西 東京 市 図書館。 府中市立図書館

図書館ガイド

」と話していた。 また他に職員3人も処分の対象とされた。 現在ご利用いただける他のサービスについては、をご参照ください。 詳しくはをご覧ください。 SAPIO 2002年5月22日号• 02 公明新聞 4頁 全2,154字• またAによる廃棄行為は公務員として当然に有すべき中立公正や不偏不党の精神が欠如しており違法であると認定した。 また他の職員は2001年8月頃にAが児童室の端末画面を見ながら「こんな本は図書館に置いておくべきではない。

>

府中市立図書館

) 入館するとき• 国立図書館著者情報および著書での本人紹介文より• 一方で「新しい歴史教科書をつくる会」メンバーやこれに賛同する者に対しては嫌悪感を抱いており 、Aは職場のある同僚に「(蔵書に)K氏,L氏らの著書が沢山ある。 服部公一 「作曲入門」 私の創作現場から 講談社 現代新書 問題を指摘された報道ののちに再購入されている。 関係者の反省を求める」という内容の編集後記を掲載して配信した。 また朝日新聞とは逆に、「新しい歴史教科書を作る会」は日本の将来を担う子供たちにバランスの取れた歴史を学んでもらうための集団であり 、それまでの歴史教科書が中国や韓国に過剰に配慮しすぎるあまりに、日本の歴史を歪めて伝えてしまっているというコメントを追加した。 都立中央図書館で所蔵している資料の取り寄せも可能です。 原告らが求めた「著者の権利」についても、図書館が購入した書籍を市民に閲覧に供しなければならないという筆者に対しての法的義務はなく 、除籍された書物が船橋市の所有物である以上、どのように管理するかは図書館側の裁量範囲であるとした。 6か月にわたり給与の10%をカットするという意味• したがって選書のあり方も問題だろう。

>

京都市図書館

全ての資料を返却してからご退館ください。 この事件の調査中にも、著作の「作曲入門」という本が寄贈された当日に除籍されたり 、女性に人気がある『刺繍の入門実用書』が購入の1週間後に除籍されるなど、不審な処置が次々と明るみにされた。 09 公明新聞 3頁 全2,641字• 小泉内閣メールマガジン 第46号 2002年5月16日付 編集後記• 」として、船橋市に対する原告の請求を認め控訴審判決を破棄して東京高裁に差し戻した。 絵本の読み聞かせやストーリーテリングなどを行います。 公立図書館は、住民に対して思想、意見その他の種々の情報を含む図書館資料提供してその教養を高めること等を目的とする公的な場である。 一方でAが図書館を離れた後の著書については1冊も収蔵されていない 2018年2月1日蔵書確認• これら一連の研修ではについても学ぶようになっていた。 日本図書館協会図書館の自由委員会が、上記裁判が提起される前に行った面会調査において、A氏は除籍した記憶はないこと、また除籍はパソコンの操作ミスである可能性が高いことを強調した。

>

京都市図書館

船橋市西図書館著書廃棄 刑事告発を市長に要請 産経新聞(千葉版) 平成14年6月4日• 『草原に雨は降る』(子どもの本だな) 1989. 詳しくはのページをご覧ください。 車での来館はできるだけご遠慮ください。 「東京マガジンバンク」では一般雑誌から学術雑誌まで、約1万8千誌を揃えています。 瀬島健二郎 「船橋市西図書館蔵書除籍事件の最高裁判決の意義と課題」文化女子大学紀要. しかし他の職員の証言との矛盾点を指摘されると最終的には、2001年8月10日、14日、15日、16日、25日および26日の6日間に、西部邁の著書36冊、渡部昇一の著書22冊、西尾幹二の著書9冊、福田和也の著書11冊などの合計107冊の図書を除籍したことを認めた。 最高裁による差戻 [ ] 2005年7月14日、最高裁第一小法廷は、「公立図書館の図書館職員である公務員が、図書の廃棄について、基本的な職務上の義務に反し、著作者又は著作物に対する独断的な評価や個人的な好みによって不公正な取扱いをしたときは、当該図書の著作者の人格的利益を侵害するものとして国家賠償法上違法となる。

>

西京図書館 概要・お知らせ

ただし、その違法性はあくまで図書館を運営する船橋市とAとの関係おいて違法なのであり、原告らの著者は無関係であるとし 、また船橋市も組織的に著書の廃棄に関与した訳ではないので、原告らに対してその責任を負わないとした。 なお,西区役所前の駐車場は有料になります。 」などと言われたことを記憶していた。 」などと供述していた。 (都内の公立図書館に対しては、協力貸出を行っています。 左からの反対の声も上がるのではないか。

>

京都市図書館

しかし、市の規約に照らし合わせて不審な点があるのは明らかであった。 資料の無断撮影はご遠慮願います。 また同宣言の「資料の収集」の項の第1- 2 にも「著者の思想的、宗教的、党派的立場にとらわれて、その著作を排除することはしない」という条文が存在する。 また、日本図書館協会が定めるガイドライン「図書館の自由の宣言」の第2-1には「図書館は、正当な理由がないかぎり、ある種の資料を特別扱いしたり、資料の内容に手を加えたり、書架から撤去したり、廃棄したりはしない」という条文が存在する。 人文・社会科学研究 16, 153-162, 2008-01 NII論文ID NAID 110006612275, NII書誌ID NCID AN10416283. 第一報に続いて産経新聞は2002年4月15日には社説(産経新聞では「主張」と呼ぶ)を掲載、2002年4月16日には『船橋市西図書館大量廃棄 全リスト判明』として、その一覧表を掲載した。

>

西京図書館 概要・お知らせ

一時停止は可能です。 2002年4月同図書館検索サービスで蔵書確認• 季節のおはなし会:ボランティアグループさんによるおはなし会。 図書館側と市教育委員会はただちに記者会見を開催したものの、廃棄処分は『規定に沿った適正なものである』と報告した。 消極的だった新聞報道 [ ] 本事件は2002年4月12日の産経新聞で第一報で広く知られるようになったが、本来報道機関が最も敏感に反応するべき『自由と言論の抑圧、規制』に関する事件であるにも関わらず 、産経新聞以外の新聞の社会欄には殆ど取り扱われなかった。 廃棄された図書のうち103冊は、Aと船橋市教育委員会生涯学習部の職員の合計5人による寄付という形で弁償された。

>