役不足 意味。 役不足(やくぶそく)とは何? Weblio辞書

「役不足」の正しい意味とは?反対語や使い方についても解説!

上記の例にある「力不足ですが頑張ります」のような謙遜の意味を持って使うことが非常に多いです。 「役不足」の本当の意味は「その人が持っている能力に対して、与えられた役目が軽すぎること。 いずれの言葉も、自分の力を謙遜するときや、自分に与えられた役目が重過ぎるときに使います。 分かりやすい例を挙げると、「この仕事は私にとって役不足なのですが、出来る限り頑張ります」「役不足なので精一杯努力します」などがあります。 相手を悪く言う時に使う言葉とも言えますので使い方には注意が必要です。

>

役不足(やくぶそく)とはなぜあんなにも間違いの意味で使われるのか

その人に与えられた仕事に対して能力が不足しているということです。 役不足と力不足を上手に使い分ける 謙遜の意味で使うのでしたら、役不足ではなく「力不足」を使うのがいいですね。 「役不足」の本来の使い方は実は前者、つまり「不満」だったのです。 このようなチームが、高校のラグビー部を相手に試合をするのは、日本代表の方が明らかに力が上であるため試合をする相手として適当でないことを表現しています。 あなたにこんな簡単な商談を任せるのは、役不足でもうしわけない。 役不足と力不足の意味 早速、役不足の意味から見ていきましょう。

>

【役不足】と【力不足】の意味の違いと使い方の例文

間違った使い方をすると、とんでもなく傲慢な意味になってしまうのが、役不足です。 クイズ番組で覚えたという人や間違いやすい言葉として印象に残っているという意見もありました。 また、謙遜のつもりで「私には役不足です」と言うのも……、もうおわかりですよね。 つまり、力不足とは与えられた役目を果たすだけの力がない事を意味し、 役不足は、その役目以上に自分には力がある事を意味してしまいます。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 小学生の方が明らかに実力が下であるため、「役不足」の使い方としては適切でなく、「手に余る」や「力不足」を使うのが適切です。 このように、「役不足」は非常に誤用の多い言葉です。

>

役不足(やくぶそく)とは何? Weblio辞書

「役立たず」の意味や使い方 「役立たず」とは、役に立たないことを言います。 この場合は「 力不足」という単語を使います。 広辞苑の「役不足」の項の注釈にも、 役不足を 「誤って、力不足の意に用いることがある」とあります。 役不足の類義語 役不足の類義語としては、「簡単すぎる」「評価が低い」あたりが挙げられます。 「その仕事、僕ではちょっと力不足だと思います」と言っていれば、何の問題もなかったと思います。 おっしゃる通りなのですが、便宜上、役不足の対義語として載せました。 役不足の誤用例 「その役は、私ではちょっと役不足だと思います」この言葉を「謙遜」の意味で言ったのでしたら、それは誤用です。

>

文化庁

ぜひ「役不足」の本当の意味を知っておきましょう! 「役不足」の本当の意味 「役不足」の意味は、「力量に比べて役目が不相応に軽いこと」となります。 また他にも、「確信犯」「黄昏」など意味が誤用されている日本語があります。 もし使いたいのであれば、対義語・反対語である「力不足」を使いましょう。 例えば「力量不足」「身の程知らず」など、思いつくのはどれも似たような言葉のようですがピンときません。 まあ、本来と違う意味が 広まってしまうこと自体は この言葉にかぎらずあることです。

>

役不足の本当の意味と語源、誤用していませんか?

「今の仕事は役不足だから、もっと大きな仕事をしたいなぁ」 自分に対して使う場合は、今の境遇に対する不満を表現するために使うわけです。 「役」は任務、仕事などの意味を持っています。 もっと大役を与えた方が良いですよ!」• 今までの実績を考えたときに、彼の実力であればさらに上職位につけるのではないかという検討がされています。 また、そのさま。 例として、 「まだまだ未熟者 若輩者 ですので、そのような大役は務まりません」 「実力不足の私には、手に余ります」 「そのような役職に就く器ではありません」 などとなります。 「私の能力にはこんな仕事では足りません」と言っているようなことになってしまいます。

>

役不足の意味は力不足の反対!間違いやすい両方の違いを解説!

「やくふそく」ではありません。 」 ラグビーの日本代表は、最も日本のラグビー選手の中で力がある選手が集められたチームです。 力不足という言葉は、与えらた仕事に対して能力が足りなかった時によく使います。 「荷が重い」の例文としては、次のようなものがあります。 力不足と同じ意味で使われていますが、実はこの言葉は造語であり、辞書には存在しません。 力不足の類語 力不足の類語・類義語としては、力量に比べて責任や負担が大きすぎることを意味する「荷が重い」、適任ではないことを意味する「不適任」、学問や技術などの経験が足らないことを意味する「未熟」、どちらともはっきりしないで煮え切らないことを意味する「生煮え」などがあります。

>