君 が 仮に どんな 恋 を 重ね て さ 歌詞。 魔法の絨毯 歌詞「川崎鷹也」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

川崎鷹也「魔法の絨毯」の歌詞が話題。アラジンのように君を迎えにいく

寒々しい冬であっても、舞い落ちる雪を見れば「君」を思い出し、隣にいてくれればとついつい願ってしまう。 愛を愛し 恋に恋する 僕らはそうさ人間さ 愛を愛し 偉大に恋する 僕らもそうさ人間さ 短い春が終わってゆく 短い夏が終わってゆく 新しい時代と生きている あなたに恋をする そんな、私に気づいて欲しいのです あなたに気づいて欲しいのです。 こちらの一節で登場する「ジーニー」のように、物質的な幸せで「君」を満たすことはまだできないけれど「笑わせる」ことならできると自信を持って語る主人公。 失恋でも片思いでも、そんな経験をしたことがある人には痛いほど刺さる歌詞ではないだろうか。 それは、2人がお互いに愛を持って接して 初めて生まれるかけがえのない宝物です。 くだらないことで 笑 わらって 何気 なにげない 会話 かいわで 泣 ないて ひとつひとつの 出来事 できごとに 栞 しおりを 挟 はさんで 忘 わすれないように 無 なくさないように アラジンのように 魔法 まほうの 絨毯 じゅうたんに 乗 のって 迎 むかえに 行 いくよ、 魔法 まほうは 使 つかえないけど お 金 かねもないし 力 ちからもないし 地位 ちいも 名誉 めいよもないけど 君 きみのこと 離 はなしたくないんだ 君 きみが 仮 かりにどんな 恋 こいを 重 かさねてさ どんな 人 ひとと 笑 わらい 合 あったか 1人 ひとりで 考 かんがえて 勝手 かってに 凹 へこんで 眠 ねむれない 夜 よるを 過 すごしてさ 仮 かりに 雨 あめが 降 ふって びしょ 濡 ぬれになっても ぼくが 迎 むかえに 行 いくから 笑 わらって 泣 ないて 見 みつめ 合 あって 抱 だきしめ 合 あって 愛 あいし 合 あって ジーニーのように 魔法 まほうのランプから 出 でて 笑 わらわせるよ、 魔法 まほうは 使 つかえないけど お 金 かねもないし、 力 ちからもないし 地位 ちいも 名誉 めいよもないけど 君 きみのこと 守 まもりたいんだ アラジンのように 魔法 まほうの 絨毯 じゅうたんに 乗 のって 迎 むかえに 行 いくよ、 魔法 まほうは 使 つかえないけど お 金 かねもないし 力 ちからもないし 地位 ちいも 名誉 めいよもないけど 君 きみのこと ジーニーのように 魔法 まほうのランプから 出 でて 笑 わらわせるよ、 魔法 まほうは 使 つかえないけど お 金 かねもないし、 力 ちからもないし 地位 ちいも 名誉 めいよもなにもない だけど 君 きみを 守 まもりたいんだ くだらないことで kudaranaikotode 笑 wara って tte 何気 nanige ない nai 会話 kaiwa で de 泣 na いて ite ひとつひとつの hitotsuhitotsuno 出来事 dekigoto に ni 栞 shiori を wo 挟 hasa んで nde 忘 wasu れないように renaiyouni 無 na くさないように kusanaiyouni アラジン arajin のように noyouni 魔法 mahou の no 絨毯 juutan に ni 乗 no って tte 迎 muka えに eni 行 i くよ kuyo、 魔法 mahou は ha 使 tsuka えないけど enaikedo お o 金 kane もないし monaishi 力 chikara もないし monaishi 地位 chii も mo 名誉 meiyo もないけど monaikedo 君 kimi のこと nokoto 離 hana したくないんだ shitakunainda 君 kimi が ga 仮 kari にどんな nidonna 恋 koi を wo 重 kasa ねてさ netesa どんな donna 人 hito と to 笑 wara い i 合 a ったか ttaka 1人 hitori で de 考 kanga えて ete 勝手 katte に ni 凹 heko んで nde 眠 nemu れない renai 夜 yoru を wo 過 su ごしてさ goshitesa 仮 kari に ni 雨 ame が ga 降 fu って tte びしょ bisyo 濡 nu れになっても reninattemo ぼくが bokuga 迎 muka えに eni 行 i くから kukara 笑 wara って tte 泣 na いて ite 見 mi つめ tsume 合 a って tte 抱 da きしめ kishime 合 a って tte 愛 ai し shi 合 a って tte ジ jiー ニ niー のように noyouni 魔法 mahou の no ランプ ranpu から kara 出 de て te 笑 wara わせるよ waseruyo、 魔法 mahou は ha 使 tsuka えないけど enaikedo お o 金 kane もないし monaishi、 力 chikara もないし monaishi 地位 chii も mo 名誉 meiyo もないけど monaikedo 君 kimi のこと nokoto 守 mamo りたいんだ ritainda アラジン arajin のように noyouni 魔法 mahou の no 絨毯 juutan に ni 乗 no って tte 迎 muka えに eni 行 i くよ kuyo、 魔法 mahou は ha 使 tsuka えないけど enaikedo お o 金 kane もないし monaishi 力 chikara もないし monaishi 地位 chii も mo 名誉 meiyo もないけど monaikedo 君 kimi のこと nokoto ジ jiー ニ niー のように noyouni 魔法 mahou の no ランプ ranpu から kara 出 de て te 笑 wara わせるよ waseruyo、 魔法 mahou は ha 使 tsuka えないけど enaikedo お o 金 kane もないし monaishi、 力 chikara もないし monaishi 地位 chii も mo 名誉 meiyo もなにもない monanimonai だけど dakedo 君 kimi を wo 守 mamo りたいんだ ritainda. 今回は、そんなback numberの代表曲のひとつである『ヒロイン』の歌詞をご紹介したい。

>

Yunomi 恋のうた (feat.由崎司) 歌詞

TEXT つちだ四郎. まるで聴き手の生活に違和感なくリンクしていくような、素朴な表現の美しさが存分に味わえる一節ですね。 「忘れないように」記憶に留めて置きたいと願う想いは、純粋な気持ちに溢れています。 主人公は、その出来事ひとつひとつに「栞」をはさみたいと考えています。 もしも 悲しみの 色ならば 星空を歌うから きっと はなれた時間や距離が ぐっと僕らを近づけ 君の大切さ 気づかせてくれた 深く長い夜が 今明けるよ 抑えきれない想いを連れて 輝く 風浴びながら 真っ直ぐ 誰よりも早く あなたの 待つ場所へ 「さよなら」を何度 重ねたら 素直に気持ち 伝えられるの? そんな優しくも力強い言葉の根底にあるのは「君」のことを「離したくない」という気持ちです。 続く一節は「雨」の日を舞台にしながら、常に「君」を心配する 優しさに溢れた歌詞となっています。 キャッチーなキーワードと真っ直ぐな純愛のエネルギーを感じさせるセリフには、思わず心を奪われてしまいますね。

>

魔法の絨毯 歌詞「川崎鷹也」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

「君を離したくない」と語りかけていたことから分かるように、そういったモヤモヤはいわば独占欲の現れ。 試聽 在 KKBOX 中開啟 魔法の絨毯 作詞:川崎鷹也 作曲:川崎鷹也 くだらないことで笑って 何気ない会話で泣いて 一つ一つの出来事に 栞を挟んで 忘れないように 無くさないように アラジンのように 魔法の絨毯に乗って 迎えにゆくよ 魔法は使えないけど お金もないし 力もないし 地位も名誉もないけど 君のこと離したくないんだ 君が仮にどんな恋を重ねてさ どんな人と笑い合ったか ひとりで考えて勝手に凹んで 眠れない夜を過ごしてさ 仮に雨が降ってびしょ濡れになっても 僕が迎えに行くから 笑って泣いて見つめ合って抱きしめ合って愛し合って ジーニーのように 魔法のランプから出て 笑わせるよ 魔法は使えないけど お金もないし 力もないし 地位も名誉もないけど 君のことを守りたいんだ アラジンのように 魔法の絨毯に乗って 迎えにゆくよ 魔法は使えないけど お金もないし 力もないし 地位も名誉もないけど 君のこと NaNa 〜! ジーニーのように 魔法のランプから出て 笑わせるよ 魔法は使えないけど お金もないし 力もないし 地位も名誉もなにもない だけど君を守りたいんだ. 「君の街」というフレーズには「僕」が入り込む余地が無いことが伺える。 公式YouTubeチャンネルに投稿されたライブ動画のコメント欄には「 いい曲」「 絶対流行ると思う」といったコメントが多数寄せられています。 どちらも決して切り離すことはできず、表裏一体であるといえるでしょう。 TEXT ヨギ イチロウ. 「僕」にとってのヒロインは「君」だけど、「君」にとって「僕」はそんな存在ではない。

>

魔法の絨毯

主人公本人も「勝手に凹んで眠れない」 自分の弱々しさを痛いほどに自覚し、歌詞の中で赤裸々にその想いを打ち明けていますね。 「どんな恋を重ねて」「どんな人と笑い合ったか」といった歌詞で描かれている通り、相手の過去について考えてしまう人も多いのではないでしょうか。 今自分と一緒にいるのは紛れもなく「君」であるはずなのに、本来は関係ない過去がちらついてしまうのも決して不思議ではないでしょう。 。 「くだらないこと」や「何気ない会話」の数々で彩られていく毎日が語られます。

>

君が仮にどんな恋を重ねてさ【 川崎鷹也

そして、心配し過ぎてしまうほどに 強く想う相手の存在感を今一度確かめさせてくれる歌詞であるといえるでしょう。 恋愛に対する価値観にはさまざまなものがありますが、やはりそれを支える最も大きな柱となるのは「 相手を大切に想う心」ではないでしょうか。 日々ヒビが入りハートが砕けて 勇気も自信も亡くすけど 挫けながらも強く生きて行ける 大人になるための毎日です。 今、恋愛ソングといえば?という問いかけに対し、back numberの名前を挙げる人は多いだろう。 くだらないことで笑って 何気ない会話で泣いて ひとつひとつの出来事に しおりを挟んで 忘れないように 無くさないように アラジンのように魔法の絨毯に乗って 迎えに行くよ、魔法は使えないけど お金もないし力もないし 地位も名誉もないけど 君のこと離したくないんだ 君が仮にどんな恋を重ねてさ どんな人と笑い合ったか 1人で考えて 勝手にへこんで 眠れない夜を過ごしてさ 仮に雨が降って びしょ濡れになっても ぼくが迎えに行くから 笑って泣いて見つめ合って 抱きしめ合って愛し合って ジーニーのように魔法のランプから出て 笑わせるよ、魔法は使えないけど お金もないし、力もないし 地位も名誉もないけど 君のこと守りたいんだ アラジンのように魔法の絨毯に乗って 迎えに行くよ、魔法は使えないけど お金もないし力もないし 地位も名誉もないけど 君のこと ジーニーのように魔法のランプから出て 笑わせるよ、魔法は使えないけど お金もないし、力もないし 地位も名誉もなにもない だけど君を守りたいんだ. うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって! 強がりや寂しさも 忘れられるから 僕は君でなら 僕で居れるから! だからいつも そばにいてよ 『愛しい君へ』 2人フザけあった帰り道 それも大切な僕らの日々 「想いよ届け!!!」と伝えた時に 初めて見せた表情の君 少し間が空いて 君がうなずいて 僕らの心 満たされてく愛で ぼくらまだ旅の途中で またこれから先も 何十年続いていけるような未来へ 例えばほら 明日を見失いそうに 僕らなったとしても、、、 2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして いつまでも君の横で 笑っていたくて アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど せめて言わせて 「幸せです」と うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって! 喜びや悲しみも 全て分け合える 君がいるから 生きていけるから! だからいつも そばにいてよ 『愛しい君へ』 最後の一秒まで 明日、今日より笑顔になれる 君がいるだけで そう思えるから 何十年 何百年 何千年 時を超えよう 君を愛してる. 『ヒロイン』はオリコンランキングで6位を獲得し、YouTubeでの再生回数を2100万回を突破するなど(2019年現在)back numberの中でも定番曲といえるだろう。

>

君が仮にどんな恋を重ねてさ【 川崎鷹也

寒さが深まる冬にこそ、ぜひ聴いてほしい一曲だ。 まるで「アラジン」のように「魔法の絨毯」に乗って「迎えに行く」と語りかける主人公。 音楽性はもちろんのこと『高嶺の花子さん』や『花束』、『わたがし』など、恋愛にまつわる歌詞がリスナーの深い共感を集めている。 歌手: 作詞: 作曲: くだらないことで笑って 何気ない会話で泣いて ひとつひとつの出来事に しおりを挟んで 忘れないように 無くさないように アラジンのように魔法の絨毯に乗って 迎えに行くよ、魔法は使えないけど お金もないし力もないし 地位も名誉もないけど 君のこと離したくないんだ 君が仮にどんな恋を重ねてさ どんな人と笑い合ったか 1人で考えて 勝手にへこんで 眠れない夜を過ごしてさ 仮に雨が降って びしょ濡れになっても ぼくが迎えに行くから 笑って泣いて見つめ合って 抱きしめ合って愛し合って ジーニーのように魔法のランプから出て 笑わせるよ、魔法は使えないけど お金もないし、力もないし 地位も名誉もないけど 君のこと守りたいんだ アラジンのように魔法の絨毯に乗って 迎えに行くよ、魔法は使えないけど お金もないし力もないし 地位も名誉もないけど 君のこと ジーニーのように魔法のランプから出て 笑わせるよ、魔法は使えないけど お金もないし、力もないし 地位も名誉もなにもない だけど君を守りたいんだ. つまり、それほど焦がれている「君」は、今は隣にはいないのだ。 けれど「僕」にとってはどんな作品に登場するヒロインよりも輝いて見えるのだろう。 「お金」「地位」「名誉」といったものは持っていないけれど「君」を想う気持ちだけは、誰よりもたくさん持っていることを自信たっぷりに伝えています。

>

君が仮にどんな恋を重ねてさ【 川崎鷹也

サビ部分であるこの箇所は、直前に「君の街にも降っているかな」というフレーズが入る。 川崎鷹也によって紡がれた言葉には、いったいどのような想いが込められているのでしょうか。 また、動画のアップロードは2年前でありながら、ここ最近に投稿されたコメントが多くを占めているのも注目ポイント。 そんな『魔法の絨毯』が持つ魅力の一つは、温かなメッセージを キャッチーでコミカルな表現に落とし込んだ歌詞の独自性でしょう。 大切な相手と共にたくさんの日々を過ごすうちに、そのコントロール方法を身につけていくことが大事かもしれませんね。 そんな彼が生み出した数多くの楽曲の中でも、一際注目を集めているのが2018年のソロデビューアルバム『I believe in you』に収録されている『 魔法の絨毯』です。

>

Yunomi 恋のうた (feat.由崎司) 歌詞

何よりも大切で、素敵な輝きを放っているそれはまさに 宝物なのでしょう。 あとどれくらいの距離を月へ歩いたら あとどれくらいの寒い夜を重ねたら あとどれくらいのさよならを流したら まぶたの奥の泉が枯れ果てる、とか 千年後もきっと続くだろう そう思ってた空洞を 満たしてあふれてしまうほどの この気持ちはなんだ? 新しい風を春は運んでくれるだろう あぁ、風が吹くのがきっと還る場所なんだろう 変わらないでしょう 夏の暑さも、金魚も 花火が消えたら星を夜通し数えよう 色褪せる木々、凍てつく指先、重ねた日々の灯火 降り積もる雪に埋もれないような消えない跡を残しに 紙切れ一枚 手を伸ばしたドア たった一言の「はい」や、ちっぽけな石ころ そんなもので簡単に変わる、未来は 単純だよ 毎朝の「おはよう」 映画みたいに青い夏の海を見て 遠いところで居場所を知り 今と今を重ねてく、フィルムのように 何回も撮り直しだ 色褪せるより、彩るより、君のいる景色が濃いな 直感でも咄嗟でもいい そう思ったんだ、ただ迷いなく 信じてもいいかと訊かれた たったそれだけの問いだ 考えてるんだ、どんな時も あの声がつきまといながら 押してる、ずっと背中を そうか、この気持ちが恋だ 単純だよ 毎朝の「おはよう」 映画みたいに青い夏の海を見て 遠いところで居場所を知り 今と今を重ねてく、フィルムのように 何回も撮り直しだ 色褪せるより、彩るより、君のいる景色が濃いな 千年前の灯火に伸ばした二本の指が 千年後もずっと向こうで輝いてるといいな 「信じてもいい」そう聞こえた まんまるな月、仰いだ 照らしてた、いつの世も そうか、この気持ちが恋だ. 自分なんて好きな相手に釣り合わないとでも言うように、雪の中佇む「僕」の姿がありありと浮かんでくるような歌詞に共感する人も多いのではないだろうか。 決してドラマや映画のように派手なハプニングやサプライズはないけれど、楽しい出来事に溢れた幸せな毎日。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 その言葉は「君」を想う気持ちがどれだけ深いものか、どれだけ強いものかを証明しています。 椿 作詞 Kohshi Asakawa 作曲 Takeshi Asakawa 唄 FLOW すれ違う恋の 分かれ道 今君は どんな 空を見てるの? たくさんの「お金」や「力」と同じくらい、あるいはそれ以上に、鮮やかに彩られた毎日の出来事が大事と考える人は多いでしょう。 『魔法の絨毯』は、そんな「 大切な人と過ごす日常」という何物にも替えがたい輝きを聴き手に思い起こさせる一曲となっています。

>