盟友 意味。 盟友・親友・朋友・戦友・悪友 の意味の違いと使い分け

「盟友」に関連した英語例文の一覧と使い方

「親友」はただの友達ではなく、極めて仲の良い友達を表します。 「親」は音読みで「シン」、訓読みで「おや・したしい・したしむ・ちかい」と読みます。 理想的な盟友の関係としては、 「三国志演義」の 「劉備・関羽・張飛の義兄弟 桃園の誓い が生涯にわたって助け合い続けた関係」を上げることができます。 中国人は逆に濃い人間関係やにぎやかな環境が大好き。 どれも違いはないように思いますが、それぞれ意味が異なるのでしっかりと理解する必要があります。 助け合う関係とは互いに迷惑をかけあう関係でもあります。 〔人や家と結婚 {けっこん}により〕縁組 {えんぐみ}させる、姻戚関係 {いんせき かんけい}を結ぶ 【自動】• 数年で日本に帰る駐在員だとしても、ある程度中国化しないと仕事はうまくいかないでしょう。

>

“朋友” 【中国語で友人を意味するこの言葉と、中国人の友人意識】

「盟友」の 「盟」の漢字の語源的な意味は、 「誓う・約束する・決意する」になります。 「盟」の成り立ちは 「太陽と月の象形 あかるい・あきらか 」と 「食物を盛る皿の象形」から、諸侯がお互いに疑問を明らかにし犠牲の血をすすって誓ったことに由来して、 「誓う・約束」の意味が生まれました。 友人が、余分の部屋やベッドを持たない自分の家に「泊めてくれ」と突然やってきたらどうでしょうか。 絆が強くなればこの世は生きやすいものになります。 〔条約 {じょうやく}で形成 {けいせい}される〕同盟 {どうめい}[連合 {れんごう}]国 {こく} ・Turkey is a key U. 同性同士なら同じベッドで一緒に寝るかもしれません。

>

盟友・親友・朋友・戦友・悪友 の意味の違いと使い分け

いわば生活の知恵です。 縁組 {えんぐみ}する、姻戚関係 {いんせき かんけい}を結ぶ 【名】• 中国がなかなか法治社会にならないのも、多くの中国人の深層心理の中で「法」より「情」(人間としての情)が重んじられているからだと感じます。 濃い人間関係が苦手な日本人と大好きな中国人 日本人はこの絆のようなものをうっとうしいと感じる人が多い…という気がします。 外国人からこの中国式友人関係を見ていると「うるわしき助け合い」の関係にも、「単に利用しあっている」関係にも見えます。 そう中国人に指摘すると「エエッ!」とのけぞるような反応を見せるのですが、このへんは「大事な相手だからこそよけいに迷惑をかけたくない」日本人と、「迷惑はかけあってこそ」と考える中国人の違いだと言えるでしょう。 泊めてくれと言われたら快く自分のベッドを提供する人が多いのです。

>

“朋友” 【中国語で友人を意味するこの言葉と、中国人の友人意識】

そして経済の発展や行政の充実が、弱い絆の中でも生きることを可能にしてくれました。 友達とは「気が合う人」、「一緒にいて楽しい人」、「時々お茶したり旅行を楽しむ間柄」、「何かへの不満や愚痴を言い合える仲」…などなど厳しい人生の合間に共に息抜きしたり、笑ったりおしゃべりしたり、飲んだり食べたり、ストレスを発散できる間柄の人を意味するのではないでしょうか。 プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。 借用書だの返還期日だの一切口に出しません。 中国人にとって迷惑はかけあってこそ、なのです。

>

allyの意味・使い方|英辞郎 on the WEB

私は相手に合わせます。 お互いすでに学生ではなくなっている場合です。 逆に日本化しない中国人は日本にはなじめません。 「法」は「法」であると、独立した権威にはなかなかならないのです。 人と人との物理的な距離も近く、一緒に歩いているとどんどん近づき、仲の良い同性どうしですと男性でも手を組んで歩いていたりします。 「親」は「身近に接して仲が良いこと」を意味します。 日本人のままでは中国の社会に溶け込んでいけませんから。

>

盟友・親友・朋友・戦友・悪友 の意味の違いと使い分け

あまりに日本化した中国人は中国に帰ると浮いてしまいます。 「友」は「ともだち」を意味します。 もちろん人によって多少の違いはありますが、一般にはこうで、つまり関係がとても「濃い」のです。 中国人と中国式でつきあうと、日本の社会で中国社会を味わう面白さがあります。 日本にいる中国人と接する場合はどうか。 どこからを「親友」にするか基準は人それぞれですが、「友人」と違い、深刻な話ができる人・沈黙が流れても苦痛ではない人などが挙げられます。

>