約をしていたフリーランスの方は支給対象外です。

>

東京都時短協力金,40万円,申請代行,着手金無料,杉並区

カラオケ店については、酒類の提供の有無にかかわらず、夜間時間帯(夜22時から翌朝5時まで)に営業を行っていた店舗が、朝5時から夜22時までの間に営業時間を短縮する(終日休業を含む)場合に対象となります。 ですので、この時間外に「テイクアウト」のみで営業していた飲食店は、休業要請に準じていたと判断されるので支給対象となります。 夜22時00分から翌朝5時00分までの夜間時間帯に営業を行っていた事業者が、朝5時00分から夜22時00分までの間に営業時間を短縮した場合• 中小企業基本法第2条に定める、中小企業または個人事業主• 事業者の皆様、店舗等の利用者への安心の提供と感染拡大防止のため、ぜひこの取組にご協力ください。 令和2年11月28日(土曜日)から12月17日(木曜日)までの全期間において、朝5時から夜22時までの間に営業時間を短縮• 持参の場合 申請書類をお近くの都税事務所・支所庁舎内に設置した専用ボックスに投函することができます。 」とあり、本当にお店で貼るようです。 東京都では、過去4回、休業要請または営業時間短縮要請を行っており、その間に休業をした事業者に対して、それぞれの期間ごとに、協力金が支給されます。 営業時間短縮(または飲食店における酒類の終日提供中止)の状況が確認できる書類 (例)営業時間短縮等を告知するホームページ、店頭ポスター、チラシ、DM 等• 遅れてしまった場合の救済措置はいまのところ用意されていない。

>

(第1123報)営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」の実施概要をお知らせします!|東京都防災ホームページ

特措法施行令第11条では休業要請ができる施設が明記されていて、大まかには以下のようになっている。 都内各都税事務所等において入手できます。 休業要請を受けていない業種は支給対象外となります。 ただし、重要なのは、コロナ前の通常の営業時間が、夜10時すぎであったことが条件です。 更新日 令和2年12月1日 1 概要 新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図りつつ、事業を実施していくためには、店舗(事業所)等での感染防止対策の徹底が重要です。 また、上記の暴力団、暴力団員及び暴力団関係者が、申請事業者の経営に事実上参画していないこと。 5 利用者の方へ ステッカー登録店舗・事業所を地図上で表示できるサービス「東京都感染拡大防止徹底宣言 登録店舗マップ」は、こちらからご覧ください。

>